パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

「子どもに自転車の乗り方を教える」という職業

スポンサーリンク

引き続き、1人悶々と考えています。

ずばり、「子どもに自転車は必要なのか」という話。

少なくともぼくにとっては、自転車はオワコン化してます。

このまま自転車、一生乗らないのかも

www.papazine.com

自転車で「子どもの世界を広げたい」?

で、こういう話を最近幾人かにしたわけです。

そしたら、まあ、ものの見事にこんな答えが返ってくるんですよ。

「え、当然買うでしょ!だって、子どもの世界広がりますからね!」

「あのバランス感覚は一生モンだぜ」

おおお、マジかとw

というわけで、引き続き思案中。

自転車を買うなら、長男(6歳)が小学校に入る前に買ってあげたいなとも思うわけで。

でも、自転車に乗れるようになるだけなら、ストライダーで十分とも・・・

ええ、私、ブレてます笑

ブレブレ、グラングランですw

もしも「子どもに自転車の乗り方を教えてくれる」職業があったなら

そんなときふと思ってしまった!

どうせなら、習い事で教えてはどうだろうと

  • 体操でバランス教えてるんだったら、そのまま自転車の乗り方も教えてくれよ、と。
  • 幼児教室で音楽に合わせて踊るんだったら、そのまま自転車の乗り方も教えてくれよ、と。

さらにふと思ってしまった。

どうせなら、誰かやりたい人が手を上げてみてはどうだろうと

  • 良識ある大学生は、自転車の家庭教師というアルバイトもありなのではないの、と。
  • マンション管理人のおじさんは、マンション管理終わったらマンション住民のお子様の自転車訓練をすればいいんじゃないの、と。

もっといえば、乗り物に乗る楽しさを提供する自動車の完成車メーカーさんが、自転車の乗り方を無料で教えるという機能を提供すればいいじゃないかと

  • 自転車がオワコン化している人は、車もオワコン化しがち(何よりぼくがそう)
  • 車のオワコン化を防ぐために自転車市場にくさびを打ち込むべし
  • レンタカー屋さんがヒマな時間・時期にでもお願いしたいよと

いずれの場合も自転車は買っとかないといけないわけだけど、なんでだろう。

自転車を買うまでのハードルが、小さくなった気がするぞw

・・・ということは、自分が「子どもに自転車は必要なのか」と思うのは、単に乗り方を教えるのが面倒くさいからなのかもしれない汗

まとめ:意外とニーズがあるかも?「子どもに自転車を教える」という職業

そろそろまとめといきましょか。

個人的には子どもに「自転車を教える」のはマンション単位でやると効率的だと考えてます。

だって、基本、同じような間取りの、同じような値段のマンションを選ぶということは、世帯年収や家族構成、その子どもの年齢も近いことが多いはずじゃないですか。

となれば、1つのマンションには、自転車に乗れるようになりたい子どもは複数人いるはずだと思うんですよ。

そうすると白羽の矢をあてたいのは、マンション管理人さま、あなたです!

ほんだらのー!