パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

騙されたと思って試すべし!子どもはクロスワードパズルが大好きだと判明。

スポンサーリンク

ある日、妻が言いました。

いつもさ、子どもがレゴ作るときに参考にする絵ばっかりの説明書あるじゃない?今まで、子どもたちは“レゴの地図”って言ってたのに、今日はちゃんと“取扱説明書”って言えてたんだよ!

なるほど、説明書を「レゴの地図」っていう表現が面白いよね笑 しかし、取扱説明書なんてどこで覚えてきたんだ・・・?

クロスワードパズルに夢中

ちなみに我が家の長男、小学校1年生であります!

ね、どこで覚えてきたんだか笑 そういえばね、前お友だちと電車で一緒になったとき、子どもがクロスワードバズルやってたんだけどさ、みんなで問題の奪い合いしてたよ。謎解きみたいで面白いんだろうね

ふーん

やっぱりさ、日常生活のなかで出てきて初めて覚える言葉ってあるよね。そういう言葉を思い出したり当てたりするのがよっぽど楽しかったのか、さっき、自分で問題作ってたよ笑

それは凄いねw

だからさ、クロスワードパズルの本を買ってあげたいなと思って。意外と楽しんで勉強してくれそうだし!

オK!

オススメのクロスワードパズル本

というわけで我が家が購入したのがこちらのクロスワードパズル本。

 

 

レビューのコメントはこんな感じ。

漢字に興味をもつ小学一年生の息子に、さっそくこのクロスワードをさせてみたら、あっというまに、「全部できたよー」との声。驚いて点検すると、結構できているではありませんか!このクロスワードのよいところは、漢字の読みを中心にとても気軽にできるということです。漢字の読みから入って、漢字の書きに入る順序は、漢字の学習の進め方としてとても良いと思います。漢字の読みからクロスワードにして、漢字を書くことへ向かっていくことで、どんどん学年の漢字に関わらず学習を進めることができるので、1年生の子どもでも気楽に進められるようですね。

我が家の子どももこれで楽しんでくれるに違いない・・・と思ったものの、まだ6歳の新小学1年生にはちょっと難易度が高いかもしれない。

ほんのちょっとだけ、難易度が低そうなこちらにしておけば、よりよかったかも・・・!

 

 

レビューのコメントはこんな感じ。

語彙が少なめの小一に購入。私自身が子どもの頃クロスワードにハマっていて、子どももパズルが好きなので前からクロスワードパズルを教えてあげたかったのです。しかし大人向けのものは語彙の少ないうちの子には難しいものが多い…。いろいろ調べてこちらを発見。ほぼ答えのようなヒントも書いてあるし、時々大人が助けてあげればほとんど1人で解けます。お出かけ先にも持っていけるサイズ。最初はコピーして何度もやらせる計画だったのですが、ちょっと見せたらどんどん解いてしまい、また他のシリーズを買うことになるかな(^_^;)答えのページもカラフルで、一言メモのようなものもあり、楽しみながら語彙が増えると良いな〜と期待しています。人生初めてのクロスワードパズルにはぴったりだと思います。

まとめ:問題を見れば、子どもがハマるのも分かる

親御さんのみなさま、一度本を買って問題をみてください!

子どもが好きそうな問題がたくさん載ってるから笑

 

f:id:Seipon2:20170416133158j:image

 

買えば分かるさ。

ほんだらのー!

#参考:今思えば、クロスワードパズルって、謎解きやナゾトレに近いものがあるよね。ふむふむ。

知らぬ間に妻と子どもが謎解きにハマっていた件。アナザービジョン、ナゾトレ、Rの法則…って何なんだ? - パパジン - papazine -