パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

「小学校では、ぞうきんを椅子の下にぶら下げる」のは普通なのか

スポンサーリンク

小学校に授業参観なんかに行くと、こういう光景を目にするんですが、これってイマドキは普通のことなのでしょうか?

 

 

自分が小学生だったころのぞうきんの記憶

ぼくが小学生のころを思い出してみます。

確かに、ぞうきんはありました。雑巾、ですね。牛乳拭いた後は異臭が漂うってことでよく洗ってたつもりでしたが、所詮は小学生のチカラ。臭いったらありゃしない。

確か、1学年の最初の学期が始まるタイミングで持ち込むんですよね。新品を。名前を書いて。

だいたい無地の白ベースなんだけど、時折、児童によってはヘンテコな色が混ざっていて、目立って。逆に「あ、このぞうきん、アイツのだ」ってフラグが立つっていう。

でもね、それをどう管理していたかは記憶がない。

まず、吊ったりぶら下げたりという記憶がない。バケツに一緒くたに放り込んでいたのかもしれない。間違いなく、椅子の下にぶら下げる・吊るすなんて発想はしてなかった。

みなさんはぞうきんを椅子にぶら下げていましたか?

同じ疑問を持っている人はやはりいるみたいで。

これ面白いな、自分もアンケートやってみたいw

 

 

まとめ:小学校のぞうきん環境も昔と違う

まとめましょう。

↑のアンケートをみる限り、最近の「小学校では、ぞうきんを椅子の下にぶら下げる」傾向があるらしいです。

むぅ自分が小学校のころとどんどん変わってるんだな

だからでしょうか、さっき妻にも確認したんですが、小学校入学時の持ってくるものリストには、本当に「洗濯バサミ」が入っているみたい。

ネットで調べてみると、だいたいみんなこういうもの買ってるみたいです。

 

 

ま、こういうのも楽しみながら小学生の親をやっていくということですな。

ほんだらのー!