クリスマス時期・年末年始によく読まれる記事をピックアップ

科学博物館(東京)はレトロさと子供の気ままな体験が魅力【親は楽チンです】

お出かけ体験記
考える人
「科学博物館」に子供を連れて行こうかどうか考える人

都心のど真ん中に科学技術館ってのがあるみたい。
お台場の「日本科学未来館」や上野の「国立科学博物館」と名前は似ているけど、あまり噂は聞かない…。

子供は連れてって喜ぶのかしら?

 

東京のど真ん中の千代田区に「科学技術館」というお出かけスポットがあるみたいだけど、子供が行って喜ぶのかが分からない。

 

そんな素朴な悩みを取り上げます。

 

ぼくも東京に住んでいながら、妻に教えてもらうまで知らなかったです。
都心にある割に、あまり知られていないお出かけスポットですよね。そういう意味では穴場かもです。

 

この記事をご覧担っている方は、「科学技術館に行こうかどうか迷っている」と思いますが、結論を言うと「東京に住んでいるなら絶対に一度行くべき」お出かけスポットです。

この体験記で伝えられるだけの口コミは伝えますので、あとは子供と一緒にGOするかどうか決めていただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

科学博物館(東京)はレトロさと子供の気ままな体験が魅力

科学技術館とは

HP上の説明では↓のように堅っ苦しく書かれていますが、要はユニークな展示物を自由に触りながら、身近な科学や技術を学べる施設です。

 

科学技術館は、現代から近未来の科学技術や産業技術に関する知識を広く国民に対して普及・啓発する目的で公益財団法人日本科学技術振興財団が設立した施設

 

面白いことに、めちゃくちゃレトロです。

「お台場の日本科学未来館」や「上野の国立科学博物館」とは全くの別モノ。

公式HPからして、察するものがありますでしょ?

 

 

レトロでユニークな展示がウリ

 

論より証拠、具体的にどんな施設があるのかを画像中心にご紹介しましょう!

もう、入場する場所からして、このコインを回転させる募金エリアが大人気。

これは楽しく募金できちゃうなぁと感心します。

 

子供が「一円玉だせ、五円玉出せ、十円玉出せ」とせがんできます笑
↓の画像で2枚転がっているのが一円玉ですね。

 

 

メカコーナー

 

歯車や滑車など、メカに欠かせない部品の仕組みや働きを学べるエリア。

様々なメカの機能でボールがエリアを周回するようになっているんですが、驚くべきことにそのボールとともに子供たちも移動するという、奇妙な現象を目にすることができます笑

 

 

もはや、大人にとっては何が面白いのか謎w

でも、子供たちにとっては気ままにメカを体験できる貴重な場所で、「我先に!」とボールをスムーズに転がすために必死ですよw

 

ワークスコーナー

展示だけじゃなくて実験を行うエリア、それがワークスのエリア。

大きなシャボン玉や竜巻の実験装置などが並んでいます。

 

 

 

建設館

 

写真からして、建設現場を思い起こさせるのが、この建設館です。

建設現場をイメージした展示なので、一見つまらなさそうに思うんですが、

・・・

例えば、タワークレーンを使ったボールすくいなんてどう思います?

 

 

もう子供たちは完全にどハマりですよw

 

 

鉄の丸公園1丁目

 

鉄のすごさや面白さを全面に出した公園、その名も「鉄の丸公園」もあります。

鉄の匂いが充満していてなんともですが笑、子供たちはお構いなし。

ベアリングの展示の1つ、カーリングでボールの奪い合いをして、いつもキャッキャしています。

くすりの部屋(クスリウム)

 

くすりの歴史や新薬の開発、安全な使用方法について紹介されているエリア。

クイズがあるんですが、ぶっちゃけ、大人でも全問正解するのが難しい問いがたくさんあります。

 

 

アトミックステーション ジオ・ラボ

 

地球のさまざまなエネルギーや原子燃料サイクル、地質成分について体験したり学んだりできます。

まさかの石炭にも触れられます笑

 

自転車広場

 

過去から現代に至る自転車のかたちや技術の変遷を学べます。

 

・・・

と、いろいろ説明してきましたが、2F〜5Fの各フロアところ狭しと展示、実験ショー、工作教室らが並んでいます。

大人から見ると「なぜこんなものに子供は吸い寄せられるんだろう?」というものばかりなんですが、科学技術館らしくクオリティはなかなかのもの。

子供が気ままに触れて体験できるので、親としても超助かります。

 

 

 

親は楽チンです

「科学技術館」は親にとっても神スポットです。

理由はこのとおり。

 

  • 子供が勝手にキャーキャー遊んでくれる
  • 日曜日の昼下がりでも、ストレスを感じない程度の混雑具合
  • ランチやドリンク休憩も可能
  • ベビーカー置き場もある

 

子供が勝手にキャーキャー遊んでくれる

これはもう上記の説明でいわずもがなでしょう。

 

日曜日の昼下がりでも、ストレスを感じない程度の混雑具合

大事なのは混雑具合ですね。

控えめにいって、ちょうどいい混雑具合です。

何するにも長時間待つわけではなく、かといって寂しさを感じないくらいの子供の人数でした。

 

ランチやドリンク休憩も可能

 

簡易なレストランもありますし、休憩スペースもたくさん設けられています。

パパママがおしゃべりしているか、スマホしているか、時々眠っていますw

ベビーカー置き場もあります

ベビーカー置き場も完備!

 

スポンサーリンク

アクセスや入館料など

アクセス

アクセスについてはこちらのページをご参照ください。

 

住所:千與右京と千代田区北の丸公園2番1号
科学技術館への交通案内図 アクセス

 

交通機関が電車の場合、竹橋からの徒歩をオススメします。

 

九段下からもいけますが、それなりに歩きますし、旧城跡を通ることになりアップダウンが激しくてなかなか大変ですw

入館料

続いては料金、いわゆる入館料についてです。

個人の場合は次のとおりです。

 

  • 大人:880円
  • 65歳以上:790円
  • 中学生・高校生:500円
  • 子ども(4歳以上):400円

開館時間

開館時間は午前9時30分〜午後4時50分まで(午後4時までの入館が必要)。

一部の水曜日や年末年始(12/28〜1/3)はお休みです。

 

学校の長期休み期間などの水曜日は開館します。詳細は公式HPをご確認ください。

割引入館券

実はあまり知られていないものに、リピーターズチケット(割引回数券)があります。

 

 

これを手に入れるには、「チケット売り場でチケット購入時に希望を申し出る」必要があります。

 

 

行ったことないなら絶対行くべき

冒頭で取り上げた素朴な疑問、

 

東京のど真ん中の千代田区に「科学技術館」というお出かけスポットがあるみたいだけど、子供が行って喜ぶのかが分からない。

 

こちらにもし当てはまるならば、ぜひ一度子供と遊びにいってみてください♪

まず親であるあなたは、その建物のレトロさに衝撃を受け、その後それにどハマりする子供に衝撃を受けるはずですよ笑

ほんだらのー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました