「子供にクロスワードパズルの本をプレゼントしたい」小学生低学年向けのオススメ3選

おすすめアイテム
この記事は約4分で読めます。
ベビーゲートを買おうかどうか迷っている人
どのクロスワードの本を買おうか迷っている人

子供がクロスワードパズルに興味があるみたい。その手の本を買ってあげたいけど、どれがいいんだろう?

子どもが、お友だちとクロスワードバズルの問題の奪い合いをしていました。

謎解きみたいで面白いのでしょう。

「興味を持ってくれているなら、クロスワードパズルの本をプレゼントしたい。でも、どの本がいいか分からない」

そんな人に、オススメのクロスワードパズルの本をご紹介します。

実際に購入すべきかどうか、参考になるはずです。

はじめに、本記事の内容と信頼性について触れておきますね。

◼︎内容(何が書いてあるか)
・子供にオススメのクロスワードパズル本
・クロスワードパズルにはどんな種類があるか

 

◼︎本記事の信頼性
・小学1年生の長男向けに、実際にクロスワードパズルの本を書いました!
・こちらが証拠写真です↓

 

f:id:Seipon2:20170416133158j:image

 

それでは本編スタートです!

スポンサーリンク

オススメのクロスワードパズルの本

たのしく勉強できる! 小学生の重要語句クロスワード 1・2・3年生

 

我が家が購入したクロスワードパズルの本はこちらです。

「我が家の子どももこれで楽しんでくれるに違いない」

・・・と思ったものの、まだ6歳の新小学1年生にはちょっと難易度が高かったのかもしれない

レビューのコメントはこんな感じ。

漢字に興味をもつ小学一年生の息子に、さっそくこのクロスワードをさせてみたら、あっというまに、「全部できたよー」との声。
驚いて点検すると、結構できているではありませんか!
このクロスワードのよいところは、漢字の読みを中心にとても気軽にできるということです。
漢字の読みから入って、漢字の書きに入る順序は、漢字の学習の進め方としてとても良いと思います。
漢字の読みからクロスワードにして、漢字を書くことへ向かっていくことで、どんどん学年の漢字に関わらず学習を進めることができるので、1年生の子どもでも気楽に進められるようですね。

 

スポンサーリンク

はじめての小学生ことばパズル クロスワード 1・2年生

 

同じ小学生低学年向けでも、こちらの本のほうが少しだけ、難易度が低そうでした。

我が家の場合はこちらにしておけば、よりよかったのかも…

レビューのコメントはこんな感じ。

語彙が少なめの小一に購入。
私自身が子どもの頃クロスワードにハマっていて、子どももパズルが好きなので前からクロスワードパズルを教えてあげたかったのです。
しかし大人向けのものは語彙の少ないうちの子には難しいものが多い…。
いろいろ調べてこちらを発見。
ほぼ答えのようなヒントも書いてあるし、時々大人が助けてあげればほとんど1人で解けます。
お出かけ先にも持っていけるサイズ。
最初はコピーして何度もやらせる計画だったのですが、ちょっと見せたらどんどん解いてしまい、また他のシリーズを買うことになるかな(^_^;)答えのページもカラフルで、一言メモのようなものもあり、楽しみながら語彙が増えると良いな〜と期待しています。
人生初めてのクロスワードパズルにはぴったりだと思います。

 

小学生ことばパズル クロスワード 漢字 1・2年生

 

↑先にご紹介したシリーズの漢字版です。

漢字の勉強や復習になるだろうから、買っておいて、お出かけときとか待ち時間とかにやってもらうのが良さそうです。

レビューのコメントはこんな感じ。

2年生のこどもが統一テストをうけ、語彙不足を知ったので購入。
日の出という言葉を知らなかった!と言いながら解いていました。
大人が当たり前に使い、子供に通じると思っている言葉を知らないんだ!と驚き、買って良かったと思いました

まとめ:問題を見れば、子どもがハマるのも分かる

親御さんのみなさま、一度本を買って問題をみてください!

子どもが好きそうな問題がたくさん載ってるから笑

 

f:id:Seipon2:20170416133158j:image

ほんだらのー!

 

おすすめアイテムおもちゃ・ゲーム
スポンサーリンク
プロフィール
せいぽん

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ満喫中。
「30代2児のパパの育児と仕事」のリアルを綴るブログ(http://papazine.com)を運営。
子供とのお出かけ・子育てアイテム・父親の生態・おすすめビジネス書などを中心に発信中。
詳しいプロフィールはこちら

\せいぽんをフォローする/
\せいぽんをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

タイトルとURLをコピーしました