球体迷路「パープレクサス」のシリーズ・価格まとめ【迷路系おもちゃは子供が勝手にハマるのでおすすめです】

おもちゃ・ゲーム
考える人
子供に買う「迷路系のおもちゃ」について考える人

子供が「パークレクサス」っていう球体迷路に興味持っていて買いたいんだけど、種類がたくさんあるみたい。どれがオススメなんだろう?価格も合わせて知りたい。
もし他に迷路系のおもちゃがあるなら、一応把握しときたいなぁ。

 

子供が「パークレクサス」っていう球体迷路に興味持っていて買いたいんだけど、種類がたくさんあるみたい。どれがオススメなんだろう?価格も合わせて知りたい。もし他に迷路系のおもちゃがあるなら、一応把握しときたいなぁ。

 

球体迷路のおもちゃ「パープレクサス」にまつわる、そんな悩みに答えます。

 

ぼくもパープレクサスを買うときに、同じ悩みにぶち当たりましたw

 

パープレクサスの種類は大きく3種類。

シンプルなのですぐにイメージがつくはずです。

パープレクサスを手に入れて喜ぶ子供の笑顔を想像しながら、読み進めてください^^

#この記事の一番上の写真は我が家のパープレクサスです。

 

スポンサーリンク

球体迷路「パープレクサス」のシリーズ・価格まとめ

 

パープレクサスとは

「パープレクサス」とは3D型の球体迷路です。

冒頭のこの画像のこれ以上でも以下でもありませんが、

 

  • 電池不要
  • 大人も子供も遊べて
  • 知育玩具としての効果も期待できる

 

3拍子揃ったおもちゃという特徴があります。

 

 

遊び方はこんな感じ。

 

パープレスサスの中には3D(立体)迷路が100個のトリッキーな仕掛けとともに用意されています。プレイヤーは迷路上のボールをうまく転がしゴールまで導いて遊ぶゲームです。パープレクサスを傾けたり、回したり、しながらうまくz重力を利用してボールをゴールに導きます。他人と競争したり、タイムを競ったりしても遊べます。
引用パープレクサス公式サイトより

 

↑読むより、ぜひ下のパープレクサス(オリジナル)のスピード世界記録の動画をご覧いただくのがいいのかなと↓

 

MARTY GAMUSIC – PERPLEXUS WORLD RECORD

 

もはや、パープレクサスがルービックキューブに見えます…。

 

調べてみると、アメリカ発のアイテムで、流行に火がついたのは実は数年前からだそう。

2010年に発売以来、世界40ヶ国で約100万個のセールスを記録。

タイム誌の優秀玩具TOP15に選ばれるなど、世界中で多くの賞を受賞しているおもちゃです。

スポンサーリンク

オリジナル、エビック、ルーキーの3種類

種類は3つです。

オリジナル

対象年齢:6歳以上

 

オリジナルは、最もオーソドックスなタイプでお子様から大人の方までが対象です。

100個の罠や仕掛けが用意されています。

Amazonレビューはこんな感じ。

小4の甥っ子にプレゼントしました☆
私もやってみましたが、なかなか考えられた作りになっていて、アナログゲームもどんどん発展しているな〜と感動しちゃいました。
難しい分、すぐにクリアできないので、甥っ子も10分ほど熱中した後、その後、キックしたりして転がして遊んでいましたが(^^;
また少しすると、かちゃかちゃと転がしていました。
今どきのゲームと比べると、なんとなく地味な感じがしますが、逆に、こういうアナログなゲームを子供に紹介するのも面白いかな、と思いました。

 

2019年12月15日時点で、価格は約3,100円です(Amazon調べ)。

エピック

対象年齢:8歳以上

 

エピックは、125個の罠や仕掛けが用意されています。

非常に難しく、大人にとってもやりごたえ十分。

オリジナルを攻略し、まだ物足りない方向けといえるでしょう。

Amazonレビューはこんな感じ。

大人ですが、画像で見てデザインや色遣いに惹かれて買っちゃいました。
パズル類は好きなので、こういう立体迷路も大丈夫かなと思っていましたが、実際やってみると、ものすごーく難しいです・・・何度やっても序盤でボールが落下しまくり、早くも半ば戦意喪失気味です(笑)
でも丸い透明容器に閉じ込められた複雑なコースデザインと、ブルーとホワイト、グレー、三色のシンプルな色遣い、何か近未来的な美しいオブジェのようで、見ているだけでも飽きません。
敢えて注文点を挙げると、落下したボールが透明容器とコースの間の細い隙間に挟まって、何度も強く振らないとなかなか抜け出せないことが時々あります。
透明容器は密閉されていて開けることができない仕様になっているので、できれば真中のブルーのリング部分で開けられるような仕様になっていてくれればいいのに、と思います。

 

2019年12月15日時点で、価格は約2,800円です。本来約3,700円のところ、少しリーズナブルになっていますね!(Amazon調べ)。

ルーキー

対象年齢:4歳以上

 

ルーキーは、パープレスサスシリーズの中で最も簡単なタイプです。

その証拠に、罠や仕掛けの数は一番少ない70個です。

比較的小さい子でも楽しめるでしょう。

大人も唸らせるなかなかの難易度です。
4才の子供もクリアするために、何度も挑戦しています。
余談ですが、子供は凄いですね。大人は観察と思考でクリアしようとしますが、子供は体で覚えてクリアします。
そんな子供の無限の可能性にも気づかせてくれる素晴らしい玩具です。

 

2019年12月15日時点で、価格は約2,400円です。本来約2,900円のところ、少しリーズナブルになっていますね!(Amazon調べ)。

スターウォーズやハリーポッターとのコラボ商品も

ちなみに、有名なコンテンツとのコラボレーションもしています。

このあたりは、一流のおもちゃの仲間入りといったところでしょうか。

例えば、スターウォーズ

 

例えば、ハリーポッター

 

迷路系おもちゃは子供が勝手にハマるのでおすすめです

 

この記事では、球体迷路「パープレクサス」のシリーズ・価格をまとめました。

 

 

ありがたいことに、このパープレクサスは、大きさ・価格がプレゼントにピッタリです。

 

ルーキーの対象年齢が4歳以上だから、それくらいの子どもがいる家庭向けですね。
丸いからといって投げて遊ぶと、迷路のパーツが取れたり、ヒビが入ったりするらしいので、ご注意ください。

 

 

迷路系のおもちゃ(マリオの迷路ゲームやキュブロが有名)

迷路系のおもちゃは、子供が勝手にハマるので親として楽チンです。

似て非なる迷路系でいえば、マリオのおもちゃや、

 

 

将棋の藤井棋士が幼きころに遊んだと言われ、児童館でも見かけるキュボロが有名です。

 

 

藤井棋士の宣伝効果で、キュボロは大人気で手に入りづらい状態となっています。そのせいか、価格も若干高めです。

 

同じような商品で、値段も少し手頃になったMag-Buildingも人気が出ていますよ。

 

 

これらも押さえておけば、大方、子供向けの迷路系おもちゃは把握いただけるのでは、と。

 

冒頭のこちらのお悩み、

 

子供が「パークレクサス」っていう球体迷路に興味持っていて買いたいんだけど、種類がたくさんあるみたい。どれがオススメなんだろう?価格も合わせて知りたい。もし他に迷路系のおもちゃがあるなら、一応把握しときたいなぁ。

 

この記事で少しでも解決できていれば嬉しいです。

ほんだらのー!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました