パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【体験記】としまえん新登場の迷路(「トリックメイズ」)と「子どもの森」を楽しんできたぞ

スポンサーリンク

としまえん」ってあるじゃないですか。

都民憩いの遊園地として名高い豊島園こと「としまえん」ですが、最近そこに巨大な迷路が新誕生したという噂を聞きつけました。

それはいくしかないだろうということで行ってきたので、簡単に体験記をしたためておきます。

 

f:id:Seipon2:20170212114038j:image

としまえんなにそれ

知ってる人は読み飛ばしていただいて構いません。

そもそも「としまえん」って何なのか。

実はこのとしまえんの歴史が、巨大な迷路の「トリックメイズ」と「子どもの森」の新登場に強く関係してたりするもんでね、簡単にご紹介。

としまえんは、大正15年、当時財界人の1人であった藤田好三郎氏が所有していた土地を、運動と園芸を東京市民に広く奨励するために公開したのが始まりです。

かつて、この土地を治めていた、豊島左近太夫景村の居住跡にあたるところから、名前もそれにちなみ「豊島園」と命名されました。

としまえんの歴史|水と緑の遊園地 としまえん

株式会社 豊島園

ちなみに、としまえんって、豊島園っていう会社が運営しているんだそう。

だって、会社概要にそう書いてあるんだもん笑

会社概要|水と緑の遊園地 としまえん

社員が139名(2015年4月1日現在)というのを見ると身近で親しみを覚えると同時に、ディズニーランドが「株式会社ディズニーランド」によって運営されてなくてよかったと、なぜかホッとしてしまったw

 

f:id:Seipon2:20170212114026j:image

としまえん 開園90周年記念事業

さて、実はとしまえん、(少し前に)開園90周年を迎えたんですよ。

どうやらそのタイミングでファミリー向けの施設を増強する方針になったようで、「トリックメイズ」と「子どもの森」の登場につながったみたい(2016年11月23日にオープン)。

身体を使いコミュニケーションを取りながら "親子3世代" で一緒に楽しめる施設、というのがコンセプトのようです。

お知らせ|水と緑の遊園地 としまえん

ではここからは早速その体験談を。

トリックメイズ

木製の超大型立体迷路

まずはトリックメイズ。

サイトにはこのように説明されているんですが、

「トリックメイズ」 は5階層からなる超大型の木製立体迷路です。 数多くのアスレチックアイテムと、からくりが仕込まれたコースを縦横無尽に進んでゴールを目指します。 3世代が一緒に楽しみながら進む 「ファミリーコース」、想像力をフルに発揮しつつ難易度の高いからくりの中を進む 「知力コース」、多くの障害物やアスレチックアイテムの中を進む 「体力コース」 の3つのコースから構成されています。

迷路にチャレンジ!

百聞は一見に如かず!

 

f:id:Seipon2:20170212114051j:image

 

体力コース、ファミリーコース、知力コース。

3つの入り口があって、

 

f:id:Seipon2:20170212114111j:image

 

それぞれごとに難易度も異なるという。

我が家は長男の鶴の一声で「体力コース」という、親泣かせのコースに・・・

 

f:id:Seipon2:20170212114314j:image

 

入り口で軍手が売ってある。

嫌な予感しかしない

 

f:id:Seipon2:20170212114338j:image

 

壁越えに

 

f:id:Seipon2:20170212114133j:image

 

角材渡り、

 

f:id:Seipon2:20170212114146j:image

 

山越えにロープまたぎ、

 

f:id:Seipon2:20170212114158j:image

 

はしご・・・!?

 

f:id:Seipon2:20170212114210j:image

 

SASUKEかよw

 

f:id:Seipon2:20170212114244j:image

 

というわけで、いきなり体力を激しく消費したのでした・・・

気になる料金など

さてさて、そんな巨大迷路の気になる料金は500円也。

ちなみに、「木馬の会パスポート、1日券、のりもの券等ではご利用になれません」だそう。

でもって、身長110cm未満は成人の付き添い (有料) が必要となります。

お知らせ|水と緑の遊園地 としまえん

子どもの森

・・・からの子どもの森へ!

子どもむけフィールドアスレチック

サイトの説明はこんな感じ。

巨大な樹をイメージした空中迷路を中心に、各種スライダーや幼児向け遊具などを揃えた新感覚のフィールドへと生まれかわります!子供向け遊具だけでなく、誰でも気軽に利用できる健康遊具もありますので、3世代で一緒に楽しむことができます。

いざ入場!

親子3世代向けとはいえ・・・さあ、ここからは子どもが主役だ!(パパはバテバテ)

 

f:id:Seipon2:20170212114404j:image

 

小さい子向けのエリアもあれば、

 

f:id:Seipon2:20170212114418j:image

 

大きな子向けのエリアも!

f:id:Seipon2:20170212115147j:image

 

子どもが好きそうな色をしておる笑

 

f:id:Seipon2:20170212114431j:image

 

聳え立つ滑り台!

なんとなーく形がモスクワのアレに似ていると感じるのはぼくだけでしょうか?

 

f:id:Seipon2:20170212114450j:image

 

パパは座って穏やかに休憩子どもを見守る。

 

f:id:Seipon2:20170212114504j:image

 

気になる料金など

そんな子どもの森の料金は400円也。

「のりもの1日券、キッズのりもの1日券でご利用いただけます」そうで、 身長110cm未満は成人の付き添い (有料) が必要とのこと。

滞在時間

としまえんは通算2回目の我が家。

今回は、トリックメイズと子どもの森を楽しにきただけですが、軽く時間にして2時間程度いましたよ。

入場料とかいろいろお金はかかったけど、晴天だったし癒されましたぜ。

お知らせ|水と緑の遊園地 としまえん

まとめ:巨大迷路で疲れて子どもの森で回復!

まとめましょう。

正直、巨大迷路は疲れましたw

まあ、体力コースに足を踏み入れたときに分かってはいましたが、壁越えやSASUKEといった慣れない姿勢を強いられたからでしょうね。。(苦笑

が、これはとしまえんも考えてくれているからでしょうか、すぐ隣にある子どもの森でなんとか回復!

子どもはSASUKEが出来たことが相当嬉しかったようで、体力コースを出たあとすぐに「もう一度やりたい!」とのたまってました。

ごめんよ、迷路を2回もやる経済力体力はパパには・・・

ほんだらのー!