積み木がレゴ化している!ディズニーが送り出すKIDEAは積み木界のイノベーション。

おもちゃ・ゲーム

ディズニーが新しく積み木を売り出してます。

東京都現代美術館で開催中のピクサー展でも売られていた、KIDEAという商品ですね。

ご存じない方はこちらをどうぞ。

 


Disney|KIDEA HOW TO PLAY MOVIE!

 

スポンサーリンク

KIDEA=ディズニーツムツムの積み木バージョン 

子どもだけじゃなくて大人にも売れる積み木

これ、どう見てもディズニーツムツムの積み木版ですね笑

悔しいけど、可愛い・・・。

www.bandai-kidea.com

正式な説明はこんな感じ。

ディズニーキャラクターの世界観を、世代を超えて楽しめる木製玩具シリーズ。

ディズニーの良質なストーリーと多彩なキャラクターの世界観で、並べたり積み重ねたりする「積み木遊び」や、想像力を膨らませる「ごっこ遊び」など、成長にあわせた遊び方の変化を促します。さらに大人にとってもコレクションやインテリアとして「飾って楽しむ」ことができるのも魅力

”KIDEA”とは、KI(木)、IDEA(発想・考える)、KID(子ども)を合わせた造語で、子どもの発想や考える力を育むことを意味しています。

親子のコミュニケーションと絆をより深めるきっかけになることを願っています。

今、改めて読んで思ったけど、大人にも売る気満々ですね笑

百貨店でも扱われるブランド力

ちなみに我が家がこのKIDEAの存在を最初に関知したのは三越伊勢丹

本発売を控えての先行販売イベントがあったんだとか。

凄くないですか?

ディズニーの積み木が三越伊勢丹ですよ!?

妻曰く、「子どもたちがずっとディズニーの積み木エリアから動こうとしなかった」そうで、圧倒的な中毒性があったんだって。

というわけで、はい、ばっちり購入にいたっております・・くぅぅ。。

やりおるな、ディズにぃめ・・・

f:id:Seipon2:20160521114824j:plain

KIDEAは超高級玩具です

さて、このKIDEAという商品ですが、すごい値段するんですよ笑

例えば・・・(まだAmazonにはそんなに商品ないみたい)

↑これで10,000円以上也。

さすが、ディズニー。

そのブランド力がなせる業。 

積み木がどんどんレゴ化している

でこれ見て思ったことは、積み木がどんどんレゴ化してるなーってこと。

どういうことかっていうと。

スポンサーリンク

積み木=「無駄に大きい」⇒「手のひらサイズ」へ

まず、積み木が小さくなってるんですよ!

そもそもですけど、積み木って無駄に大きいイメージがありません?

確か、東京おもちゃ美術館の積み木もめちゃくちゃデカかった気がするし、

東京おもちゃ美術館
「東京おもちゃ美術館」は、認定NPO法人芸術と遊び創造協会が運営する、様々な世代の方が、おもちゃを媒介に「遊んで」「作って」「体験して」自然と楽しいコミュニケーションがとれる空間です。

ぼく自身も、児童館とか子どもの遊び場にある積み木ってやたらめったら大きかった記憶があります。

で、冷静に「どうして積み木は大きいんだろ?」って考えたんですよ。

多分、小さい子の誤飲を防ぐってのと、積み木自体の販売単価を上げたい、ってのが理由じゃないかなあ。

でも、ほら、KIDEAは違う。

手のひらサイズの積み木なんですよ。

f:id:Seipon2:20160521115106p:plain

#KIDEA公式ページから引用

ね、なんか、レゴみたいに手で遊べる感じするでしょ?

レゴデュプロのようなイメージだよね。

商品情報 – DUPLO LEGO.com

積み木=「重たい」⇒「軽い」へ

続いて2つ目。

積み木がめちゃ軽いんです!

積み木って無駄に大きいゆえに重たいイメージありませんか?

「石かっ!」っていうやつ、ありますよね。

最近はコルクのも出てて軽いんですけど、重たい積み木もまだまだ存在しています。

確か、東京おもちゃ美術館も(ry

で、冷静に「どうして積み木は重たいんだろ?」って考えたんですよ。

多分、単純に大きいから重たいっていう話と、あとは、子どもの握力を鍛えたいんでしょうね。

でも、ほら、KIDEAは違う。

手のひらサイズゆえに軽いんですよ。

f:id:Seipon2:20160521115328p:plain

#KIDEA公式ページから引用

ね、なんか、レゴみたいにサクサク遊べる感じするでしょ?

 

積み木=「無機質」⇒「かわいい」へ

続いて3つ目。

言わずもがな、積み木がめちゃくちゃ可愛いんです!

積み木って、無機質なイメージありませんか。

だってね、ほとんど柄がないんですもん。

ほかに可愛いポイントがあるとすると形だろうけど、丸と四角くらいしかなくて別に可愛さは感じないですよね。

確か、東京おもち(ry

で、冷静に「どうして積み木は無機質なんだろ?」って考えたんですよ。

多分、変にキャラクターの柄を子どもにインプットしたくないんでしょうね。

でも、ほら、KIDEAは違う。

ディズニーさん、本気出し過ぎなくらい笑

f:id:Seipon2:20160521115510p:plain

#KIDEA公式ページから引用

 

他のキャラクターたちも積み木界に大挙

そう考えていくと、KIDEAというディズニーの商品は、積み木マーケットに一波乱起こしそうだと感じます。

今までの、「大きい」・「重たい」・「無機質」という積み木の3大マイナス要素を全部ひっくり返しにいってますもんね。

冷静に考えて、積み木は、キャラクターだけでビジネスを創り出せる余地がありそう。

きっと、バンダイさんなんかが、版権持ってる会社に「ディズニーツムツムのような積み木売り出しましょー!」って営業かけていくのでは?

実際に攻め込んできそうなのはこのあたり(?)

  • 任天堂のマリオシリーズ
  • キティちゃんはじめサンリオ系
  • USJとか

たかが積み木、されど積み木。

お土産需要とプレゼント需要を丸呑みできそうです。

担当者はワクワクしてるだろうなぁ笑

まとめ:積み木のレゴ化はイノベーションだ

というわけでまとめます。

結論、積み木のレゴ化はいいですね。

KIDEAがセールスポイントに謳う通り、大人にとっては飾って楽しんで、プレゼントにできて。

子どもにとっては、手に取り易くて、可愛いアイテムで積んで遊べる。

どんどんこの方向に進むと思います。

積み木市場が間違いなく活性化しますよ。

今まさにイノベーションを、ユーザの立場で目の当たりにしています。

ほんだらのー!

 

おもちゃ・ゲーム ディズニー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Seipon

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ中。
育児や子育て・おすすめビジネス書などを中心に情報発信中。
詳しいプロフィールはこちらをどうぞ!

\Seiponをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

タイトルとURLをコピーしました