「水筒&ポカリ」の組み合わせは臭いし危険!専用のボトルで飲むことを忘れないように!

子育てあるある
この記事は約4分で読めます。
ベビーゲートを買おうかどうか迷っている人
水筒についてぼんやり考える人

「水筒にポカリとかスポーツドリンクを入れちゃダメなの、知ってるよね?水筒壊れちゃうよ。」って言われたけど、本当かなぁ?

 

このブログの読者には、スポーツや運動好きなお子さんをお持ちの親御さんもいらっしゃることでしょう。

そんなお子さんに持たせたい、「水筒 x ポカリ」「水筒 x スポーツドリンク」の組み合わせ。

今回は、それについて、知っておいたほうがいいリスクと対策の話をご紹介します。

はじめに、本記事の内容と信頼性について触れておきますね。

 

◼︎内容
・水筒にポカリやスポーツドリンクを入れてはいけない理由
・「ポカリ専用の水筒」という朗報
 
◼︎本記事の信頼性
・ポカリスェットの公式HPのQ&Aに載っている内容をご紹介
・東京都福祉保健局の見解を紹介
 

ちなみに、ぼくは「水筒 x ポカリ」がダメなことを知らず、妻からツッコミを受けました汗

スポンサーリンク

水筒にポカリを入れてはいけない理由

みなさんが、もし部活やサークルなどで運動部にいたのであれば質問です。

「当時、水分補給に使っていたポカリやスポーツドリンクのボトルは、プラスチック製じゃなかったでしたか?」

Google先生に「水筒 x ポカリ」で聞いてみてください。

警鐘を鳴らす記事がいくつか出てきます。

注目すべきは、ポカリスエットの公式HPのQ&Aに載っている内容です。

しかも、そこには東京都福祉保健局の見解も記載されています。

ポカリスエットは弱酸性(pH3.5)の液体です。
そのため、使用する金属容器にキズなどがついていると、容器の金属イオンが溶け出してしまいます。
金属製の容器の場合、使い方によっては容器の金属成分が飲み物の中に溶け出して中毒を起こすことが下記に報告されておりますのでご注意ください。

◆食品衛生の窓(東京都福祉保健局)
水筒、やかんなど、金属製の容器の使用方法にご注意ください!~酸性飲料による金属容器の成分の溶出に伴う中毒~

↑実は、上記に紹介されているURLは、Not Foundでした。

実際には、同じ東京福祉保健局/東京都食品安全FAQのこちらの内容が参考になるでしょう。

正直言って、どキリとする内容です。

東京都食品安全FAQ - FAQ
東京都食品安全FAQでは、日頃食品に関して感じている不安や疑問について、東京都に寄せられたお問い合わせや、アンケート調査などから集めて、回答を作成したものです。

平成20年の事例とはいえ、あのポカリの色について「通常は乳白色のところ、青緑色に変化」、とは恐ろしい。

油断禁物です。

【参考2】実際に中毒事例があるの?

・内側に傷がついた水筒による中毒事例を紹介します。

ーーーーーーーーーーーー

スポーツ飲料を飲んで6名が苦味を感じ、頭痛、めまい、吐き気などの症状を呈したとの連絡が都内の保健所に入りました。 実際に患者が飲んだスポーツ飲料は、通常は乳白色のところ、青緑色に変化しており、水筒の内部には小さな褐色の物質がたくさん付着していました。 検査の結果、残っていたスポーツ飲料から高濃度の銅(880μg/g(ppm))が検出され、水筒の内部に付着していた褐色物質の主成分も銅でした。

危険性は知られていない?

これらの事実ってあまり認知はされていないような気がします。

Twitterniha、ポカリを入れた水筒から「臭い匂いがする」という声もちらほら。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ポカリ専用の水筒という救世主

「ってことは、水筒でポカリ飲むってのは、実質止めたほうがいいよね」。

ここまでご覧になって、そう思われた方もいるでしょう。

でも、安心してください。

ポカリ専用の水筒がありますから。

なんと魔法瓶メーカーのサーモスとポカリスエットのコラボレーション!

スタイリッシュで格好いいフォルム。

そして、通常の水筒よりも大きなサイズ。

・・・ということで、入れ物もはこちらがフィット感高いです。

子どもにも「水筒にポカリはダメ」を伝えよう

いい歳して思いますが、世の中には知らないことがまだまだたくさんありますね。

ただ、この「水筒にポカリはダメ」は、知っておくべきなのに案外知られていない重要な話です。

「水筒xポカリ」の危険性と対策含めて、子供にも伝えないといけないですね。

ほんだらのー!

 

子育てあるある
スポンサーリンク
プロフィール
せいぽん

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ満喫中。
「30代2児のパパの育児と仕事」のリアルを綴るブログ(http://papazine.com)を運営。
子供とのお出かけ・子育てアイテム・父親の生態・おすすめビジネス書などを中心に発信中。
詳しいプロフィールはこちら

\せいぽんをフォローする/
\せいぽんをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

タイトルとURLをコピーしました