親子で行くと子供より大人が楽しめちゃうお出かけスポットまとめ【意外と知られてなくて穴場です】

子供とお出かけノウハウ
考える人
子供とお出かけはするものの、親である自分も楽しみたい人

子供とお出かけするのもいいけど、できるなら親の自分も遊んで楽しみたいなぁ。かといって、公園とかボールプールって別に今さら行きたくないし。
うーん、いいところは無いものかね?

 

子供とお出かけするのもいいけど、できるなら親の自分も遊んで楽しみたいなぁ。かといって、公園とかボールプールって別に今さら行きたくないし。うーん、いいところは無いものかね?

 

「子供と2人でお出かけもいいけど、時には親である自分も楽しみたい。」

その気持ち、すごくよく分かりますw

 

ボールプールとか砂場とか公園とかに子供を連れてったところで、親の自分は子供を眺めつつボケーッ…てのはちょっとツマラナイですからね笑

 

今回は、それに応えられる場所をいくつかピックアップしてみました。

みなさんの、子供とのお出かけ場所選びの参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

親子で行くと子供より大人が楽しめちゃうお出かけスポットまとめ

「親子で行くと子供より大人が楽しめちゃうお出かけスポット」はどこか。

先に結論を書くと、これらです。

 

  • スポッチャ(キッズスポッチャ)
  • ボーリング(投球補助台付き)
  • スカイバス ※2階立て東京観光バス

 

1つ1つ順にみていきましょう。

スポッチャ(キッズスポッチャ)

 

 

スポッチャの基礎情報

  • 入場料だけで、様々なスポーツやアクティビティを楽しめる施設
  • 全国に店舗あり、店舗ごとにスポーツのメニューは少し異なる
  • 利用時間は「90分パック」、「3時間パック」、「フリータイムパック」の3種類

 

スポッチャのおすすめポイント

  • 親子で一緒に遊べる
  • 小さい子供にフォーカスしたミニボーリングやアスレチックもある
  • キックターゲット(ボールを蹴って的に当てるもの)などは親が熱中できる

 

どんなものかは公式サイトの画像が分かりやすいと思うので、引用してご紹介しましょう。

 

 

時間帯によっては混雑もしているものの、回転が早いので、案外いろいろ遊べてしまいます。

子供が大きくなるに連れて、遊ぶエリアが変化していくのも親として感慨深いですね。

 

 

ちなみに、我が家はいつも「ダイバーシティ東京 プラザ店」に遊びに行っています。

 

体験記は、別途こちらの記事にまとめていますよ。

 

 

スポンサーリンク

ボーリング(投球補助台付き)

 

 

続いてもラウンドワンから。

 

ボーリング(投球補助台付き)の基礎情報

  • ボーリングそのもの(説明不要)
  • ガーターレーンではなく投球補助台を使う
  • 「幼児」とはいえ、料金は普通にかかる ※時期や店舗によって異なります

 

ボーリング(投球補助台付き)のおすすめポイント

  • ボーリングであることには変わりないので、親の順番のときは普通に楽しめる
  • 子供もなぜか投球補助台で楽しんでいるw
  • とはいえ、子供から目は離せない(重要)

 

実際のプレー写真です。

 

 

ぶっちゃけ、子供の所作といえば、投球補助台にあるボールをちょこんと押しているだけですw

でも大丈夫!

子供はめちゃ喜びますから笑

 

先ほどのスポッチャ同様、子供が大きくなると「投球補助台」は使わなくなるんでしょうねぇ。

投球補助台を使った子供の姿、プライスレス!

 

体験記は別途こちらの記事をどうぞ。

 

 

スカイバス ※2階立て東京観光バス

 

 

スカイバスと聞いて「?」な方も、写真をご覧になってピンと来たはずです。

はい、あのバスのことですね。

 

スカイバスの基礎情報

  • 屋根がない2階立てバス
  • 様々なコース有(ex.皇居・銀座・丸の内、東京タワー・レインボーブリッジ)
  • 大人1,600円、小人700円

 

スカイバスのおすすめポイント

  • 「2階」からの眺めそのものが非日常
  • バスガイドの説明も普段聞かない話ばかりで面白い
  • 気がつけば子供そっちのけで親が夢中(!)

 

 

我が家は「皇居・銀座・丸の内コース」の約50分間乗りましたが、マジであっという間でした!

 

公式サイトのQ&Aに、「小さい子ども」に関する内容が載っているので、参考までに引用します。

 

Q:小さい子どもでも乗れますか?

A:年齢制限はございません。
スカイバス・スカイホップバスには、未就学のお子様が保護者様のお膝上に座った場合、無料でご乗車いただけます。別途お座席が必要な場合は、小人料金をお支払いいただきます(小学生は小人料金となります)。

 

幼児と一緒にバスに乗り込むだけで楽しめる「スカイバス」は、意外と穴場のお出かけ場所です。

チケットは、丸の内にある三菱ビルヂング1階のスカイバスチケットカウンターでも購入できますが、オンラインの事前予約のほうがスムーズですよ。

 

オンライン予約の方法は2つあります。

 

親子で行くと子供より大人が楽しめちゃうお出かけスポット|まとめ

「親子で行ったら親のほうが楽しめちゃうぞ♪」的なお出かけスポットをご紹介しました。

 

 

ここで挙げたものは、自分の周りだと「え、そこって子供と行くところなんだ…!」と意外な反応をされることが多いです。

でも、だからこそ、↓の悩みを解決できるお出かけスポットなのではと思います。

 

子供とお出かけするのもいいけど、できるなら親の自分も遊んで楽しみたいなぁ。かといって、公園とかボールプールって別に今さら行きたくないし。うーん、いいところは無いものかね?

 

みなさんの子供とのお出かけが楽しいものになれば嬉しいです!

ほんだらのー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました