パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【体験記】玩具・おもちゃ業界は絶滅危惧種だけど、銀座・新橋の博品館には生態系がきれいに残っていたよ

スポンサーリンク

妻の勧めもありまして、銀座にあるおもちゃ屋さん、博品館に行ってきました!

f:id:Seipon2:20170718155939j:image

かれこれ通算3回目でしょうか。

行くたびに新しいおもちゃが登場して、毎回気付きが多すぎて我ながらビビるw 

f:id:Seipon2:20170718160102j:image

 

子どもと一緒にぼくもついつい童心に帰っちゃって、子どもと遊んじゃいましたよ笑

開店の11:00に行って、気付いたら12:30を回ってましたからね・・・

f:id:Seipon2:20170718160654j:plain

 

時も忘れるとはまさにこのこと。

博品館様には申し訳ないことにぼくは商品を購入しなかったんですが…(妻は買ってましたよ!)、「おもちゃ屋さんってこうだったよね!」と昔を懐かしんじゃいましたよ。

では、いつも通り体験記を簡単に。 

銀座博品館TOY PARK

f:id:Seipon2:20170718132035p:plain

銀座・新橋にあるおもちゃ屋さん

銀座から少し歩くこと10分強でしょうか。

新橋/汐留寄りの場所の一角にそのビルはあります。

銀座博品館:店舗案内

驚きの1899年(明治32年)創業。

1921年(大正10)年、4階建ての近代ビルに改築され、銀座の商店では初めてエレベータを設置して評判となったんだとか。

いやー、もうこれだけでも社会科見学として行く価値ありまくりですから笑

創業80年を記念して1978(昭和53)年に現在の10階建てのビルを建てたそうで、そのうちの1階〜4階が博品館トイパークになっています。

驚くなかれ、1986(昭和61)年には、日本一大きなおもちゃ屋さんとして、ギネスブックにも名を連ねていたそうですよ!(世界一はなく日本一という形でギネスブックに載れるのかという疑問はありますが…w)

Wikiに載っている絵葉書の絵が映える。

地下1階~4階が玩具売場、5・6階がレストラン街、8階には博品館劇場が設けられている。1986年には、日本最大の玩具店としてギネスブックに掲載された。

f:id:Seipon2:20170718134353p:plain

博品館 - Wikipedia

しばらく忘れていたおもちゃ屋さんの世界

さて、そんな博品館ですが、1階から4階までおもちゃの館って感じw

f:id:Seipon2:20170718160915j:plain

 

もうね、見る人がみたらキャッキャ間違いなしですよ。

その証拠に外国人の方もわんさかいたし!

f:id:Seipon2:20170718160712j:plain

 

そんな光景を見ると、自分は博品館と何の縁もないけど、勝手に嬉しかったり誇らしくなったりして(←

4F ゲーム&ホビー:TVゲーム・ボードゲーム・トランプ&カードゲーム・トレーディングカード・ジグソーパズル・ パズルゲーム・プラモデル&キャラクターTシャツ・手品 ・ RACING PARK

3F おもちゃ&キッズトイ:男児玩具・女児玩具・幼児キャラクター・トミカ&プラレール・ラジコン・KIDS&BABY PARK・BRIO PARK・木製玩具&子供向け家具・ブロック

2F ぬいぐるみ&キャラクター:ぬいぐるみ・電動どうぶつ・絵本キャラクター・オルゴール ドール・キャラクターグッズ ディズニー ジブリ サンリオ サンエックス・動物のフィギュア・恐竜のフィギュア・和物・なつかし玩具

1F バラエティグッズ:ライフスタイルグッズ・パーティーグッズ・ステーショナリー・インテリアトイ・ファッショングッズ・ウォッチ&クロックシーズナルグッズ

銀座博品館:フロアガイド

ではここからは写真を交えつつ。

バリュエーションがマジ多様すぎて、おもちゃの生態系について想いを馳せちゃいます。

どうでもいいけど、将棋って本格的なものを買おうとしたら10万円超えるんだな… 

f:id:Seipon2:20170718160200j:image

 

イマドキのハンドスピナーもあった!

 

f:id:Seipon2:20170718160753j:plain

f:id:Seipon2:20170718160146j:image

f:id:Seipon2:20170718160811j:plain

f:id:Seipon2:20170718160635j:plain

f:id:Seipon2:20170718160831j:plain

f:id:Seipon2:20170718160042j:image

f:id:Seipon2:20170718160857j:plain

 

f:id:Seipon2:20170718160934j:plain

 

あ、そうそう、店舗内にベビーカーは普通に持ち込めます。

・・・が、通路はそんなに大きくはありません。

我が家は迷惑にならないスペースにベビーカーを置いておもちゃ巡りしてました。

でもって、エレベーター。

勿論設置されているんですが、中は不思議な匂いがします。

どうやら油圧式で動かしているからとのこと。

その説明文がエレベーター内に書かれてあってので詳しくはそちらを見てみるべし。

f:id:Seipon2:20170718160131j:image

おもちゃ屋さんは絶滅危惧種

博品館に来ると、自分が幼かったころのおもちゃ屋さんを思い出します。

昔はね、おもちゃ屋さんといえば、新しいゲームソフトが発売される時には行列が出来たり、新しいカードダスが出たにはお札を硬貨に両替しまくってる人がいた記憶がありますけど、最近じゃ店舗そのものがレア。

そもそもスマートフォンの登場で「おもちゃ」の定義も何じゃらほいって感じだし。

それらをひっくるめて考えると、おもちゃ業界は絶滅危惧種といっても過言ではないでしょう。

f:id:Seipon2:20170718160022j:image

 

実際、おもちゃ業界を取り巻く環境はかなり厳しいみたいで、2014年にはこんな記事が。

最大の懸念は町のおもちゃ屋さんが急激に数を減らしていること。30年前には全国で1万店を超えていた玩具店は1996年度調査で6171店、2005年度で3148店と半減。現在はさらに危機的な状況であることが想像できる。

おもちゃ屋さんの生きる道:日経ビジネスDigital

これは体感値では理解出来ても数字で見ると結構な衝撃。

むむぅ。

f:id:Seipon2:20170718160118j:image

まとめ:博品館がおもちゃ博物館にしないためにも

さて、博品館に戻しましょう。

絶滅危惧種のおもちゃ業界にあって、数少ないお客さんを呼べる店舗。

そこにはおもちゃ業界の生態系がきれいに残っている。

壊しちゃいけないですよね。

・・・次は何か購入せねば汗

 

ほんだらのー!

 

f:id:Seipon2:20170718155953j:image