パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【体験記】ブログで読むチームラボ「未来の遊園地」。子どもと一緒に味わうクラブの雰囲気とデジタル空間。

スポンサーリンク

夏休みシーズン真っ盛り。

こういう長期休暇の時期にはいろんな子ども向けイベントが開催されるわけですが、最近はチームラボという団体が「未来の遊園地」というテーマで頻繁にイベント出展しています。

・・・みなさん、行ったことありますか?

今日は、かれこれ通算5回くらい行ったことあるぼくが、簡単にイベントレポート書いておきましょう。

 

f:id:Seipon2:20170812154703j:image

チームラボなにそれ

さて、まずはチームラボとはなんぞやという話。

一言で言えば、芸術系イベント企画集団です。

チームラボとは 2001年東京大学大学院の学生を中心に活動開始。 様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を超えて活動している。大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニングから、ミラノ万博2015の日本館、ニューヨークPace Gallery、ロンドンSaatchi Gallery、パリMaison & Objet、47万人が訪れたお台場のチームラボ展など、世界中で展覧会を行っている。

チームラボアイランドとは | チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地

公式の説明を見たことなかったけど、こうやってみると意外とすげーな…

サイトはこんな感じ。

f:id:Seipon2:20170812201247p:plain

未来の遊園地=チームラボアイランドとは

そんなチームラボが提供する主力イベントの1つが未来の遊園地。

日本全国津々浦々で開催されてますよ。

共同で創造する「共創」の体験を学ぶ

今の子どもたちが、30年後にどんな仕事をしているか、想像できるでしょうか? テクノロジーの発展とともに多くの仕事が機械に取って代わられる未来の社会においては、人間の創造性がいっそう大切になると私たちは考えています。同じアート空間の中で、自由に体を動かし互いに影響を与えながら、共同的で創造的な「共創」の体験を楽しむことのできる場を創っていけないだろうか。そしてこのような体験を楽しむことを通して日々を共創的なものに変えていけるのではないだろうか。チームラボアイランドは、このような願いから生まれたプロジェクトです。

チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地

 

そんななかでも今回行ってきたのはこちらのイベント。 

f:id:Seipon2:20170812154631j:image

 

なぜかバイトルpresents笑

  • 展覧会名:バイトル presents チームラボジャングル - Kids Noonと学ぶ!未来の遊園地
  • 会期:2017年7月28日〜2017年9月10日
  • 会場:ヒカリエホール 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2丁目21-1渋谷ヒカリエ 9F
  • 主催:チームラボジャングル東京2017実行委員会
  • 料金:大人(15歳以上) 当日 ¥2,200、バイトル学割(大学・高校生など) 当日 ¥1,800、小人(3歳以上~中学生以下) 当日 ¥1,200
  • バイトル presents チームラボジャングル - Kids Noonと学ぶ!未来の遊園地 | teamLab / チームラボ

過去にも「未来の遊園地」はお台場などで実施されてもいますが、今回は新しくチームラボジャングルというものが加わっていまして・・・

光と音楽と映像で魅せる!

チームラボジャングル

一言で言えば、子ども向けのクラブですよ。

見よ、この光源の眩しさ><

 

f:id:Seipon2:20170812154451j:image

 

目には悪そうな予感・・・

 

f:id:Seipon2:20170812154600j:image

 

子どもたちは無邪気に光に手を伸ばす、そしたら、光が逃げていく。

 

f:id:Seipon2:20170812154545j:image

 

気がつけば、迫り来る光に触ろうとピョンピョン飛び跳ねる子どもたちが、大人の手や腰を蹴散らしていき…

 

f:id:Seipon2:20170812154530j:image

 

そこになぜか光源を纏ったボールが雪崩れ込み、、

 

f:id:Seipon2:20170812154617j:image

 

ボール触りたさに会場はカオスに・・・

 

f:id:Seipon2:20170812154512j:image

 

さらにタンバリンを身に纏った台車が登場、

 

f:id:Seipon2:20170812154436j:image

 

けたたましい音楽と目映い光、

 

f:id:Seipon2:20170812215737j:image

 

最後はそれらに加えて紙吹雪まで・・・

 

f:id:Seipon2:20170812154500j:image

 

ここまで約1時間・・・。

丸いミラーボールが登場したあたりから、「これってクラブとかディスコだよな?」と思っていたらまさに同じような感想を持たれたお方が!

 

 

ですよねぇ笑

はっきり言いましょう!

このイベント、親泣かせですw

飛び跳ねる子どもを見守りながら、時折ボールに触れさせるために抱っこしたり…、なかなか親の体力を奪うイベントでした笑

未来の遊園地

チームラボジャングルが終わったら未来の遊園地へ。

#注:チームラボジャングルは時間制です。その前後に未来の遊園地を楽しめます(再入場可能)。

ここでは、完全デジタルというよりも、自分たちで絵に生命を吹き込める場所。

ほら、手作りの作品が・・・

f:id:Seipon2:20170812154401j:image

 

さすが、色は鮮やかだな。。

 

f:id:Seipon2:20170812154418j:image

 

キリン!

 

f:id:Seipon2:20170812154332j:image

 

シマウマ!

 

f:id:Seipon2:20170812154328j:image

 

沢山の絵の上から滑り台という贅沢。

 

f:id:Seipon2:20170812154358j:image

 

詳しくはコチラからどうぞ。

www.teamlab.art

 

 

混雑具合、その他注意事項など

こういうイベントは混雑具合が気になりますよね。

我が家が行った日はたまたまお盆シーズンだったからか、思ったほど混雑していませんでした。

ちなみに、チームラボジャングルはこんな感じでスケジューリングされていて、これに合わせてランチや未来の遊園地を楽しむのがいいと思います。

ちなみに、注意事項のページには次の内容が載ってますので、これから行かれるという方はご参考になさってください。

  • 車椅子・ベビーカーについて
  • 貴重品について
  • 怪我について
  • 飲食について
  • ゴミについて
  • タバコについて
  • ペットについて
  • 映像・写真撮影について

まとめ:「学ぶ!未来の遊園地」で学ぶのは子どもだけじゃない

まとめます。

「チームラボのイベントなんて行ったことないよ」という方は、是非ね、一度行ってみてください^^

「学ぶ!未来の遊園地」なんて銘打たれてますけど、学ぶのは子どもだけじゃない。

  • チームラボという日本を代表するクリエーター集団の1つが提供する、デジタルな遊びがどういうものか
  • 子どもたちはそれを見てどう反応するのか

子どもと一緒に行くからこそ、学ぶ親の学びがそこにはある。

ちなみに、通算5回も行ったぼくは、もう随分と慣れてしまった・・・

運営企業・団体を聞かなくてもイベントの中身見ただけで、チームラボのヤツだって気付ける自信あるよ笑

ほんだらのー!