パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

日曜早朝から子どもの習いごと。その価値は「習いごとに連れて行く途中の会話」にあった。

スポンサーリンク

年度の変わり目ということもあり、我が家も習いごとの取捨選択の時期になりました。

世の中の親御さんの中には日曜日の朝に習いごとを「突っ込む」かどうかで悩んでいる人もいることでしょう。

今日はそんな人たちに、ぼくが先輩から聞いたお話を共有しましょう。

まとまりない文章だけど、読んでらっしゃい、見てらっしゃいw

f:id:Seipon2:20170219173551p:plain

何かを始めるために何かを辞める

この時期、我が家も例に漏れず、「子どもたちには次の年度から何を始めてもらおうかなぁ」なんて新しい習いごとに想いを馳せたりもします。

が、コトはそう単純ではなくて笑

まず、何かを始めるには何かを辞めないといけない・・・

そうしないと、親子ともに回らないな、って笑

なんだかんだ、今まで日曜日はサッカー教室あったんですけどね、朝早すぎて最近はあまり行け(ry

日曜日の朝に習いごと・・・

もともと無理があったといえばあったんです。

その理由は、サッカー教室の開催日時。

だって、毎週日曜日の朝8時からやるって話なんですもん涙

言わずもがな、貴重な日曜日の朝の時間。

ゆっくり朝寝をしたいかもしれないし、朝早くからどこかにお出かけしたいかもしれない。

そんな貴重な日曜日の朝を、愛すべき息子のサッカー教室のために捧げる・・・。

当然こんな気持ちがありましたよ。

ぼく1)「せっかくの日曜日、サッカー以外に子どもとお出かけすべき場所はもっとあるんじゃないか?だって、朝早い方が絶対空いてるぞ?」

あるいは、

ぼく2)「長男がやりたいと言ってるんだ、やらせなくてどうする?それでも親か?」

まさにせめぎ合っていたわけ。

価値は習いごとの道中にある

そうしたもどかしい時期に会社の先輩から次のような話を聞いたんです。

#ちなみに、この先輩、平日は小学生のお子様と触れ合う時間がなかなか取れない、という方です

先輩)「俺もさ、上の子がさ、野球やっててさ。結構大変なのよ〜、この前なんて朝の8時に木更津だよ。眠いのなんのって。

でもね、まぁそういう辛さもあるんだけど、大事だと思ったんだよね。子どもが好きなスポーツをするだとか習いごとするだとか、それそのものも大事なんだけどさ。そういう習いごとに連れて行くのって結局、親なのよ。そうすると、何が起きるかというとね、話すんだよね。車の中とか、電車の中とかで、学校がどう、友達がどうって。で、これって凄い大事だと思ってさ。

平日ってやっぱ仕事だとか飲みにいったりだとかで、やっぱりなかなか話す時間ないでしょ?そういう意味では凄い貴重。だから、サッカー教室でも何でもいいけど、やらせるならやらせればいいと思うよ。それによって子どもと親が話す時間が生まれるってのが何よりいいよね。」

なるほど、と思いましたよ。習いごとにはそういう効能もあるのかと。

確かに平日忙しくて子どもと触れ合う機会が少ないパパママにとっては、子どもの習いごとに向かう道の途中で会話をするってのは非常に有意義な時間の使い方ですね。

で、日曜日の朝はどうします・・・?

まとめましょう。

このまとまりのない記事をまとめるのも至難の技ですが・・・w

まあ、既出の先輩の意見に触れたときは、日曜日朝イチの習いごともありかなって思ったけれど・・・、

やはり睡魔との戦いは辛い><

というわけで我が家は日曜日朝は回避したく存じます

さて、来年度、あなたの家庭の日曜日はどうなりますか?

ほんだらのー!