パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

出産祝いのプレゼントでいただいた日本人形。その値段を知ったら急に愛着が湧いた話。

スポンサーリンク

いわゆる日本人形って、どこの家庭にでもあるもんなんですかね?

 

f:id:Seipon2:20170401221216j:image

出産祝いのプレゼント

我が家には日本人形があります。

しかも2体w

1つは鯉のぼりをもった五月人形らしきもの。

 

f:id:Seipon2:20170401221216j:image

 

もう1つは鏡獅子の白髪バージョンらしきもの。

 

f:id:Seipon2:20170401221210j:image

 

「らしきもの」ってのは自分で買ったわけじゃないから推測なんですよ。

いずれも我が家に子どもが誕生したときに、親戚の伯父さまがお祝いでくださったんです。

目ん玉が飛び出そうな日本人形の価格

だからでしょう。

正直、たま〜にまじまじと見て、妻と「収納が少ない家でただでさえ困ってんのに、場所取るんだよな〜、なんとかならんかな」「なんだか不気味だけど、癒されるよね」くらいの会話しかしてなかったんですけど、あるとき、某百貨店の五月人形のパンフレットを手に取ったんですよ。

で、パラパラ開いていたら、目ん玉飛び出そうな金額が並んでまして・・・

だって、ウン万円は当たり前、なかには数十万円するものもあるんですもん

「あれ、ウチの人形ってひょっとして?」

Amazonで調べたら案の定・・・

例えば、この鏡獅子。

我が家のそれと比べると可愛げあっていいなと思うけど、値段が・・・

 

 

ダース・ベイダーの五月人形も期待通りの値段設定になっとるw

 

 

人生初の「人形の久月」サイト

その金銭的価値を把握してしまうと、多少なりとも興味は膨らむもの。

「我が家の人形のメーカーは」と見てみると・・・

 

f:id:Seipon2:20170401221221p:image

 

出た!

言わずと知れた「人形のきゅ〜げつぅー♪」

 


人形の久月CM

 

正直、人形の久月のHPなんて初めて見ましたけどね、まあ渋いんですよ!

雛人形、五月人形、羽子板、破魔弓は人形の久月

 

f:id:Seipon2:20170401211932p:plain

 

江戸時代の天保6年の設立ってんだから、歴史あるよね(太字参照)。

そりゃ「人形のきゅ〜げつぅー♪」てなりますよw

弊社は江戸時代、天保六年に創立され、百八十余年の歴史を有した日本を代表する人形の製造問屋です。扱い品目としては主に、「ひな人形」「五月人形」「羽子板・破魔弓」に代表される「節句人形」と、通年扱っている「日本人形」「フランス人形」「博多人形」「ヌイグルミ」等があります。叉、人形の普及を考え「人形学院」を開校していると共に「久盛実業」という子会社には、「ヌイグルミ」等の製作部門を設けて商品の開発、製造を行っています。

新築・開店祝いから退職記念まで幅広い用途

オンラインショップもあって。

江戸時代よりの人形専門店 人形の久月 オンラインショップ

そこには、人形の用途が次のようにまとまってました。

  • 新築・開店祝い
  • 敬老・叙勲・栄転祝い・退職記念
  • 結婚祝い・引出物
  • 出産祝い
  • 海外へのお土産
  • その他お祝いに

まさかね、退職記念のときにも渡すなんて知らなんだ。

#関連エントリ :

「定年は生前葬」という発明級の比喩に拍手!小説『終わった人』が描く定年のリアルが面白い。 - パパジン - papazine -

台・屏風は別料金という衝撃の事実

でもって、サイト調べて気付きましたけどね、屏風とかって別料金なんですね。。

江戸時代よりの人形専門店 人形の久月 オンラインショップ

もしかして、あの鯉をもった子どもの背景も有料なのか・・・?

 

f:id:Seipon2:20170401221232p:image

 

五月人形にもディズニーが・・・!

さらに驚いたことを1つシェアしましょう。

ずばり、五月人形という日本人形のジャンルに対するディズニーの攻勢ですよ。

凄まじいですよ笑

リーズナブルなものから高価なものまで幅広く揃えてある。

これは「人形のきゅ〜げつぅー♪」も戦々恐々、間違いないでしょうに。

さすがディズニー、抜かりない・・・

 

 

 

まとめ:自分じゃ買わないからこそ

ぶっちゃけましょう。

値段を知ると、我が家の2体の日本人形に謎の愛着が湧いてきました!

冷静に考えれば、彼らは子どもたちが誕生してからずっと我が家にいるんですもんね。

そういう意味では子どもたちの守護神と言ってもいいのかもしれない。

ま、自分だったら間違いなく買ってないだろうけどw

だからこそ、出産祝いにピッタリということなのでしょう。

 

こちらからは以上です。

ほんだらのー!