ジョイントマットの下はダニとカビの巣窟!サイズを大きく、つなぎ目(隙間)小さく、掃除しやすくでお手入れしよう。

おすすめアイテム
この記事は約5分で読めます。
悩む女性
ジョイントマット下がどうなっているか不安で悩む女性

ジョイントマットを敷いたはいいけど、しばらく掃除していなくてマットの下がどうなっているか不安。もはや開きたくもないわ

 

お子さんがいる家庭ではきっと使っている、ジョイントマットについての悩みを取り上げます。

 

ここでいうジョイントマットは、子供が転倒したときの衝撃を緩らげる、クッション効果の高いマットを指します。ご家庭によっては、プレイマットパズルマットといいう呼び方をするかもしれません。

 

◼︎内容(書いてあること)
・ジョイントマットの下を掃除していないと起きること
・ジョイントマット下のメンテナンス方法
・オススメのジョイントマット

 

我が家もジョイントマットの下の汚れには驚かされました。

 

我が家が、ジョイントマット下の汚れに気づいたきっかけ。
それは、トイレトレーニングを終えたと見込んだ次男のリビングでのお漏らしです笑
妻がおしっこの水溜りを掃除するために、久しぶりにリビングのジョイントマットを外したところ…
ってな感じでなんですよw
 

それでは本編スタートです!

スポンサーリンク

ジョイントマットの下を掃除しないと起きること

ジョイントマット下のリアル(プレイマット・パズルマットも同様)

ある日、ジョイントマットの掃除をした妻が、早口で言いました。

「ジョイントマットの下、すごいことになってたのよ!もう早く取っ替えないとまずい。ヤバいわ汗」

「いろいろ落ちてる。レゴの顔や胴体の部分でしょ、それに食べカスとか髪の毛とか。幼稚園から帰ってきて着替えもせずに遊んでるからも落ちてて。」

「しかも、マットの隙間と隙間から白い細かい粉末のようなものも出てきて。」

「で、とにかくまずいと思ったのは、マットとフローリングの床の両方に黒い斑点が付いてたのよ。」

#数分後・・・

「やはりカビみたい!もうやだ。早く替えたい。今週末に一気に替えなきゃ!」

白い細かい粉末の正体=ダニの死骸

まずは白い粉末が一体なんだったのか、という話。

結論、ダニの死骸だそう。

と普通に書いていますが、知るのが遅すぎてもはやどうしようもないレベル。

とりあえず、ジョイントマットを剥がしてゴシゴシ掃除したからまずはよし。

あとは定期的に綺麗にしたほうが良さそう・・・

 

 

黒い斑点の正体=カビが生えている

こちらはやはりカビだそうで。

 

 

ま、これも掃除して捨てるしかないよな。

もはや今知ったところでどうしろというのだ笑

とりあえずゴシゴシ。

ジョイントマット下のメンテナンス方法

さて、掃除を終えたら、なるべくダニの死骸を増やさない&カビを発生させない方法を考えました。

実際に、我が家が取り組んだ再発防止策は、次の3つです。

1、ジョイントマットのサイズを大きくする

まずは、ジョイントマットそのものを大きくするとのこと。

妻曰く、「ジョイントマットの繋ぎ目がたくさんあればあるほど、その隙間からゴミなりが落ちて汚れる。だから、繋ぎ目が少なくなるように、ジョイントマットそのものを大きくするんだ」とのこと。

なるほど、そりゃそうだ。

マットの大きさは、ハサミやカッターとかで加工しちゃえば問題ないもんね。

スポンサーリンク

上に重いものを乗せずに、掃除のためにすぐ取り外せるようにする

続いては、なるべく上に重いものをのせないようにするとのこと。

妻曰く、「重いものが乗っかってるとどうしてもそれを外して掃除する意欲がなくなっちゃうから」とのこと。

なるほど、そりゃそうだ。

重いもの乗っかってると、掃除したくても出来ない場面、たくさんあるもんね。

ジョイントマットが不要なところにはわざわざ敷かない

3つ目として、ジョイントマットが不要と思われるところにわざわざ敷かないようにするとのこと。

妻曰く、「ジョイントマットを敷くのは、子どもが床に転んだり、おもちゃを落っことしたりしても、床が傷つかないようするため。そういう危険がないところは、わざわざ敷かない」とのこと。

なるほど、そりゃそうだ。

変に湿度を保つ必要はないわけだからね。

オススメのジョイントマット

では、我が家は実際にどんなジョイントマットを新調したのか。

ジョイントマット(大判)

 

想像以上にデカいですが、確かに繋ぎ目が少なくて便利!

世の中には、ジョイントマットといっても、オシャレなもの、安いものなど様々売られています。
我が家はそれには見向きもせず、とにかく大きさ重視の一点突破で選択。
 

ダイニングラグマット

 

こちらはそもそも繋ぎ目なし!

ジョイントマットほどのクッション性はありませんが、繋ぎ目がないから隙間も生じず、ゴミも落ちない!
フローリングの木目に合わせて色も選べて、置きたい場所に合わせてサイズも選べて、重宝します!

この2つのマットで、ジョイントマット下のリアルと向き合うぞー!

まとめ:ジョイントマット下のパンドラの箱は開けるべし

まとめましょう。

ジョイントマットの下は、パンドラの箱感がハンパないですよね笑

でも、そのまま放置は絶対にオススメしません。

だって、みなさんは勿論のこと、お子さんにとっても決して衛生的とは思えませんから…!

是非、ジョイントマット下をお手入れして、快適な子育てライフをお送りくださいね^^

ジョイントマットを敷いたはいいけど、しばらく掃除していなくてマットの下がどうなっているか不安。もはや開きたくもないわ

↑冒頭のこちらの悩みを少しでも解決できていれば嬉しいです。

ほんだらのー!

追記:「台所にもマット敷いているけど、大丈夫?」

と気付き、妻に聞いたら、「めくるのが怖い・・・」と言ってました。

こ、これは、台所もパンドラの箱一直線や・・・!

おすすめアイテム収納・掃除・片づけ
スポンサーリンク
プロフィール
せいぽん

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ満喫中。
「30代2児のパパの育児と仕事」のリアルを綴るブログ(http://papazine.com)を運営。
子供とのお出かけ・子育てアイテム・父親の生態・おすすめビジネス書などを中心に発信中。
詳しいプロフィールはこちら

\せいぽんをフォローする/
\せいぽんをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

  1. nao_2205 より:

    うちも長いことジョイントマット敷きっぱなしですが…怖い!

  2. Seipon2 より:

    コメントありがとうございます!
    ジョイントマット、一度見てみてください笑

タイトルとURLをコピーしました