パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【感想】『流』直木賞小説で読む、台湾の近現代史。どこの若者も青春はハチャメチャだね。

スポンサーリンク

最近、近現代の歴史小説にハマってまして。

歴史っていっても日本だけの話じゃなくて、他の国も登場する、世界史的なヤツね。

なんつったってアタリに出会う確率が高いんですよ!

 

 

そんな気持ちを持って本屋をテクテク歩いてたら・・・

見つけたぜぃ、いやっほー!

『流』(東山彰良著)

目に飛び込んでくる「直木賞受賞作」という言葉。

 

 

なんぞこれ、と思って裏表紙を見ると、

一九七五年、台北。内戦で敗れ、台湾に渡った不死身の祖父は殺された。誰に、どんな理由で? 無軌道に過ごす十七歳の葉秋生は、自らのルーツをたどる旅に出る。台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。激動の歴史に刻まれた一家の流浪と決断の軌跡をダイナミックに描く一大青春小説。選考委員満場一致、「二十年に一度の傑作」(選考委員の北方謙三氏)と言わしめた直木賞受賞作。

台湾と日本・・・、俺の好きな小説のタイプやん(ジュルル 

 

小説で読む台湾の数奇な運命

ストーリーの主な舞台は台湾。

日中戦争、第二次世界大戦、共産党と国民党の血みどろの戦い。

今、「台湾」という言葉を聞いて無意識に想像する国家像が、いかに複雑な歴史と危ういバランスのうえに成り立っているのか。

「1968年台湾生まれ。5歳まで台北で過ごした後、9歳の時に日本に渡る。」という希少な経歴を持つ著者だからこそ、紡ぎ、炙り出せるリアリティ。

たった50年くらい前の話なのに、信じられないようなことがこれでもかって並んでた。読んだ後に胸がきゅうとなっちゃったよ。

台湾青年が挑む推理小説

話のストーリーは実は推理小説。

1975年時点で17歳の台湾人の主人公が、祖父の死の裏側に何があるのかを突き詰めてく。

 

 

この本が凄いのは、日本人にとって馴染みのない台湾のふとした日常を圧倒的な日本語力で描き上げるところ。

これはね、読まないと分からないと思うんだけど、文章がほんとうに豊か。

 

 

アジアのカオス感、じめじめとした空気、日常を取り巻く様々な要素があたかも人間のように活き活きと動き出すあの感じ。

その余韻を味わいたいなと思って何度も同じ文章を読んじゃう。

こんなの初めてだよ。

生粋の日本人にどれだけ、この文章力を持つ人がいるのか。

 

 

「栞(しおり)に登場人物」というイノベーション 

この本のちょっとしたイノベーションは実は栞(しおり)

だいたいの小説って、冒頭に登場人物の一覧とさ、舞台となる場所の地図なんかが書いてあったりするんだけどさ、この本は・・・

 

f:id:Seipon2:20170812183524j:image

 

新しいでしょ笑

まとめ:青春っていいね。

やっぱりさ、どこの国でも青春時代ってあるんだね。

ただ、この本が描いているのは、ただ1人の台湾人の青春時代だけじゃなくて、 台湾という国の青春な気がする。

日本に当てはめると、同じ時期の日本人の青春時代といえば、村上龍の『69』で。

 

 

一方、日本国の国家の青春は坂の上の雲なんじゃないかって、僕は勝手に思っている。

 

 

あー、本屋さんやりたいなあ。

ほんだらのー!