パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

「私の知るキティちゃんはどこ…?」コラボに明け暮れたアンドロイドキティの進化に度肝を抜かれた

スポンサーリンク

キティちゃん。

今も昔も、彼女は人気者だという。

その証拠に、別に彼女を好きでもなんでもないぼくですら、彼女を知っていて。

だから、こんなこともぼんやり思っていたわけですよ!

「キティちゃんはよく分からないけど、せっかく東京で子どもがいるだから、サンリオピューロランド行ってみたいなあ。テーマパークとしての人気も一定あるみたいだし、今いかないと人生で二度といかないと思うしなぁ」

www.puroland.jp

ところがどっこい、

な、、YOSHIKITTY!?

気がつけば、キティちゃんは昔のそれとは全く違う存在に・・・、いや、手の届かないところに行かれてしまったようで、それがあまりにも衝撃的だったので、一度まとめておくこととします。

そもそもキティちゃんなにそれ

御年42歳、キャラクター界の大御所

まずはキティちゃんが改めて何者なのかを確認。

誕生はなんと1974年。

御年42歳として日本のキャラクター界の大御所として君臨しています。

ハローキティ 1974年

身長はりんご5個分。体重はりんご3個分。明るくて、優しい女のコ。クッキーを作ったり、ピアノをひくのが大好きで、夢はピアニストか、詩人になること。音楽と英語が得意。好きな食べ物は、ママが作ったアップルパイ。双子の妹、ミミィとは大の仲良し。

誕生日:11月1日

ハローキティ | キャラクター | サンリオ

可愛い画像も拝借、と。

f:id:Seipon2:20161009111617p:plain

「キティちゃんは猫ではない、日本人ですらない」

少し前にはこんな記事も話題に。

猫じゃなかったなんて(笑)

「彼女はマンガのキャラクターです。小さな女の子であり、友達です。けれども、彼女は猫ではありません。彼女は、一度も4本足の姿で描かれたことはありません。彼女は二足歩行する生き物のように、歩いたり座ったりします」

ハローキティは猫ではない。しかも、日本人ですらない。

そして日本人ですらないなんて笑

ハローキティは、日本企業のサンリオがつくったものなので、彼女のことを日本人だと思う人もいるだろう。しかし、ヤノ教授によると実は「イギリス人」なのだという。「キティ・ホワイト」というフルネームを持つこの少女は、「永遠の小学3年生」であるイギリス人なのだ。

ハローキティは猫ではない。しかも、日本人ですらない。

キティちゃんの存在感

キティちゃんは日本のキャラクター市場で4位!

続いてキティちゃんがどのくらいの存在感か改めて確認。

以下のデータによれば、ミッキーマウスや妖怪ウォッチひしめくキャラクター市場のなかで、キティちゃんは4位につけてます!

  1. ミッキーマウス
  2. アンパンマン
  3. 妖怪ウォッチ
  4. ハローキティ
  5. スヌーピー

p-prom.com

サンリオでは不遇の存在・・・

ですが、驚くなかれ、サンリオのキャラクター大賞では、5位なんです。

まさか3位にも入っていないとはw

f:id:Seipon2:20161009113140p:plain

 

なにこれ、「世界大会に出る以前に日本代表に選ばれるのが大変」みたいな状況w

sanriocharacterranking.com

ちなみに、歴代の同大賞では、2009年までは盤石の強さだったみたいですよ。

なんでも1998年〜2009年までずっと1位だったみたいですから。

matome.naver.jp

それが最近では他のキャラクターに押され気味だそう。

「栄枯盛衰」というワードはキティちゃんには縁がないと思っていたけれど…

『キティ』は仕事を選ばない

「キティをぶっ壊す!」

そんなキティちゃん。

きっと不遇な状態が続いたから魔が差したのでしょう。

“コラボ”という大義名分のもと、自ら「キティをぶっ壊す!」かのようにグレました。

その反抗期の自己表現はNAVERまとめを見てもらうことが一番早いです。

サムネイル画像からして脅威ですよ。

matome.naver.jp

matome.naver.jp

「キティちゃん コラボ ひどい」

さらには、驚くなかれ。

「キティちゃん コラボ (スペース)」と打つと、「キティちゃん コラボ ひどい」というワードがサジェストで表示される始末。

f:id:Seipon2:20161009172436p:plain

期待を裏切らない「仕事の選ばなさ」

twitterでもちょっと検索するだけでこのありさま・・・。

 

 

 

 

 

「アンドロイドキティ」戦略

サンリオ側の意見はどうやらこういうものらしく。

過去の日経ビジネスにこんなようなことが載ってました。本文より抜粋。 

2000年代、業績不振に喘いでいたサンリオ。2009年を境に高収益体質へと転換した。原動力は海外ライセンス事業の拡大。「ハローキティ」商品は今や109の国と地域に並ぶ。脱キティ・脱ライセンス依存ー。物販改革とキャラの発掘・買収でさらなる成長を目指す。

通常は、ディズニーのキャラクターを想像してもらえればお分かり頂ける通り、キャラクタービジネスにおいては、他社によるデザイン変更は御法度なんだそう。

使い方を制限し、イメージを慎重に守るのがセオリーらしいのだけど、サンリオの場合、

「『かわいい、仲良く、助け合い』」の精神にのっとっていれば自由」

このマナーが守られている限り、ライセンシー側にある程度のデザイン変更が認められてるそうです。印象に残ったのが次の一文。

ディズニーのライセンス手法を自由度が限られる米アップルの「iPhone型」になぞらえるなら、サンリオのモデルは米グーグルの「アンドロイド型」だ。

なるほど。これは分かり易い。

アンドロイドキティ・・・!

多過ぎる競合とアンドロイドキティの焦燥

いやあ、でも、キティちゃんがグレるのも分かりますよね。

マイメロディという刺客

2014年にサンリオキャラクター大賞で1位を取ったマイメロディと戦いながら、 

ポムポムプリンの台頭

2015年・2016年に同大賞で1位のポムポムプリンとの2正面作戦を強いられてる間に

黒船、ミスターメンの来航

そうかと思いきや、サンリオが送り込んだ黒船、ミスターメン。

 

 

サンリオも鬼ですね。

いくら「可愛い子には旅をさせよ」とはいえ、英国のキャラクターを買収することはないでしょうに・・・。

Mr. Men Little Missとは、イギリスにて Roger Hargreaves(ロジャー・ハーグリーブス)氏によって描かれた絵本のキャラクターで、そのキャラクター達は人間の持つ様々な性格を表現しています。86種類ものキャラクターが登場するMr. Men Little Missの絵本は全世界で15カ国語に翻訳され、世界30カ国以上で、累計2億冊以上の販売実績があります。

www.ilovemrmen.jp

しかも、絵本可愛いじゃないか。。 

 

まとめ:アンドロイドキティはどこへ向かうのか

まとめましょう。

キティちゃんは昔のそれとは明らかに違います。

なんかもう、アンドロイドキティがキティを乗っ取ろうしている感じで、ほとんどサイボーグみたいな感じ笑

こういう変遷をみて、今までの素直なキティちゃんを見ると、不思議とほっこりしてしまいますね。

これからどういう進化を遂げるのか。

目が離せません。

ほんだらのー!