パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

人材紹介業界出身のぼく)「大人向けキッザニアのイメージで、業界別ナマゴエチャンネルを作りたい」

スポンサーリンク

 プロフィールにも書いているとおり、ぼくの社会人としてのキャリアは人材業界から始まっています。

最初は、とある人材紹介会社で中途採用支援・転職支援の営業を約5年やっていました。

その後、企業の人事という仕事に携わって今に至ります。

大卒後は、人材紹介会社で営業を経験(5年)。

その後、インターネット業界へ転職。主に人事畑ですね。

100人くらいの会社が急速に大きくなるフェーズを経験し、酸いも甘いも知り尽くした後に転職。現職では人事で頑張ってます!

はい、計3社経験ですね(転職は2回)。

パパジンなにそれ(ブログ&管理人プロフィール) - パパジン - papazine -

こういう経歴ってこともあって、人材系、特に「採用」や「転職」、「雇用」という分野は放っておいても興味があります。まぁ、職業病みたいなもんですね。

今回は、そんなぼくの野望についてのお話です。

超個人的な話なので、興味ない方はスルーくださいませw

転職を、キッザニアのように疑似体験できるサービスを作りたい

「人材系で新しいサービス、何でも作っていいよー」

もし、資本ある個人や会社からオープンにこう言われたら、あなたならどうしますか?

ぼくは作ってみたいものがあります。

ずばり、転職の疑似体験サービスです。

子どもにはキッザニアという職業体験施設が物理的に存在するけど、ぼくは大人向けのキッザニアという職業情報空間を作りたい

「突然何のこっちゃ・・・?」と思われるでしょう笑 

ちょっと夢見がちなワナビーの話で恥ずかしいですが、なぜ、わざわざそんなものを作りたいのか。

理由を3つあげて説明しましょう。

理由1:転職にも遊びが欲しい

まずは、転職にも遊びが欲しいから、です。

ここでいう遊びってのは、2つの意味で。

1つは、純粋に楽しい「遊び」です。もう1つは、ものごとのゆとりっていう意味での「遊び」です。よくハンドルに遊びがあるっていう、あの「遊び」ですね。

前提として、転職って重たいテーマじゃないですか笑

そりゃそうですよね、だって、自身だけ考えてみてもこんな有り様ですから。

  • 社会人人生の大半の時間はどうしても仕事ですし、給料という形でお金も常に付いて回る。
  • 人間関係も無下にできないし、学生時代のバイト感覚であっち行ったりこっち行ったりできないし、しちゃいけない。
  • それに、わざわざ今の職場や環境を捨てて新しい環境に飛び込むのはストレスはかかる。

それに加えて、周囲の目も厳しいわけです。

昔ほど「転職」や勤め先を変えることはタブー視されなくなったとはいえ、まだまだ聖域ですよね。

  • 転職を考えてるんだと打ちあけようものなら、「1社でちゃんと長く勤めないと、社会から信頼されない、辞めとけ」的に言われ。
  • もし転職に失敗して給料が下がったり労働環境が悪化しようものなら、「自らレールから外れたからそうなるんだ」的にほらみたことかと叩かれて。
  • 何度も転職を考えるようものなら、「こいつは何をやっても続かない。根性がない。履歴書を勝手に汚していて残念なやつだ」的に蔑まれ。

結果、どうなるか。

多くの人が、その人生のなかでほとんど転職をしないんです。

普通、こんなにたくさんの会社や業界がある日本で働いていれば、

  • 大手でも働いてみたいし、ベンチャーでも働いてみたい。
  • 外資でも働いてみたいし、海外でも働いてみたい。
  • あの業界でも働いてみたいし、ああいう働き方もしてみたい。

ってなりそうだけど、現実はそうはなってない。

でも、それってもったいないと思うんですよね。

じゃあ、どうするか?

転職せずとも、他の業界とか会社を味わう場を提供したいんですよ。

物理的じゃなくて、圧倒的な精度と情報量をもって、自分が属していない業界や会社にあたかも所属しているかのような没入体験をさせたいんです。

イメージは、あのバケモノ級の視聴率を誇った「半沢直樹」ですよ!

理由2:「仕事」「働く」コンテンツを活用したい

圧倒的な精度と情報量を実現するにはどうすればいいか。

今まではせいぜいこんな情報しかなかったと思うんです。

  • 毎日のニュース
  • 売り上げや利益といった決算情報と、証券会社や投資家のレポート
  • 株価

でも今は全く違う。率直にいって、情報が溢れまくってます。

  • 「仕事」や「働く」を題材にしたドラマや小説や漫画が多数
  • 各種口コミサイトやSNSを通じて飛び込んでくる業界の中の人のリアルトーク
  • 人材紹介会社や転職サイトに舞い込む、企業の採用背景

ぶっちゃけ、他の業界や会社のことについて知ることが圧倒的に容易になりましたよね。

でもね、これらを整理して。

さらには、立体的なリッチコンテンツにして届けてくれる会社・・・、は無いんです。

少なくとも、ぼくはあまりないと思うんです。

そういうのあったら、知りたい人たくさんいるんじゃないかって思うんですよね。

みなさん、異業種交流会や同窓会の飲み会の場でお気づきのとおり、いろんな業界や会社のことを知るのって楽しいじゃないですか。

だって、お子さんをキッザニアを連れて行く親御さん、めっちゃ楽しそうですよw

転職どうこうはもちろんですが、純粋に人生が豊かになると思うんですよ。

理由3:採用活動も景気の先読みコンテンツにしたい

1社目の人材紹介会社に勤務していたとき、先輩によくこんなことを言われました。

「人の募集や削減ってのは未来の予言だから。今後その会社がどういう方向に進みたいか、っていうのが現れるもんなんだよ。だから募集する背景とか、削減する理由とかちゃんと聞いておけよ。」

文字面を読むと、当たり前の話なんですが、まぁ、例えばこういうやつですね。

3メガ銀、20年春の新卒採用2割減 ピークの3分の1に :日本経済新聞

重要かつ面白いのは、転職サイトや人材紹介の営業担当がこれらの情報に触れるのは、その情報が新聞や決算発表に出る前ということです。

だからこそ、「非公開」求人というものが世の中に多数存在するんですよ。

当然、転職サイト掲載のための取材の内容や、人材紹介会社がヒアリングした募集内容のいくつかは守秘義務で公言不可でしょう。

でも、逆に言えば、サイトには載っているわけです。

サイトの情報は見ていいし、知っていい。

本来、これらは転職を意識する層しか見ないわけですが、それを「◯◯会社が△△な理由でこういう募集を始めるんだって」というコンテンツにして表舞台に引っ張り出す

そのうえで「理由2:仕事・働くコンテンツ」をガッチャンコすると、あら不思議。

まるで、その業界独自のナマゴエチャンネルができる・・・という算段です。

具体例:人材紹介会社の場合

具体的な例を出しましょう。

私自身が働いていた業界、人材紹介会社の場合です。

これらの情報が統合して、コンテンツにしていきます。

業界別のナマゴエチャンネル

イメージで言えば、業界別のチャンネルです。

・・・といえば、似て非なるものにがいくつか思いつくでしょう。

1)ニュースアプリのチャンネル

例えば、スマートニュースですね。

でも、あれはチャンネルはチャンネルでも業界ごとじゃなくてコンテンツの種類ごとですよね。ちょっと違います。

2)各産業毎の新聞

産業別という意味では近いんですが、情報が堅いw 

ビジネスビジネスしすぎてるw

彼らは、さすがにSNSなどのソーシャル系の情報を取ってきているとも思えないです。。

 

というわけで、両方ともぼくが考える業界別ナマゴエチャンネルとはちょっと違う。

普通に棲み分けできると思うんですよね。

まとめ:無いなら自分で作っちゃうか 

まとめましょう。

まずは、みなさんに感謝の気持ちを述べたいと思います。

長々と、ぼくがやりたい

  • 転職の疑似体験サービス、または、
  • 大人向けのキッザニアという職業情報空間、もしくは、
  • 業界別ナマゴエチャンネル
の説明を聞いてくれてありがとうございます笑

普通、企業としてこれをやろうとしたら、ビジネスらしさを求められてなかなか事業立ち上げって感じにならなそうですが、個人なら案外できるような気もしてたりしてw

だって、ほら、ブログもう1個つくって、いろんな業界に精通した人集めてYoutube作って…

なぁーんてね笑

そんなことを思う今日この頃でした。

ほんだらのー!