クリスマス時期・年末年始によく読まれる記事をピックアップ

職場・会社の同僚向け出産祝いのオススメをカタログ化。絵本、おもちゃ、食器、人形…プレゼント案一覧。

思い出づくり
ベビーゲートを買おうかどうか迷っている人
出産祝いに何を買おうか迷っている人

会社で送る出産祝いって、いつも「プレゼント何にする?」、「予算はどのくらい?」、「男の子かな女の子かな?」、「何が喜ばれるんだろう?」と揉めて大変なんだよなぁ

会社や職場で、同僚の出産祝いに何を送ろうか考えるときの、あるあるな会話

・プレゼント何にする?
・予算はどのくらい?
・男の子かな女の子かな?
・何が喜ばれるんだろう?
・あの人とあの人に傾斜かけて、ちょっと多めにお金払ってもらおう
・2児のパパですよね?何をもらって嬉しかったですか?
・男の子の場合は何が喜ばれますかね?

 

「おめでたいことには違いないけど、いつも同じ会話をしている気がするぞ笑」

その気持ち、分かります。

そんな人向けに、プレゼント候補のカタログを作りました。

もちろん、相手や予算などによってプレゼントの内容は変わることでしょう。

でも、このカタログを利用することで、何をプレゼントしようか、の議論が進めやすくなるはずです。

それでは本編スタートです!

スポンサーリンク

はじめに

・・と喜び勇んで、ブログを書こうと席に座ったはいいものの・・・

受けとった出産祝いの記憶

あろうことか、自身が出産祝いに何をいただいたのか、思い出せません。

気付けば、ぼくの子どもも9歳と7歳。

だから、9年前と7年前には出産祝いをもらったはずなのですが、、、

(思い出す時間)

おむつケーキは本当に嬉しいのか

確か、いくつかいただいたプレゼントのなかに、オムツが含まれていました。

いわゆる、おむつケーキと言われるものです。

いざ子供が産まれると、オムツはあればあるだけ助かります。

その意味では、「助かる」のですが、プレゼントとしてもらって嬉しかったのか。

今風にいえば、フォトジェニックでインスタ映えはしますよね。

人様にいただくものだから、ありがたく頂戴はします。

ただ・・・、「はっきり言いなさい!」と言われたら、ぼくはおむつケーキもらっても嬉しくなかったです。

「いただいて良かった・今ならこれが欲しい」出産祝い

出産祝いでいただくもので嬉しいものは何か。

ぼくは、自分じゃ買わない・気付いていないんだけど、あれば超助かるものだと思います。

時として、それは商品カタログとか商品券という形ももちろんありですよ。

じゃあ、今までいただいて良かった・今ならこれが欲しいと思える出産祝いって何なんですか?

ご質問ありがとうございます。

パパ歴、もうすぐ10年を迎えるぼくが答えましょう。

絵本

 

まずは絵本です。

絵本は絵本でも、プレゼントの相手候補としては、母親です。

産まれてくる子供ではないのが特長です。

ちなみに、この「わたしがあなたを選びました」という絵本は、実際にぼくの上司が産休に入るメンバーに「課題図書」としてプレゼントしていました笑

絵本は、予算的にも大きさ的にも選びやすくていいですよね。

 

 

 

マザーズバッグ

 

「プレゼントの相手候補としては、母親」つながりで、マザーズバッグです。

子どもが小さい時の外出って持っていくアイテムが多くて大変なんですよね。

哺乳瓶に、おむつに、お尻拭きに、おくるみに、着替えに、マグカップに、離乳食に、ボーロに・・・。

それらを機能的に収納できて、かつ、軽い。

そういうアイテムが1点あればめちゃくちゃ重宝します。

 

抱っこ紐(ヒップシートキャリア)

 

ぼくの頃はエルゴだったんですが、最近は赤ちゃんを載せる台座付きの抱っこ紐、ヒップシートが人気です。

使ってる人何人か目撃しましたが、快適そうでした。子育てアイテムもどんどん進化してるなぁ。

ヒップシートキャリアとは?

アイエンジェルの抱っこひもは、腰ベルト部分に独自の台座「ヒップシート」があることにより赤ちゃんの体重をしっかりと支えられるため、パパ・ママと抱っこされてる赤ちゃんも楽に使用できるユニークな抱っこひもです。
赤ちゃんが大きくなるにつれて感じてくる重さを、ヒップシート全体で受け止めて腰回りに分散。
そのために肩や腰にかかる負担が少ないのがヒップシートキャリアの特徴です。
また、肩・腰のベルトはやわらかく厚みのある作りで、長時間の抱っこ・おんぶも楽にすごせます。

 

ベビーカー用多機能バッグ・ベビーカー用フック

 

子どもと一緒にお出かけしたいアクティブな親子にはベビーカーでの移動が不可避ですよね。

でも、荷物とか多くて大変なんですよ。

というときに役立つのがこのベビーカー用多機能バッグ

ときどき、付けてる人を見かけていいなーなんて思っていました。

でもって、意外と侮れないのがベビーカーフック。値段は高くないけど、実用的だし、重宝するんだよね。

 

スポンサーリンク

 電動鼻水吸引器

 

信じられない人もいるかもしれません。

でも、事実です。

赤ちゃん〜4歳くらいまでは赤ちゃんは鼻水垂れ流しながら生きてます。

通算何リットル出してるんだろう。

我が家は、このアイテムの存在は知らなかったですが、知ってたら間違いなく買っていた笑

赤ちゃんの鼻水をすばやく吸引できます。電動なので安定した吸引力があり、鼻水を短時間でカンタンに吸引できます。また、軽量でボタン一つで吸えるので、赤ちゃんを抱きかかえながら片手でらくらく操作ができます。

 

 

プレイジム

 

プレイジム

子供が小さいとき、本当にお世話になったアイテムです。

この下で子どもがアーウー楽しんでましたからねぇ

懐かしい。

プレゼントするうえでの注意点は、被らないことw

みんなこれを「持ってないだろ、ウフフ」と購入するんですが、普通に定番アイテムですからね笑

確か、我が家も事前にプレゼントいただく際に事前に確認いただいたんじゃなかったかな、と。

 

五月人形

 

うちの子どもが男の子だからかもしれませんが、親戚からいただきました。

この五月人形プレゼントバリュー高いですよ。

だって、自分じゃ買いませんからね。

ぼくは気に入ってます。

積み木(ディズニーのKIDEA(キデア))

 

子どもが小さいうちから活躍するおもちゃ、積み木

その中でもディズニーブランドのKIDEAは、品質よし、小さくて軽くて可愛くて

百貨店でも取り扱いある品質レベルなので、プレゼントでも喜ばれるはずです。

 

Amazonのギフト券

 

ここまでご覧いただいて、まさかね、まさかAmazonのギフト券なんて選択肢はない…と思いますが笑

でも、正直に言って、便利です。

プレゼントされたら、間違いなく喜びます!

まとめ:珠玉の出産祝い候補たち

以上、オススメの出産祝いのカタログでした。

出産祝いでウダウダ(?)悩んでいる仲間がいれば、このブログを紹介してあげてください。

パパジンというメディアで、こんなに子どもネタ・育児ネタを扱うパパブロガーがここまで言うんですから、自信ありです。

少なくともおむつケーキには勝ってるはず笑

「これも良かったよ!」なんてアイテムがあればご連絡くださいませ。

いいなと思えば、ブログで取り上げさせていただきます。

ほんだらのー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました