パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

イマドキの子ども向け辞書の進化は体験の価値あり!ブームの火付け役「辞書引き学習法」も知っておけ。

スポンサーリンク

早いもので、我が家の長男も小学生となり、イッチョマエに漢字や国語を学んでます。

そんなある日、おもむろに妻が言ったんですよ。

パパさ、1回さ、本屋の辞書コーナー行って来なよ。最近の子ども向け辞書いろいろ面白いから。ブログネタになるよ〜

え?そうなの?辞書・・・ってあの辞書?

というわけで今日は辞書のお話です。

林修先生「辞書は引くものではなく読むもの」

そういえば、林修先生がTV番組『初耳学』で「辞書は読むものだ」と謳ってました。

番組では、林氏が今年1月に発売した「広辞苑 第七版」について語る場面で、「辞書は小説などと同じく読むもの」という持論を唱えた。 林氏によると、優秀な東大生たちに「小学校入る前に何をやっていたか?」と尋ねたところ、「全員共通で、とにかく辞典を読むのが楽しかった」と返答したという。

「辞書は読むもの」広辞苑を2度読破した林修先生が持論展開 - ライブドアニュース

いや〜僕だって思いましたよ。

「そーだそーだ、辞書は引くものじゃなくて読むもんだぞ」。

…というのは、もちろん嘘で、「正気かよ?辞書って引くものじゃねーのかよ。。」ってね。

本屋に居並ぶ辞書たち

とにかく、物は試し。

実際に見てみないと始まらないってことで行きましたよ。

わざわざ、子ども向け辞書を見るっていう目的で本屋にまでねw

・・・

そしたら、なんだこのカラフルなのは?

 

f:id:Seipon2:20180603095416j:image

ドラえもんにミッキーまで

辞書コーナーが超カラフルです。

あれ、、辞書ってこんなに種類豊富だったっけな・・・

しかも表紙にはドラえもんやミッキーまで。

ほっほー、これは子どもは取っ付きやすいわけだ。

 

f:id:Seipon2:20180603095409j:image

オールカラーの衝撃

試しに一冊手に取って開いてみたら、まさかのオールカラー!

あれ、、俺の小さいころって辞書って白黒だったような・・・

イマドキの辞書って、超絶リッチすぎやしないかい笑

 

f:id:Seipon2:20180603095413j:image

いちいち読みやすい

さらに驚くべきはその内容。

イラスト付きの例文に、似ている漢字、この字のヒミツ、特別な読み方まで。

オイオイ、なんだこの充実度は・・・そして俺も知らないことが載ってる。。

 

f:id:Seipon2:20180603095802j:image

子ども向け辞書の火付け役

ひとしきり本屋さんで実物を見ながら、twitterで検索していたところ、ぼくと同じように「子ども向け辞書が凄いぞっ」という記事を発見。

辞書、低学年でも楽しく フルカラー、易しい説明/幼児向けも:朝日新聞デジタル

ブームで出版続々 子ども向け辞書、人気の秘密|ライフコラム|NIKKEI STYLE

親子で体験「辞書引き学習」 話題の勉強法の効果は?|ライフコラム|NIKKEI STYLE

読んで行くうちに、どうやら今の子ども向け辞書の隆盛には仕掛け人らしき方がいることが判明。

その名も、深谷圭助先生の辞書引き学習法

あれ、林修先生は辞書は引くものじゃなくて読むも(ry

辞書引き学習法とは

少し長いですが、深谷圭助先生の公式HPに詳しい説明があったので引用します。

(太字はぼくが付けました!)

「辞書引き学習法」とは、主に、「国語辞典」を活用して学ぶ学習法と「漢字辞典」を活用して学ぶ学習法をさす。

国語辞典を活用する「辞書引き学習法」は、かな文字を習い始める小学校1年生から国語辞典を与えることで、日常生活における疑問や、子どもの生活上で登場するものやことを調べさせ、自ら学ぶ態度や自ら学ぶ学び方を習得させようとする学習法である。 また、漢字辞典を活用する「辞書引き学習法」は、漢字を習い始める小学校1年生から漢字辞典を与えることで、漢字の部首に着目して、漢字を調べたり、系統的に覚える学び方を習得させ、自ら漢字を興味を持って学ぶ態度や漢字を読み書きする力をつける学習法である。

「辞書引き学習法」は、付箋紙に、辞書で調べた言葉を書き込み、辞書にはさむというプロセスに特徴があり、小学校1年生の児童でも、数千枚の付箋を辞書にはさむようになる。 来、学習指導要領上では、小学校3〜4年生からの指導することとなっていた辞典指導を小学校1年生から、しかも文字を教えるタイミングと同時に導入するというあまり例のない指導法であったが、『7歳から「辞書」を引いて頭をきたえる』(すばる舎)の刊行以来、全国各地で、小学校低学年からの辞書指導を行う小学校、塾、家庭などがあらわれるようになった。

プロフィール | 辞書引き学習の深谷圭助公式ホームページ

子ども向け辞書ブームの功労

そう、どうやらこの本がチャッカマンのようです!

要チェックやで!!

 

 

まとめ:さぁ、乗るんだ!この辞書のビッグウェーブに!

本屋見学を終えて妻との会話。

いやー、本屋凄かったわ!

でしょ!うちの子はなぜか毛虫ばかり調べてたよ。ある辞典で毛虫を調べて、また、別絵の辞典で毛虫を調べて・・・

それは、、、なぜだ?

分かんない。ちなみに、次男くんはレゴニンジャゴーのキャラクターの辞典を読みまくってるのよ。勝手に読み進めてて、辞書だか辞典だか分からないけど、なんだか凄いわ

そ、そうか・・・

 

 

というわけで、子ども向け辞書コーナー、騙されたと思って一度行ってみるべし!

“ブーム”らしいですし、本屋散策するだけでも結構楽しめますよ^^ 

ほんだらのー!

参考:我が家の子どもが使っている辞書はこちら

我が家はこの2冊です。

ちなみに、最近の辞書って軽くなってるんだそう。確かに手に取ってみると軽いような・・・