クリスマス時期・年末年始によく読まれる記事をピックアップ

入学準備セットの憂鬱「バッグ・袋物は手作り・ハンドメイド」を一瞬で解決【予算1万円前後で買うが吉】【小学校】

小学校
悩む女性
入学準備に必要な準備が多すぎて悩む女性

新一年生の保護者向け説明会で「入学のしおり」をもらったけど、入学前に準備しなきゃいけないものがたくさん。
特に、◯◯カバーとか◯◯バッグとか◯◯袋とか「袋物」が多いけど、これ、全部を手作りとか無理なんですけど。。
みんなどうしてるんだろう?

 

新一年生の保護者向け説明会で「入学のしおり」をもらったけど、入学前に準備しなきゃいけないものがたくさん。

特に、◯◯カバーとか◯◯バッグとか◯◯袋とか「袋物」が多いけど、これ、全部を手作りとか無理なんですけど。。みんなどうしてるんだろう?

 

新入学の1年生がいるご家庭で、ぶち当たりがちな、こんな悩みを解決します。

 

妻も同じように「入学のしおり」をもらってきました。
内容見るや「私、作れないので。」と速攻でお金で解決。費用は、全部いただいた入学祝いから拠出したそうで・・・控えめに言って、ノーストレスに見えます。
(おかげで、入学祝いは見事に消えていきましたw)

 

↑しれっとネタバレしていますが、これ以上でもこれ以下でもありません。

早速、結論です。

入学準備セットの憂鬱「袋物は手作り・ハンドメイド」は、お金で解決が吉です。

以下で深掘りしてご紹介します。

 

スポンサーリンク

入学準備セットの憂鬱「袋物は手作り・ハンドメイド」を一瞬で解決する方法

 

結論は先に述べた通りです。

 

入学準備セットの憂鬱「袋物は手作り・ハンドメイド」は、お金で解決が吉

 

せっかく、おめでたいはずの我が子の入学なのに、親がその準備で消耗してどうすんですか笑

いざ、お金で解決しようと思ったら、事前に次の3点を押さえておけば楽チンです。

 

  • 入学準備セットで必要な袋物のリスト
  • 袋物を購入する場合の費用感
  • 袋物を購入のための手段

 

1つ1つ見ていきましょう。

入学準備セットで必要な袋物のリスト ←何が必要?

 

学校によって多少の差はあれ、「入学のしおり」にある準備物の一覧はだいたいこんなもの。

例えば、入学準備セットで必要な袋物を太字にするとどうなるか、見てみましょう。

 

  • ランドセル
  • 上履き袋
  • ふでばこ
  • 消しゴム
  • 名前ペン
  • 下敷き
  • 給食セット:ランチョンマット、歯ブラシ、タオル、マスク、これらを入れる給食袋
  • 巾着袋:体操着入れ、お弁当お入れ、コップ入れ
  • 音楽袋:鍵盤ハーモニカや教科書、絵本入れる手さげ ※レッスンバッグとも言う
  • 道具袋:はさみ、液体のり、セロハンテープなどを入れるもの
  • ハンガー
  • ヘルメットカバー

 

ずばり、袋物=手提げ袋、絵本袋、レッスンバッグ、上履き袋、巾着袋(体操服入れ、お弁当入れ、コップ入れ)、ランチョンマット、道具袋、音楽バッグ…ということです。

 

これをちゃんと揃えなきゃいけない、だけでストレス感じますね笑

 

ただ、小学校生活は6年あります。
その間にも、やれ書道バッグだ、やれ家庭科で使うエプロンだ三角巾だ、と買い足さなくてはいけません。

 

でも、これらが予め必要そうだと事前に分かるだけでも、冷静に打ち手を考えられますよ。

 

スポンサーリンク

袋物を購入する場合の費用感 ←予算はいくら?

もし、袋物を市販で揃えたい場合、必要予算はいくらなのか、気になりますよね。

具体的な例で説明しましょう。

 

例えば、↓のレッスンバッグ・シューズケース・体操服袋・お弁当袋・コップ袋の5点セットの以下商品の場合。

 

 

Amazonで9,090円です。

 

記事執筆時点(=2019年11月24日時点)の情報です。

 

別の価格帯でももう1つ。

例えば、刺繍が凝ったプレミアム感のある↓のレッスンバッグ・シューズケース・体操服袋の3点セットの以下商品の場合。

 

 

Amazonで13,319円です。

 

記事執筆時点(=2019年11月24日時点)の情報です。

 

「だいたいこれくらいを予算として見積もっておけばいいんだ」と分かっていれば、じじ・ばばから頂戴するプレゼントや入学祝いにも多少の忖度が入るのでは、と勝手ながら思っています。

 

袋物を購入のための手段 ←どこで買う?

 

では、いざ袋物をどこで購入しようかと考えていく場合。

自信を持って、オススメするブランドがあります。

その名も「COLORFUL CANDY STYLE」。

 

 

HPはこんな感じです。

 

 

東京の表参道や横浜のみなとみらいにも店舗があるブランドで、通販のAmazonにも楽天にも出店しています。

オススメのポイントはこちらです。

 

  • 学校生活に必要なアイテムを網羅
  • 多くのアイテムでサイズ調整ができる
  • 色と柄のバリエーションが豊富
  • 他の子と被る心配が少ない
  • 東京の表参道や横浜のみなとみらいにも出店しているブランドの安心感

 

論より証拠。

Amazonの「COLORFUL CANDY STYLE」のページを見てください(楽天はこちら)。

スクールアイテムや入園入学セットで、カテゴリー分けされるほどのアイテムの豊富さで、驚きますよ。

>>AmazonでCOLORFUL CANDY STYLEのスクールアイテムを見る

>>AmazonでCOLORFUL CANDY STYLEの入園入学セットを見る

 

先に予算感の参考に、とご紹介したアイテムもCOLORFUL CANDY STYLEです。
我が家もお世話になっています。こちらの商品ですね↓
 

 

入学準備で用意するグッズには、1つ1つ名前も必要ですよね。

「COLORFUL CANDY STYLE」はシールも扱っていますので、興味ある方はこちらもどうぞ。

 

 

入学・入園準備セットの憂鬱はさっさと吹き飛ばそう

 

改めて思いますが、小学校の入学準備に正面切って向き合えば、本当に疲弊しますね。。

だからこそ、お金で解決すること・そうじゃないことをメリハリつけるのが良いかもです。

 

入学準備セットの憂鬱「袋物は手作り・ハンドメイド」は、お金で解決が吉

 

冒頭のこちらの悩みが、本記事で少しでも解消できていれば嬉しいです。

 

新一年生の保護者向け説明会で「入学のしおり」をもらったけど、入学前に準備しなきゃいけないものがたくさん。特に、◯◯カバーとか◯◯バッグとか◯◯袋とか「袋物」が多いけど、これ、全部を手作りとか無理なんですけど。。みんなどうしてるんだろう?

 

>>AmazonでCOLORFUL CANDY STYLEのスクールアイテムを見る

>>AmazonでCOLORFUL CANDY STYLEの入園入学セットを見る

 

ほんだらのー!

 

>>  同じく小学校の入学準備セットの1つ、筆箱についてはこちらに書きました。ご参考にどうぞ^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました