ベビーサークルがベビーベッドよりもオススメな理由【使用頻度やいつまで使えるかなど徹底比較】

おすすめアイテム
この記事は約9分で読めます。
悩む女性
ベビーサークルとベビーベッドのどちらを買うか悩む女性

ベビーサークルとベビーベッド、どちらも大きいし値段も高いけど、、どっちかを買うとしたらどっちがいいんだろう?

 

お子さんがいる家庭では、1回は必ず意識するであろう「ベビーサークル」と「ベビーベッド」。

今回は、「ベビーサークルとベビーベッドのどちらを買えばいいのか」という悩みを取り上げます。

ちなみに、両方とも使ったぼくの結論は、「ベビーサークルを買うべき」です。

 

◼︎この記事に書いてあること、分かること
・ベビーサークルとは
・ベビーサークルがベビーベッドよりもオススメできる理由
・それでもみんながベビーサークルを買わない理由
・「ベビーサークル」と「床のマット」について
・ベビーベッド検討の際にはベビーサークルも一緒に

 

この記事を書こうと思った理由はこちらです。

 

ベビーサークルは、不思議なことにベビーベッドよりも存在感が低く、軽んじられてる気がするから。
みなさんの周りでも、ベビーベッドはよく話題に出るけど、ベビーサークルはあまり話題に出ない気がしませんか?

 

ぼくは、ベビーベッドとベビーサークルの両方を使った親として断言します。

ベビーサークルのほうがベビーベッドよりも間違いなく重宝します!いや、重宝しました!

それでは本編スタートです!

スポンサーリンク

 ベビーサークルなにそれ

赤ちゃん版ベルリンの壁

ベビーサークルとは何ぞや?

聞いてピンとこない人もいるかもしれません。

ざっくり言えば、いわゆる、赤ちゃん版ベルリンの壁

百聞は一見にしかずで、ほら、赤ちゃんを入れるコレですよ。

我が家のは確かこんな感じのモノでした。

 

カラフルなこんな感じのもの、児童館とか図書館とかで見たことありませんか?

 

ちなみに、購入してくれた妻はこう言ってました。

好みによるけど、私はカラフルなのは嫌だったのよねぇ。だから「ベビーサークル ウッディー」とか「ベビーサークル 木目」で調べたわ。
あと、形が丸いのもちょっと気になった。大きな部屋ならいいんだろうけど、小さい部屋だったら、デッドスペースが生まれそうで。

ベビーサークルがベビーベッドよりもオススメできる理由

さて、そんなベビーサークルが、ベビーベッドよりも優れていると思う理由を、思いつくままご紹介します。

比較軸は、ずばり以下です。

ベビーベッドvsベビーサークル 
・直接的な価値はどうか
・使用頻度はどうか
・いつまで使えるか
・親にとってどうか
・邪魔さ加減はどうか

寝るだけじゃない!「大は小を兼ねる」、ベビーサークル

まずはベビーベッドとベビーサークル、それぞれの直接的な価値がどう違うのか。

 

・ベビーベッド:単にベビーを寝かせる場所
・ベビーサークル:ベビーが暴れないよう囲う

 

「ふーん」ですか?

でもね、こんな意見もあるんですよ。

ベビーサークルのAmazonレビューのコメント抜粋。

寝返りができるようになってきたのでゴロゴロ自由に遊ぶスペース確保のために購入。

そう。

ベビーサークルは、寝かせるスペースとしても活用できるし、遊ぶスペースとしても活用できるんですよ。

単に、ベビーを寝かせるベビーベッドにはない価値があるんです。

実際、我が家もベビーサークル内にプレイジムなどのおもちゃやベビー用の布団を置いてました!

 

 

圧倒的な使用頻度の、ベビーサークル

続いては使用する場面の多さです。

 

・ベビーベッド:寝るときだけ
・ベビーサークル:寝るときに加えて、起きているときも

 

そりゃ遊んだりもするスペースにも使われるくらいですからね。

ベビーサークル は、子どもが寝るときだけじゃなくて置きているときもエブリタイム価値発揮します。

実際、ベビーサークルのAmazonレビューにはこんな意見も(太字はぼくが付けました)。

自由に動けなかった頃と違い今は抱き上げてサークルにポンと入れると泣くようになりましたが、自分もサークルに入ってほんのすこしの間だけでも一緒に遊んで、こどもが遊びに集中しはじめれば途中で自分だけサークルを出ても穏やかにひとりで遊べます
このサークルはかなり大きくそして高価ですが、一緒に入って無理なく遊べるこのサイズにしておいてよかったと感じています。サークル内にクッションマットを敷いておけば安全地帯として完璧だと思います。つかまり立ち,つかまり歩きもほぼこのサークルで練習して、歩くのも比較的早かったと思います。

読みましたか、みなさん!?

ベビーを囲い、遊ばせ、寝かせ、なんとつかまり立ちの練習もさせられる。

そんな優れもののベビーサークルですよ!

スポンサーリンク

長く役立つ、ベビーサークル

勢いのまま行きましょう!

続いてはいつまで使えるのかという話です。

 

・ベビーベッド:子どもにとってベビーベッドが窮屈になるまで使える
・ベビーサークル:ベビーがプリズンブレイクするまで使える

 

ベビーサークルことベビーの檻からの脱出・抜け出しですが、これをするにはそれなりに時間がかかるはず。

つまり、それまでベビーサークルは使えるということ。

我が家の場合は、2歳くらいまでは使えていました。

Amazonレビューはこんな感じ。

ずっとリビングに組み立てたまま使ってきましたが2歳を前にしてそろそろ畳むことにしました。まだ子供は上手にしゃべれないけど言葉はほぼ理解できるようになったのでサークルに入れなくても言い聞かせることで危ない場面は少なくなりました。

2歳くらいまではやはり使えそうです。

一方で、ベビーベッドは添い寝に移行する家庭も多いですし、さすがに2歳までは使わないのでは?

ちなみに、プリズンブレイクするときの子どもは嬉しそうだったなあ笑

あのフェンスをよじ登って、「もはや俺にベビーサークルは通用しないよーだニヤリ」という自信に溢れた表情は今も記憶に残ってます。

 

親への心理的安全をもたらす、ベビーサークル

続いては、それぞれを使うことによって親に何がもたらされるか、という視点です。

 

・ベビーベッド:子どもを独立して寝かせられる、親の寝床が浸食されない
・ベビーの檻:子どもの囲いがあることで親が精神的に安心して、子どもから少し目を離し、放置できる

 

何を隠そう、ぼくはこの、子どもを放置できる安心感こそがベビーの檻が最もパワフルな要素と考えます。

ベビーサークルのAmazonレビューのコメントをご紹介しましょう。

こちらも太字などはぼくがつけました。

はいはいを始めた頃から1年ほど使用しました。台所仕事をしたりゴミ捨てに行くときなどにはサークルにこどもを入れておけば安心です。サークルは親にとってはこどもの安全地帯で(中略)樹脂製のものより細身で見通しが良いのもお互いにとって良いと思います。

 

物体の邪魔さ加減が少ない、ベビーサークル

最後に、ベビーベッドもベビーサークルもモノとして一定デカいですよね。

それが邪魔じゃないかどうか、の視点です。

 

・ベビーベッド:スペースはベッド1台分だけど、一定の高さがあり相当の場所を占有されている圧迫感あり
ベビーサークル:スペースはベッド2台分以上だけど、高さがなく圧迫感はない

 

うーん、これは甲乙付け難いw

しかしながら、こちらもベビーサークルのAmazonレビューを引用。太字は例によってぼくです。

 

作りがしっかりしているし、表面仕上げもよい(けば立ちなどもありません)。圧迫感もありません。価格が高かったので購入しようか迷いましたが、これにしてよかったと思っています。現在8か月なので、つかまり立ちなどしはじめても、ぐらつかずに役立つのではないかと思っています。

 

以上、こう考えていくと、ベビーサークルがいかに優れモノか、分かっていただけるはずです。

それでもみんながベビーサークルを買わない理由

どう考えてもベビーサークルのほうが人気ありそうなのですが、どうして世の中的に軽んじられているように映るのか。

・・・

完全に個人的な意見ですが、ベビーサークルの見た目が「ベビーの檻」だからこそでしょう。

自分の子どもを檻に入れたくないという心理。

まあ、分からないでもない。

けれど、一度使ってしまえば、絶対にその価値がわかりますよ!

ベビーサークル+床のマット=ベビーサークル マット

フローリングの床にベビーサークルをいきなり置くと、床に傷がつくことが心配な方もいらっしゃるでしょう。

そういう場合は、ジョイントマットを敷くことをオススメします!

ただし、、、ジョイントマットならではのリスク(?)もご留意くださいませ。

詳細はこちらの記事をご参考ください。よく読まれています笑

ジョイントマットの下はダニとカビの巣窟!サイズを大きく、つなぎ目(隙間)小さく、掃除しやすくでお手入れしよう。
ジョイントマット下がどうなっているか不安で悩む女性 ジョイントマットを敷いたはいいけど、しばらく掃除していなくてマットの下がどうなっているか不安。もはや開きたくもないわ お子さんがいる家庭ではきっと使って...

 

一方で、最近では「ベビーサークルマット」なるものも登場しています。

 

「床にマットを敷きつつ、ベビーサークル を使いたい」とお考えの方はご参考なさってください。

ベビーベッドだけじゃなく、ベビーサークルも一緒に検討すべし

というわけで、まとめましょう。

ベビーサークルは、

  • 親にとって、子どもの囲いがあることで子どもからしばし目を離せる心理的ゆとりを生み出してくれる
  • 子供にとって、単に眠る場所としてだけでなく、遊ぶスペースにも、捕まり立ちの練習場にもなる

・・・めちゃいい商品じゃないですか笑

もし、ベビーベッドとベビーサークルの購入やレンタルを考えていながらも、ベビーサークルを対象から外したという方がいらっしゃれば、是非ベビーサークルも検討候補にいれてくださいね^^

以上、冒頭のこちらの悩みを少しでも解決できていれば嬉しいです^^

ベビーサークルとベビーベッド、どちらも大きいし値段も高いけど、、どっちかを買うとしたらどっちがいいんだろう?

ほんだらのー!

 

おすすめアイテム収納・掃除・片づけ
スポンサーリンク
プロフィール
せいぽん

ネット企業の人事の人。
妻&2人の子どもと渾身のパパライフ満喫中。
「30代2児のパパの育児と仕事」のリアルを綴るブログ(http://papazine.com)を運営。
子供とのお出かけ・子育てアイテム・父親の生態・おすすめビジネス書などを中心に発信中。
詳しいプロフィールはこちら

\せいぽんをフォローする/
\せいぽんをフォローする/
スポンサーリンク
パパジン – papazine –

コメント

タイトルとURLをコピーしました