スヌーピーミュージアムへ誘っちゃうぞw 意外に知らないスヌーピーのエピソードを紹介します

親になって知った話

いつだったでしょう。

スヌーピー展という展示があって、ぼくはそれを観に行ったんですよ。

それから幾ばくかの月日は流れて。

気がつけば、スヌーピーミュージアムなるものが場所を変えながら何回か開催されて。

次は2019年12月14日から、東京・南町田グランベリーパーク内に新しく誕生するのだそうで。

SNOOPY MUSEUM TOKYO
スヌーピーミュージアムは、アメリカ・カリフォルニア州サンタローザにあるピーナッツ・ファンの聖地、シュルツ美術館の世界で唯一の公式サテライト(分館)です。2019年12月から東京・南町田グランベリーパークの緑豊かな環境に移転し、再オープンします。

f:id:Seipon2:20170211172721j:plain

スポンサーリンク

スヌーピーミュージアムが盛り上がってる

スヌーピーミュージアムは、毎回盛り上がってるみたいです。

f:id:Seipon2:20170211172923j:plain

スヌーピーミュージアムに誘うように

普通はこういうお出かけスポットがある場合、ぼく自身が現地に行ってブログにレポート記事を書くのが筋でしょう。

でも、今回は違うアプローチをしてみましょう。

だって、「2019年12月14日」にリニューアルオープンだそうだから。

まず、スヌーピーミュージアムに行かずとも知れるスヌーピーのエピソードを、ぼくが書く。それをきっかけにスヌーピーに興味を持ってくれる人が増えたなら、そんなに素晴らしいことはないじゃないか、ってね。

まずは読んでもらってなんぼ。

意外と知られていないスヌーピーにまつわるエピソード、はじまるよー!

f:id:Seipon2:20170211172906j:plain

NASAの公式マスコット

ひょっとしたら多くの人が見たことあるかもしれない、こんな写真。

f:id:Seipon2:20170211173100j:plain

なんとスヌーピーはNASAの公式マスコットなんですよ。

きっかけは、アポロ11号のリハーサルと称されるアポロ10号の時代に遡ります。

この計画では宇宙船の識別符号に漫画「ピーナッツ」のキャラクターである チャーリー・ブラウンとスヌーピーが使用されたため、半公式的に計画自体のマスコット・キャラクターとなった。また作者のチャールズ・M・シュルツ (Charles M. Schulz) 自身も、計画に関連するイラストをNASAのために描いた。

アポロ10号 – Wikipedia

ってことを知ると、あの宇宙服を着たようなスヌーピーを見る目も変わるというもの。

スポンサーリンク

スヌーピーは視聴率が取れない

そんなスヌーピーですが、素朴に疑問じゃないですか?

そういえばスヌーピー、なぜテレビで放送されないんだろう?

これについてGoogle先生に尋ねてみたところ、「視聴率が取れないからだ」というショッキングな意見が載っていました・・・。

スヌーピーのテレビ放送は、なぜ地上波では放送しないのでしょうか?毎日のように、子どもに聞かれて返答に困っています。
スヌーピーのテレビ放送は、なぜ地上波では放送しないのでしょうか?毎日のように、子どもに聞かれて返答に困っています。スヌーピーのテレビ放送が、地上波で放送されないのは、何故か?放送権の問題としたら、何故、スカパー?(wowow?そんなような放送だった思うのですが?)では放送できて、普通のテレビ(地上波)では見られないのか...

まあ、分からんでもない。

パンチがあるキャラクターではないもんね

でも。

だとしたら、なぜこんなにスヌーピーは頭にこびりついているんだろう?

そっちのほうが不思議じゃないですか。

f:id:Seipon2:20170211172826j:plain

スヌーピーの著者は従軍していた

衝撃の事実。

なんと、スヌーピーが登場するマンガ『ピーナッツ』の作者であるシュルツさん、従軍していたらしいですよ。

なんでも20歳で陸軍に徴兵されて、初歩訓練の最中に母を癌で亡くしちゃって。

その後、機関銃分隊長としてドイツ、フランス、オーストリアに従軍したんだそう。

後に「孤独についてのすべてを軍隊で知った」と語ったんだって。

・・・

ピンと来た方は素晴らしい。

そう、『ゲゲゲの鬼太郎』の作者である水木しげるさんも戦争を経験されてるし、『アンパンマン』の作者であるやなせたかしさんも戦争を体験されているとなると、なんだか考えさせられますよね

ある種、あの戦争なり対戦がないと、これらのコンテンツは世の中に無かったかもしれない。

f:id:Seipon2:20170211173019j:plain

笑いごとではない(←

スヌーピーが挑んだ人種差別問題

ご存知の人もいることでしょう。

スヌーピーの漫画『ピーナッツ』にはアフリカ系アメリカ人である、フランクリンが登場します。

当時のアメリカは、キング牧師暗殺があった時代。

そんなアフリカ系アメリカ人に対して今とは違う社会の見方があった時期に、スヌーピーの作者チャールズ・シュルツさんは意思をもって、フランクリンというキャラクターを生み出した。

こうやって考えると、スヌーピーが登場する漫画『ピーナッツ』って硬派なんだよなあ。

スヌーピーって愛されてるよな

我が家の子どもにスヌーピーについて聞いてみました。

スヌーピーについてどう思う?

あー、ぼくのパジャマはスヌーピーだよ。

スヌーピー、好き?

別に。知ってるだけ。

そ、そうか・・・

ぼくは嫌い。だって変な名前だから

そ、そうか・・・

なんというか、スヌーピーって愛されているなあって思うよ。

だって、少なくとも日本においてはアニメも何もないのに、あの愛らしいキャラクターたちが大人気なんですから。

他のアニメやキャラクターたちが知ったら嫉妬してしまうぞ笑

親になって知った話
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Seipon

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ中。
育児や子育て・おすすめビジネス書などを中心に情報発信中。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ!

\Seiponをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

タイトルとURLをコピーしました