【体験記】ムーミンバレーパークでムーミン谷の大自然に感動!アトラクションにチケット、混雑状況などをまとめたよ【口コミ】

1.子供とお出かけ
ベビーゲートを買おうかどうか迷っている人
ムーミンバレーパークに行こうか迷っている人

2019年3月にオープンした「ムーミンバレーパーク」ってどんなところなのかしら?

 

2019年3月に埼玉県飯能市にオープンした「ムーミンバレーパーク」をご存知でしょうか?

 

【公式】ムーミンバレーパーク ムーミン一家と出会えるテーマパーク|metsa(メッツァ)
埼玉県飯能市宮沢湖周辺に2019年3月にオープンする「ムーミンバレーパーク」は、ムーミン一家とその仲間たち、そして新しい発見に出会える場所です。ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、ムーミンの物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感...

 

ぼく自身、正直言ってムーミンに思い入れは全くないのですが(←)、幸運にも家族で遊びに行く機会に恵まれました!

 

 

というわけで、体験記をまとめます。

「ムーミンバレーパーク」でできることや魅力はもちろんのこと、混雑状況なども記載しました。

これから行こうと考えている人の参考になれば嬉しいです!

それでは本編スタートです!

スポンサーリンク

ムーミンバレーパークなにそれ

ムーミンなにそれ

ムーミンというキャラクター。

ぼくは正直知らなかったですが、あとで知った押さえておくとよいだろう点を3つあげましょう。

 
・北欧のフィンランド人のトーベ・ヤンソン(1914—2001)さん作
・日本では1969年にアニメが放送開始に
・ムーミンにとって日本は最も大きな市場の1つ
 

ムーミン誕生には、第二次世界大戦が関係していると言われています。

面白いことに、あの「スヌーピー」も「アンパンマン」も戦争に影響を受けていると言われているんですね。

素朴で自然体な世界観には何か共通したものを感じますよね。

◼︎参考サイト

ムーミン公式サイト
Moomin Characters Official Website

 

なぜ、ムーミンは日本で一番人気なのか 本国トップが明かす10年で売上高6倍の“裏事情”
ムーミンの何が、日本女子の心をつかむのか。フィンランドの本社を訪れると、原作者のめいの夫兼マネジングディレクターのクラクストロムさんが、意外なムーミンビジネスの“裏側”を教えてくれた。

 

 

 

ムーミンバレーパークについて

「ムーミンにとって日本は最も大きな市場の1つ」。

そんなビジネス上の都合もあったのでしょう。

2019年3月に埼玉県に作られたのが「ムーミンバレーパーク」です。

実は、母国フィンランド以外でムーミンのテーマパークが作られるのは日本が初めてだそう。

いかにムーミンが日本で愛されているか。

それが伝わってくるエピソードですよね。

 

 

ムーミンバレーパークの概要

マップ

施設は大きく無料エリアと有料エリアに別れています。

 

・メッツァビレッジ(無料エリア)
・ムーミンバレーパーク(有料エリア)

宮沢湖という大きな湖を取り囲む大自然(=メッツァビレッジ:無料エリア)に、ムーミンが過ごすムーミン谷(ムーミンバレーパーク:有料エリア)があるというイメージで臨むと良いでしょう。

【公式】パークマップ|metsa(メッツァ)
「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」のパークマップはこちらから。北欧に流れているような、心地よいひとときをのんびりと過ごせる、「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」を提供する「metsa(メッツァ)」の公式サイトです。“余白” をたのしむ時間「余白と、暮らす。」をお届けします。

どのくらい大自然かといえば、カマキリが普通に飛んでくるくらい大自然です笑

 

 

営業時間

営業時間はそれぞれ次のとおり。

 

・メッツァビレッジ(無料エリア):10:00−21:00
・ムーミンバレーパーク(有料エリア):10:00−20:00

 

 

チケットと料金

ムーミンバレーパークの入場にはチケットが必須です。

「当日販売もありますが、混雑時の入園制限の際にも確実に入園できる事前予約がおすすめ」とHPでは謳われています。

【公式】料金案内|metsa(メッツァ)
「メッツァビレッジ」及び「ムーミンバレーパーク」の各種チケット料金、駐車場料金に関する情報はこちらから。北欧に流れているような、心地よいひとときをのんびりと過ごせる、「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」を提供する「metsa(メッツァ)」の公式サイトです。“余白” をたのしむ時間「余白と、暮らす。」をお届けし...

気になる料金は、こんな感じ。

 

・おとな(中学生以上):1500円
・こども(4歳以上小学生以下):1000円
・3歳以下:無料

 

ただし、上記はあくまで入場チケット。

ムーミンバレーパークで楽しめるアトラクションのいくつかは、有料だったりします。

 

・飛行おにのジップラインアドベンチャー 1,500円(税込)
・海のオーケストラ号 1,000円(税込)
・ムーミン屋敷 ガイドツアー 1,000円(税込)
・リトルミイのプレイスポット 700円(税込)

 

決して安くはない、ですよね。

でも、逆に言えば、アトラクションさえ乗らなければ、先にご紹介の入場チケット料金だけで、ムーミンバレーパークの雰囲気を堪能することができます。

↑これらのアトラクションについては、このあとの体験記で少し触れますよ!

 

 

アクセス

アクセスはこちらのページに詳細が載っています。

どこから向かうかにもよりますが、最寄駅である飯能駅からさらにバスで15分程度要することは押さえておきましょう。

そういう意味では車で行けるのが本当はベストです。

【公式】アクセス|metsa(メッツァ)
「メッツァビレッジ」及び「ムーミンバレーパーク」へのアクセス情報はこちらから。北欧に流れているような、心地よいひとときをのんびりと過ごせる、「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」を提供する「metsa(メッツァ)」の公式サイトです。“余白” をたのしむ時間「余白と、暮らす。」をお届けします。

 

ムーミンバレーパークでできること

さぁ、概要は置いておいて、ムーミンバレーパークでできることをいくつか紹介しましょう。

全部を網羅的に知りたい人は、公式HPへ(さようなら涙)

【公式】施設一覧|ムーミンバレーパーク|metsa(メッツァ)
ムーミンバレーパークのショップ一覧です。ムーミンの物語に入り込んだようなアトラクションや施設が色々あり、ムーミンバレーパークオリジナル商品の販売やレストランも計画しています。

 

ぼくが体験したいくつかを知りたい方はこちらをスクロールしてってください!

写真てんこ盛りでご紹介しますよ!

 

 

ムーミン谷の大自然(宮沢湖)

「ぼくはムーミンを見に来たのか、美しい湖を見に来たのか、どっちなんだろう?」

そう錯覚させるほどの大自然が宮沢湖にはあります。

控えめにいって癒されまくります笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行おにのジップラインアドベンチャー

公式なサイトの説明はこちら。

【公式】飛行おにのジップラインアドベンチャー|施設一覧|ムーミンバレーパーク|metsa(メッツァ)
湖の上を風を感じながら往復約400mの宮沢湖面を滑空。

 

こちらは、いざ楽しもうとするとスマートフォンを持ち込めないので写真はないのですが、↓見えますかね?

ジップライン用の黒い紐が2本ありまして。

これを、この最高の景色のなか滑降するんですよ!

超気持ちよかった!

怖さはまったくありません!

 

 

エンマの劇場

公式なサイトの説明はこちら。

【公式】エンマの劇場|施設一覧|ムーミンバレーパーク|metsa(メッツァ)
ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられます。

 

内容はネタバレするので書きませんが、スナフキンが間近で見れて感動しました!

 

 

 

スポンサーリンク

ヘムレンさんの遊園地

公式なサイトの説明はこちら。

【公式】ヘムレンさんの遊園地|施設一覧|ムーミンバレーパーク|metsa(メッツァ)
“しずかなのが好きなヘムレンさん”の遊園地。

 

これは子供が大好きなヤツです。

 

 

案の定、子供たちの城に・・・

 

 

でも、純朴な感じがいいですよね。

 

 

非日常って感じです。

 

 

ファンモック

こちらは、なぜか公式なサイトの説明がありませんので、私の言葉で説明しましょう。

 

 

ずばり、ハンモックをたくさん集めて楽しめるように加工した「ファン」モック。

下から見るとこんな感じですが、

 

 

実際はこんな感じです。

 

 

滑り台はあるわ、

 

 

ボールはあるわで子供はたいそう楽しそうでした笑

 

 

その他カヌー、水浴び小屋…

全部行ききれたわけではないですが、

カヌーもあれば、

 

 

水浴び小屋もありましたよ!

 

その他知っておいて欲しいこと

所要時間

まずは所要時間です。

さすがは湖を取り囲むムーミンバレーパーク、施設が広大です!

歩いて散策するとかなり足に来ますし、それなりに時間も食います。

特にガイドツアーなどに時間を割かないのであれば、3時間あれば駆け足で一通りは見れるかな、という感じ。

ガイドツアーにしょーやシアターまで満喫しようと思ったら、5時間くらいはかかっちゃうかも。

  • 時間が決まっているアトラクション(エンマの劇場など)
  • 予約ができるアトラクション(ファンモックやジップラインなど)

これらを上手く組み合わせながら散策するのが良いでしょう。

ちなみに、子供には、「ファンモック」や「ヘムレンさんの遊園地」は大人気すぎて結構時間を取られると思います笑

混雑状況

ぼくは10月の普通の土日に行きましたが、混雑感はさほど感じず、ストレスゼロ。

楽しく回ることができましたよ。

少なくとも、ディズニーランドやキッザニアのようなカオス感は全くありません。

事前に入場券の予約が促進されているからでしょうかね?

 

 

レストラン

レストランは施設内に複数あります。

【公式】施設一覧|ムーミンバレーパーク|metsa(メッツァ)
ムーミンバレーパークのショップ一覧です。ムーミンの物語に入り込んだようなアトラクションや施設が色々あり、ムーミンバレーパークオリジナル商品の販売やレストランも計画しています。

 

ふらっとパンケーキなど食するのもいいですよね。

 

お土産コーナー

お土産やさんもありました!

 

 

1つ注意したいのは、本格的なムーミングッズを売っているのは、以下のうち、ムーミンバレーパークのほうです。

(まぁそれはそうかw)

 

・メッツァビレッジ(無料エリア):10:00−21:00
・ムーミンバレーパーク(有料エリア):10:00−20:00 ←こっち

 

ご注意くださいね。

 

 

ちなみに、妻曰く、北欧好きにとっては有名なブランドが全部あったそうです。

さすがムーミン、さすがフィンランド。

ムーミンバレーパーク、想像以上に癒されました!

まとめましょう。

 

2019年3月にオープンした「ムーミンバレーパーク」ってどんなところなのかしら?

 

↑こんな疑問をお持ちの方へ。

このバレーパーク、ムーミンが好きとか興味あるとかで行く・行かないを決める場所じゃないですよ。

 

非日常を味わいたい。
ディズニーランドのようにワイワイガヤガヤの夢空間ではなく、ゆったりとした上品な時間の流れを堪能したい。

 

そんな場所です。

そこにたまたまムーミンがいてムーミン谷がある、と捉えていただくといいのではと。

もちろん、ムーミンが大好きな人にとっては、そりゃ最高の場所でしょう!

この記事が「ムーミンバレーパークってどんなところなのかしら?」と考える人にとって少しでも役立てば嬉しいです。

ほんだらのー!

                                            

1.子供とお出かけ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Seipon

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ中。
育児や子育て・おすすめビジネス書などを中心に情報発信中。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ!

\Seiponをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

タイトルとURLをコピーしました