雨ノ日ニモ負ケズ、貴重な休日を子供と楽しく過ごす方法【2・3歳〜幼児対象】

1.子供とお出かけ
考える人
雨の日の子供との過ごし方について考える人

せっかくの休日なのに、雨…。子供とお出かけするのも躊躇しちゃうけど、子供は遊ばなかったらイライラするみたいだし。
他の家庭ってどうしてるんだろう?いいお出かけ先や過ごし方があれば知りたいなぁ。

 

雨の日、みんな子供とどうしてるの?どこに行ってるの?何してるの?

そんな素朴な疑問を取り上げます。

 

ぼく自身は、これまでに100件以上子供とお出かけしてきましたが、当然、雨の日もありました。

今振り返ってみれば、雨も気にせず行きたいお出かけ場所に突撃することが多かったですね。
もちろん、雨の日のお出かけは萎えますけど、「雨の日こそ他の客が少ないからチャンス」とも思ってましたから笑

今回は、そんなぼくがオススメする雨の日の過ごし方をいくつかご紹介します。

 

この記事を読めば、雨の日の子供との過ごし方が事前にイメージできるはずですよ。

 

雨ノ日ニモ負ケズ!貴重な休日を子供と楽しく過ごす方法

 

早速ですが、客観データをご紹介しましょう。

少し前ですが、おでかけ情報サイト『いこーよ』を企画運営するアクトインディ社が実施したものです。

もし、あなたが「雨の日に子供とお出かけするのはなぁ…」とお考えならば、かなり衝撃なデータが載っているはずです。

 

●雨の日でもお出かけをする親子は約8割で、ほとんどの親子が出かけている結果に。理由は「子供と遊べる時は今しかない」という積極派と「仕方なく」という消極派の二極化。

●雨の日のお出かけ先は様々で、多くの家族が屋内施設への多様なお出かけをアクティブに行っている。その中でも最も支持されているお出かけ先は「ショッピングモール」で、半数以上がよく行くという結果に。

引用 2015/6/17 「今ドキ親子の雨の日事情」に関するアンケート調査

 

事実。「雨の日でもお出かけをする親子は約8割」もいる

さぁ、これを踏まえて、本題である雨の日のオススメの過ごし方に入りましょう。

遊びに行く・お出かけする

当たり前ですが、屋内施設は雨でもへっちゃらです。

水族館系

動物園は屋外の割合が高くて雨に濡れてしまいますが、水族館ならその心配はないです!

都会には複数の水族館がありますよね。

「雨に濡れずに現地にたどり着きやすい水族館に行ってみる」など、普段と違う場所に行くのも一考の価値ありです。

 

 

博物館・美術館系

科学・サイエンス的なものから、鉄道や消防、警察などのテーマ的なもの、さらには美術館のようなアート系まで。

普段あまり行かないからこそ、行ってみると意外と新しい発見があります。

1回行った場所でも、科学・サイエンス系は実験などがリニューアルされていたりして、何度も楽しめる場所が多いです。

 

 

テーマパーク系

ディズニーランドを筆頭に、レゴランドやキッザニアなど。

これらの施設は、雨の日だとしても来場者が減るかどうかはちょっと疑わしい、、ですよねw

 

 

身近な施設系

図書館や児童館はもちろんのこと、どのエリアにも地域のお子さまの御用達の施設ってあったりするもの。

何より、自宅からの距離が近いのがオススメできる点です。

 

 

ショッピングに行く

お買い物をする施設も基本的には屋内にあります。

「ショッピング」と書いたものの、ぼく自身はショッピングモールよりも↓に行っていました。

 

  • おもちゃ屋さん
  • キャラクターグッズ屋さん
  • 本屋さん

 

例えば、おもちゃ屋さんでいえば、トイザらスや博品館、レゴのショップなどです。

 

 

例えば、キャラクターグッズ屋さんでいえば、ディズニーストアや、東京駅地下八重洲側のキャラクターストリートなどです。

例えば、本屋さんでいえば・・・、例は要らないですよね笑 みなさんの近くの本屋さんでいいです。

ぼくがこれらによく足を運んでいた理由は他でもありません。

ぼく自身が行きたいからです笑

 

 

スポンサーリンク

家で遊ぶ

 

家で遊ぶのも、もちろん選択肢に入ります。

ゆっくりしたいとき、ぼくもありますw

スポンサーリンク

子供に1人で遊んでもらう

子供が1人で黙々と遊んでくれるなら、それも悪くないですよね笑

レゴだとか、工作だとか、絵本だとかに興じてくれると親としてはもちろん助かります。

 

 

子供と一緒にゲームして遊ぶ

もちろん、子供たちと一緒に遊ぶのも妙案です。

ニンテンドースイッチのような王道ももちろんありますがw、ボードゲームもたまには悪くないですよ。

 

 

映画やDVDを楽しむ

自宅で過ごす王道として忘れては行けないのが、デジタルコンテンツです。

TV番組はもちろん、タブレットやスマートフォンのスマートデバイスは欠かせません。

今やビデオオンデマンド(Amazonプライムビデオ、Hulu、U-NEXTなど)もすっかり浸透しましたね。

 

  • マインクラフトのゲームなんて、何も教えてないのに勝手に上手くなってるし笑
  • Amazonプライムビデオのアニメなんて、子供がずっと見てゲラゲラ笑っているし笑
  • 映画は、1回見せれば2時間持ちますし、さらに、子供は何度も同じ映画を見まくるという笑

 

中毒性が高いので、そこは親として心せねばならぬ点ですがw

 

 

子供と過ごせる休日を大切に

 

意外と忘れがちですが、子供と過ごせる休日って、人生で考えてもそう多くないんですよね。

もちろん雨の日は、子供と遊ぶ選択肢が減った気になって悲しいものですが、あらかじめ雨の日ならではの楽しみ方をストックしておくことで気分も変わるというもの。

 

雨の日、みんな子供とどうしてるの?どこに行ってるの?何してるの?

 

冒頭の↑の悩みの解消に少しでも役立っていれば嬉しいです。

ほんだらのー!

1.子供とお出かけ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Seipon

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ中。
育児や子育て・おすすめビジネス書などを中心に情報発信中。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ!

\Seiponをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

タイトルとURLをコピーしました