子供の二段ベッドのレイアウト・選び方・購入のヒント【買うのは子供と別部屋で寝るという贅沢】

子育て家具
考える人
二段ベッドを買おうかどうか考える人

2人の子供も大きくなってきたし、そろそろ二段ベッドにしようかなと思うんだけど、どう選んだらいいんだろう?
意外と予算とか、みんながどこで買ってるとか知らないんだよな。二段ベッド買ったあと、親子の生活が実際どう変わるのかとかも興味あるよ。

 

2人の子供も大きくなってきたし、そろそろ二段ベッドにしようかなと思うんだけど、どう選んだらいいんだろう?
意外と予算とか、みんながどこで買ってるとか知らないんだよな。二段ベッド買った後、親子の生活が実際どう変わるのかも興味あるよ。

 

この悩みを取り上げます。

 

我が家は、「家がそんなに広くないけど、それに合うサイズのコンパクトな二段ベッドはあるか?」と、複数の店舗に探索ツアーをしました。そのときに店員から聞いた話などのナマゴエ(生声)をもとに記事を執筆しています。
ちなみに、我が家は通販で二段ベッドを購入。本記事冒頭の写真がそれです(生活感が溢れてますw)

 

「二段ベッドを買う場合」、ということでこんな記事構成です。

 

  1. 二段ベッドをどこに置くか(地味に重要)
  2. 二段ベッド購入の予算は
  3. 二段ベッドの選び方
  4. 二段ベッドをどこで買うか
  5. 購入前に知っておきたい、二段ベッド購入後の話

 

じっくりご覧いただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

子供の二段ベッドのレイアウト・選び方・購入のヒント

二段ベッドの配置レイアウト(地味に最重要)

そもそも二段ベッドをどこにどう置くか、が地味に重要です。

なぜなら、そもそも部屋に置くスペースがなければ購入しても意味ないですからね。

加えて、配置をミスれば、子供の寝床どうこう以前に、親であるあなたも「こんなはずでは…」と損した気持ちになるはずです。

 

最近では、子供の二段ベッド配置の参考情報がインターネットにたくさんあります。
部屋の間取りと合わせて、事前に想像を膨らませておくのが吉です。
こちらのサイトは外部リンクですが、子供部屋が4畳・4畳半・5畳・6畳・8畳のケースごとに具体的にレイアウト案が載っていて参考になります。

 

ちなみに、我が家は、家族4人で55平米の小さな住処なので、議論の余地なくコンパクトな二段ベッドにフォーカスしました。

 

二段ベッドに必要な予算とは

2段ベッドをどこにどう置くかはイメージついたけど、費用っていくらくらいかかるんだろ?

 

ピンキリですが、2万円〜8万円程度、と考えておくと良いでしょう。

 

根拠として、例えばikea(イケア)ですと2万円台からありますし、無印良品では7万円台で売られています(2019年12月14日時点)。

 

このあと触れますが、二段ベッド単体以外にも、マットレスや枕などを一式揃えようと思ったら、「プラスして数万円」は見ておくのが無難です。

スポンサーリンク

二段ベッドの選び方のヒント

意識するポイントは以下のとおりです。

 

  • 安心安全:サイズ、頑丈さ(丈夫さ)、スペース
  • 子供の成長に合わせた拡張性:分離や分割ができるか、収納はあるか
  • コストパフォーマンス:価格、オシャレなデザインかどうか

 

1つ1つ見ていきましょう。

サイズ(スペース)

まずはサイズです。

先に書いた通り、配置できない・レイアウトがイマイチだと買って損しますからね。

…事前に、ベッドの置き場所の寸法を測っておくことを強くおすすめします。

頑丈さ(丈夫さ)

二段ベッドって、選ばなければいくらでもあるんですよ。

 

でも、子どもたちにとっては、それなりの長い期間、寝床になる。

 

…となると、

  • 頑丈であって欲しいし、丈夫であって欲しい。
  • 万が一の地震のときに壊れて欲しくない。

家具屋さんのスタッフによると、頑丈さのポイントは、こんな要素とのこと。

 

  • ベッドを揺らしてグラグラしないか
  • ベッドに付随のハシゴがグラグラしないか
  • ハシゴの幅は大きいか、大人が乗っても安定感がありそうか
  • 真ん中に大きな板の支えが入っているか

 

f:id:Seipon2:20160724004822j:image

スペース(「上のベッドと下のベッドの間」の高さ)

続いては「上のベッドと下のベッドの間」の高さです。

一見、サイズと近しい話ですが、内容は違います。

 

f:id:Seipon2:20160724004850j:image

 

どうしてこれが大事なのか。

まず、「下のベッドで寝る子どもが座った時に楽かどうか」です。

ちょいとブレていますが、こちらの写真が分かりやすいでしょう。

 

f:id:Seipon2:20160724004814j:image

 

子どもがベッドに座るとき、身長が高いと上のベッドの高さで頭をぶつけてしまう。

それを避けるために、腰を屈めて座ることにことになります。

 

でもそれでは腰が疲れてしまう・・・。

 

加えて、短期的にはそういう子どもの大きさ云々の前に、親が座ったときに楽かどうか。

 

子どものベッドメイキングがてら、親が座るときってきっとあるますよね。
そのとき、親も楽に座りたいでしょう?笑

 

スペース(「下のベッドと床の間」の高さ)

高さは高さでも、続いては「下のベッドと床の間の高さ」です。

なぜこれが大事なのか?

ずばり、お掃除ロボット、例えば、ルンバが通れるかどうか=ルンバブルってやつですね。

『ルンバブル』!?ルンバ対応が求められている最近の住宅・家具事情まとめ – NAVER まとめ

 

写真だと全く伝わる感じしないですが、ベッドによって確かに高さは異なるわけです。

例えば、これと、

 

f:id:Seipon2:20160724004830j:image

 

これだと、

 

f:id:Seipon2:20160724004839j:image

 

床下の高さが異なるというわけです。

こちらも要チェックです。

子供の成長に合わせた拡張性(分離・分割、収納力)

モノによって異なりますが、「二段ベッドを組み替えるとスモールサイズのベッドが2台になる」モノは割と多くあります。

 

例えば、無印の二段ベッドはまさにそれです。

 

収納力は、選ぶ際のポイントとして意識しておくと良いですね。

コストパフォーマンス(価格、オシャレなデザインかどうか)

「2万円〜8万円程度の予算」が必要な二段ベッドは決して安くない買い物です。

特に、

 

・色
・デザイン
・オシャレかどうか
・その他(収納力があるか、カーテンを付けられるか、etc…)

 

これらは、店舗に展示されている二段ベッドだけでは、正直なかなか見極めきれない要素です。

購入の際は、意識的にチェックして、「買ってよかった!」と言えるものを選んでくださいね。

二段ベッドをどこで買うか

二段ベッドの類って、店舗での展示点数が少ないです。

店舗の大きさも限られていて何個も二段ベッドを置けないから、でしょうね。

 

一方で、ネット上には二段ベッド情報は転がっているものの、それらの大半はあまり聞いたことがないメーカーさまだったりします。

 

これら、あまり聞いたことのないメーカーさまから、実物見ずに選ぶのって…なかなか難しくないですよね。可能であれば、耳に馴染みがある大手家具屋さんで購入したいところ。少なくとも、ぼくはそうでした。

 

だからこそ、我が家は、無印良品やニトリ、ikea(イケア)、大塚家具などの店舗を片っ端から見に行きました(大塚家具に至っては、銀座の店舗にはあまり展示されていなくて、わざわざお台場のほうまで足を運びました)。

だからこそ気づいた、大手家具屋さんなどの二段ベッドについて簡単にコメントしてご紹介します。

無印良品

ぼくが知る限り、無印の子供用二段ベッドは1点のみです。

変に数が多くないのは、モノを見るうえで迷わなくていいですよね。

 

 

重要な点が1点あります。

 

意外にも、二段ベッドには年齢制限があります。

 

実際に無印の二段ベッドの場合は、HPにもこう記載されています。

■4才未満の幼児は使用できません。
■8才未満の幼児は下段に寝かせてください。

 

でも、どうして年齢制限があるのだろう?

 

ぼくの考えでは、理由は大きく2つです。

・子供の安全確保
・二段ベッドの上は暑い(幼い子は暑いと言い出せない)

 

二段ベッドの上は、それなりの高さです。

万が一、立ち上がってジャンプして天井に頭をぶつけてたり、寝相が悪くて下に落下したら…。

そういった危険を防ぐというのが、理由の1つでしょう。

 

そして、もう1つの「二段ベッドの上は暑い」ことは、ぼくの私見です。

ご興味ある方は、別記事にまとめましたのでご覧ください。

 

 

ニトリ

 

イケア(ikea)

 

大塚家具

↑の無印、ニトリ、イケアにはなく、大塚家具の店舗にあったもの。

それは、子供の二段ベッド事情に明るい担当者さまです。

 

いろいろ話を聞いて、その内容がこのブログ記事につながっていたりします。
 

通販(Amazonや楽天)

もちろん、インターネット上にも2段ベッドはたくさんの取り扱いがあります。

ちなみに、我が家の2段ベッドは今だと見つけられないものの、色はこんな感じでして、

 

 

形状はこんな感じですね。

 

 

参考になれば幸いです。

購入前に知っておきたい、二段ベッド購入後の話

二段ベッド購入後、生活がどう変わるのか。

子供たちの様子

当初想定とおり、子供たちは自分たちで眠るようになりました。

ときどき、ママを召喚してはいますが、基本的には自分たちで寝て、自分たちで起きています。

親の生活の変化

どちらかというと伝えたいのはコチラですw

親である自分の生活がマジで変わりました。
子供たちと川の字で寝すぎて、「子供と別の部屋で寝る」という感覚を忘れていました笑

 

 

追加で購入を検討したいアイテム

合わせて、追加で購入を検討したいアイテムとしてはこのあたりです。

二段ベッド購入の際に予め知っておくと、今後の支出にも心の準備ができるというもの。

 

  • マットレス
  • 布団
  • シーツ
  • ベッドフェンス
  • カーテン
  • サーキュレーター

など

子供の二段ベッドのレイアウト・選び方・購入のヒント|まとめ

二段ベッドって、なかなか購入までのステップが大変ですよね。

 

 

モノとしての図体が大きいから、どうしても慎重に選ばなきゃいけない。
きっと、みなさんのなかにも「めんどくさ」とお感じの方、多いのではないでしょうか?
 
でも、その結果として手に入る、「子供と別部屋で寝ること」は極上の贅沢です。

意外と認識されていませんが、親にとって、とても大きな生活の質の変化につながりますよ。

 

冒頭で取り上げたこのお悩み、

 

2人の子供も大きくなってきたし、そろそろ二段ベッドにしようかなと思うんだけど、どう選んだらいいんだろう?
意外と予算とか、みんながどこで買ってるとか知らないんだよな。二段ベッド買った後、親子の生活が実際どう変わるのかも興味あるよ。

 

これらが少しでも解決できていれば嬉しいです。

ほんだらのー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました