パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【体験記】東京湾唯一の無人島(猿島)上陸!子どもとプロナチュラリスト(佐々木洋氏)で自然探検してきたよ

スポンサーリンク

子どもたちと無人島に行かない?

え、無人島なんてこのあたりにあるの?

猿島(さるしま)っていう、東京湾唯一の自然島があるらしいのよ

一体どうやってそんな情報をゲットしたのかと思ったら、Gifte(ギフテ)だそうですよ。

Gifte! 【1Day】無人島で大冒険!ささき隊長とナチュラリスト体験

(我が妻ながら、お主、やりおるな)

というわけで、今日はそんな無人島、猿島の体験ツアーをご報告しましょう♪

 

 

猿島(さるしま)どこそれ

そもそも「猿島ってなんなんだ?」って話ですね。

最近では「ラピュタの島」と呼ばれている、インスタ映えする場所としても有名らしいですよ♪

猿島は陸地にはタブの木の森や洞窟があったり、島のまわりも綺麗な水質の海に囲まれていたりするなど、自然観察にぴったりのフィールドです。元々軍艦島として使われていたため、レンガのトンネルや砲台跡など歴史的建造物も数多く残っています。また、仮面ライダーのショッカー基地として撮影が行われたことでも有名です。最近では「ラピュタの島」とも呼ばれ、フォトジェニックスポットとしても注目を集めています。

Gifte! 【1Day】無人島で大冒険!ささき隊長とナチュラリスト体験

アクセスとしては、神奈川県の横須賀中央駅、または、汐入駅が最寄り駅なんですが、そこから歩いて15分ほどの三笠公園というところから船でまた15分・・・という場所に位置します。

はい、どちらにお住まいがあるか次第ですが、なかなか気合いいれないといけない場所ですよね汗

我が家は朝8時から出発しましたw

 

f:id:Seipon2:20180617194751j:image

ささき隊長だれそれ

続いて、おそらくGifteのタイトルをご覧になってお感じの方もいることでしょう。

「ささき隊長とは何者だ?」と。

安心してください、ずばり、TVにも登場している有名人らしいですよ!!

プロ・ナチュラリスト(プロの自然解説者)

毎日のようにいろいろな場所でいろいろな人々にいろいろな方法で自然界の魅力を伝え続けています

平成28年度第22回NHK関東甲信越「地域放送文化賞」受賞

NHK総合「ひるまえほっと」テレビ朝日「スーパーJチャンネル」などレギュラー出演中

著書に「ぼくらはみんな生きている」講談社「ナンコレ生物図鑑」旬報社「野遊びハンドブック」光文社などがある

佐々木 洋さんのプロフィールページ

Gifteによると、「自然観察をエンターテイメントにしたレジェンド」なんだとか。

(す、すげー人じゃねーか。。)

まとめると、今回は、自然溢れる猿島をプロの自然解説者であるささき隊長とともに楽しんできたよ、という体験記なんです←

猿島探検

さて、ここからは、そんな猿島で探検したことを写真をもとにご紹介するコーナー。

無人島のくせに

猿島。

ぶっ飛んでいるのは名前だけではありません。

無人島のくせに、なんですか?このホモサピエンスが大挙して押し寄せる様は!

 

f:id:Seipon2:20180617194516j:image

 

驚くなかれ、なんと日中は1日あたり2万人が訪れるんだそうですよ。

だけども、夜になるとみんな戻ってくるんですって。

・・・無人島なのか?

 

f:id:Seipon2:20180617194159j:image

 

猿島上陸!

船に乗ること10分程度。

ついに島が見えてきました!

 

f:id:Seipon2:20180617194112j:image

 

到着するや否や・・・

 

f:id:Seipon2:20180617194423j:image

 

雪崩を打って駆け込む我らがホモサピエンス一同。

 

f:id:Seipon2:20180617194315j:image

 

ささき隊長節、炸裂

プロ・ナチュラリスト、ささき隊長との体験は到着後すぐに始まりました。

みよ、この熱狂をw

 

f:id:Seipon2:20180617194244j:image

 

磁石で砂鉄を取ったり(砂浜で取れるんですよ!)、虫を捕まえたり、ささき隊長が動けばみんなが動くという、幼少期のサッカーボールを追いかける少年の集団を思い出しました(注:サッカーボール=ささき隊長、ではない)

 

f:id:Seipon2:20180617194256j:image

 

そこに佇む謎めいた形の石。

プロ・ナチュラリストが、アニメのなんとかに出てくるキャラクターに似ていると言っていましたが、ごめんなさい。忘れました><

 

f:id:Seipon2:20180617194438j:image

 

トンビの襲撃を生で見た

よくTVで、トンビが人間を襲って食料なりをかっ攫うなんてニュースを聞きますが、実際にみたことはないですよね?

でも、猿島では、割と普通に見れます!

まぁ、襲われている人からすればたまったもんじゃないんでしょうけどw

 

f:id:Seipon2:20180617194038j:image

 

翼を広げてユラユラ〜っと飛んでいたかと思いきや、一気に直角に降りていく様はカッコイイの一言。

 
f:id:Seipon2:20180623182702j:image

 

ちなみに、カラスとトンビが対決したらカラスが勝つんだそうですよ。

意外ですね。。

ラピュタの世界

ここからは海岸線を離れて、猿島の自然巡り。

ラピュタの島に相応しい絶景がたくさんありました。

 

f:id:Seipon2:20180617194100j:image

 

絶対マイナスイオン出てますよ!

 

f:id:Seipon2:20180617194801j:image

 

無人島を好きになりそう・・・

 

f:id:Seipon2:20180617194127j:image

 

夜はムカデだらけらしいけれどもw

 

f:id:Seipon2:20180617194401j:image

 

歴史遺産もあるそうで、

 

f:id:Seipon2:20180617194222j:image

 

なかなかなスポットです。

 

f:id:Seipon2:20180617194054j:image

 

自然もすごい。なんだ、この葉っぱの生え方は!

 

f:id:Seipon2:20180617194505j:image

 

アジサイも鮮やかで美しい・・・

 

f:id:Seipon2:20180617194219j:image

 

絶景スポット

景色も素晴らしかったですよ!

 

f:id:Seipon2:20180617194405j:image

 

それなりの高低差がありましたが、

 

f:id:Seipon2:20180617194756j:image

 

登ってきた甲斐があるなぁと。

 

f:id:Seipon2:20180617194231j:image

 

ひんやりした洞窟もあるし、

 

f:id:Seipon2:20180617194252j:image

 

自然まるごとって感じですね。

 

f:id:Seipon2:20180617194103j:image

 

子どもたちはかなりお疲れだったみたいですが、

 

f:id:Seipon2:20180617194108j:image

 

なかなか楽しい旅だった!

 

f:id:Seipon2:20180617194208j:image

 

まとめ:最初で最後の無人島体験?!

さて、体験記はこのあたりで終わり!!

まとめましょう。

正直な話、当日この猿島に行くまでは「遠いし疲れそうだな…」くらいに思っていましたが、体験すると、いや、まじで良かったです。

普段目にすることのないものを見て(トンビの襲撃シーンは刺さりました!)、触ることのないものを触り(コケなんて何年振りに触ったことか)、ラピュタの島が織りなすマイナスイオンと絶景に浸れるなんて、どんな贅沢ですかw

これが都会から2時間そこらで行けるってのは、実はすごいことなのかも?!

とはいえ。

多分、ぼくはもう猿島には行かないと思うんですね(何

いや、行きたくないわけではないんですけど、そうそう機会ないだろうなと。

そうだとすると、実はこの旅は、ぼくの人生で最初で最後の無人島体験かもしれない…

プライスレス。

ほんだらのー!

 

f:id:Seipon2:20180617194409j:image