パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

「ブログ書いてる」と言うと、よく聞かれる質問5つに答えてみた

スポンサーリンク

たまにはブログへの思いをぶちまけておきましょう。

ぼくがブログを書いていること。

実はこれを知っている人は友人の中でも決して多いわけではないんですよ。

いや、別に隠しているわけでもないんですけどね笑

で、時たま、「実はブログ書いててさー」と知人などにカミングアウトする場面があるわけです。

そしたらですね、必ずといっていいほどよく聞かれる質問があるんですよ。

それらはきっと多くの人が聞きたいだろう質問だと思うので、このエントリを良い機会だと思ってまとめておきましょう。

「へー、何のブログなんですか?」

 まー、自分がブログ書いてるんだよ、という話をするとだいたいですね、

「へー、何のブログなんですか?」

十中八九、これが返ってきます。

まぁそうですよね、何のブログか気になりますよねw

そんな時、ぼくはいつもどう答えているか。

「まぁ個人のブログだからくだらない内容ばかりですけど、育児・子育てネタが多いブログっすよ。 もともとは特にカテゴリだとか意識してないで日記のような感じで書いてたんですけど、気付いたら子どもが生まれて子供のことばかり書いてるブログになっちゃって。であれば、”そっちに振っちゃえ〜”みたいなイメージで、育児・子育てブログを謳ってます。特に子どもとのお出かけネタが多いですかねー。もちろん、たまには全く関係のないことも書いたもしますけどね。」

だいたい、この説明で100発100中、相手は「なるほどー」っていうふうになります。

そうすると、次こういう質問が来るんですよ。

「どんくらいPVあるんですか?」

「どんくらいPVあるんですか?」

「放っておいてくれよ」と言いたい気持ちもなくはないですが笑

逆の立場だと質問したくなるのも事実。

PVって、なんというか、1つのパラメーターみたいなもんですからね。

ぼくはだいたいこう答えてます。

「時期によって多少変動があるんですけど、だいたい2万/月〜3万/月くらいをうろちょろしてる感じですねー。今は月3万のPVを目指してます。意外と届きそうで届かないですけどね。さらには10万PV/月まではいきたいですねー。そうすれば、いろいろ面白いこと出来ると思うんですよ!」

www.papazine.com

こう伝えると、人によっては、

「え、そんなに見られてるんだ・・・意外!」

なんていう反応をされます。

最後の”意外!”は心にぐさっと突き刺さるわけですが、まぁ、単なる一個人がやってる割には多いよねーなんて反応を頂くことが多いです。

はい、まあ、ブログ界では全然なんですけどね・・・

ちなみに、割と前のめりで乗ってくる人には、こんなことを伝えます。

「実はスマニュー砲とかグノシー砲を喰らったりしたこともあって・・・、そうするとPVが異常値出しますからね、それはもう見てて爽快ですよ!」

そしたらですね、

「へーそれは凄いね。ヤフトピとかは?」

なんて聞かれて、

「いやー、ヤフトピは無理っすね笑 載れるよう頑張ります!」

みたいに返すと、

「そっかそっか、ヤフトピ下手に載るとサイト落ちるっていうしね・・・、何か出来ることあったら言ってね!」

と仰るんで、

「じゃあ、・・・いいね!を宜しくお願いします笑」

というと、

「あ、ああ笑」

とかいって、いいね!してくれたりしてくれなかったり笑

個人的には、いろいろブログ書いてて、100人いれば必ず3人くらいは面白がって読んでくれるわけで。

ってことは、関東の子育て中の親御さんが300万人くらいいれば、3%強の10万PVとか楽勝で行くと思ってるんですけどね、なかなかどうして、現実は渋い><

「アフィリエイトとかって儲かるんですか?」

さてさて、そんなやり取りを経るとですね、

「アフィリエイトとかって儲かるんですか?」

だいたい聞かれるのがこれ。

みなさん現金な話が好きなんだなあ笑

これについては、まぁこんな感じで返すことが多いかなぁ。

「いやー、全然、ぜんっぜん、儲からないですよ。本当に本当にまぁ、ものの見事に儲らないです笑 まぁ、それ目的じゃないですから気にしてないですけどね。ただ、時給換算したらどんくらいの時給なんでしょうね・・・。ま、好きでやってるからいいんです!いいんですよ。うん。」

そういうと、

「え、何もやってないんですか?」

とすぐに打ち返され・・・

「いや・・・何もやってないわけではないですよ。時折、Amazonから商品券が来ます。微々たる額の。まぁでもほんと、いいんですよお金は。別に儲けるためにやってるわけじゃないですしね。」

と丁寧に答えてます。

そうするとですね、次に来るのがこれ。

「え?じゃあ何のためにやってるんですか?」

「え?何のためにやってるんですか?」

うっせーよ!というのは勿論嘘で、いやー、ようやくです。ようやく。

心の中で「よくぞ聞いてくれた!」とガッツポーズ!

どうして、ぼくはブログを書いているのか。

このブログでは時たま書いている話ですし、

www.papazine.com

話せば長くなるのですが、端的にいいましょう。

ずばり、 「カジュアルに楽しい子育てを提案したいから」

もう少し具体的にいえば、「親の視点で、子どもとのお出かけ情報をなるべく整理して届けたいから」

そして、それをすることで、 「お出かけするパパを増やして、ママのストレスを減らして、パパを楽にしたいから」 。

www.papazine.com

どういうことか順を追って説明しましょう。

子どもとお出かけする場所を体系的に整理したサイトが欲しい!

自分がパパしているうえで、一番「こういうのがあればいいのに・・・!」と思うもの。

それは、”親視点で、子どもと一緒にお出かけする場所を体系的に整理して纏めてくれたサイト”です。

これは必ずしも「全く以てお出かけスポットが分からないから纏めてちょ><」ということではないんですね。

例えば、近くの公園や電車が見えやすいレストランは知ってるし、動物園や水族館やディズニーランドやおもちゃ屋さんだって知ってる。

みなさんだって、上野動物園くらい知ってるでしょ?

近くの公園っていったら、1つ2つ思い浮かぶでしょ?

そして、そこに行くと子どもが小さければ、かなりの確率で喜んでくれるってことも知ってるわけ。

でもでも、これ、親視点だとちょっとまた違った景色が見える話なんです。

子どもとのお出かけスポット難民はもうイヤだ

どういうことか。

例えば、とある週末、子どもとどこかにお出かけしようと思った場合。

連れて行くのは親であるあなたですよね?

その場合、毎週、サンシャイン水族館に行きたいですか?

あ、毎週だと極端ですね。

毎月、サンシャイン水族館に行きたいですか?

・・・いや、分かっていますよ。

「こういう時は優先すべきは親の意見じゃなくて子どもの笑顔なんだよ」

でも、ぼく自身は正直、毎週サンシャイン水族館は・・・嫌です笑

毎月でも辛い笑

というか勿体ないでしょ、せっかくの週末、何でバカの一つ覚えみたいに水族館ばかり行かなきゃいけないんですか笑

いや、そりゃー例えば、子どもがずーっとペンギンに惚れ込んでて、「将来ペンギンのお医者さんになるんだ!」なんて言っちゃって、その片鱗を見せられたら話は別ですよ。

夢は後押ししてあげたいですからね。

でも、そうじゃない場合、別に毎週毎月ペンギンを見たいわけないんですよ。

親である自分は、ね。

そうするとですね、こんなことが起きちゃうんです。

「明日土曜日で休みで暇だけど、、、子どもとどこに行こうかなぁ。水族館は2週間前に行ったし、動物園も前に幼稚園の友達と行ったって言うし、かといって、こんな蒸し暑い中、公園とかに散歩?うーん。ちょうどいい近場で面白いお出かけスポットないのかなぁ?」

俗にいう子どもとのお出かけスポット難民ですね。

良い年して悲しいかな、魅力的なお出かけスポットが思い浮かばないという。。

知ってたら行ってたよ!orz

で、半ば観念して、近くの公園へ子どもとテクテク向かって。

しばらくすると砂場で夢中になって遊ぶ子どもを尻目に、スマホで開くfacebookやtwitter。

そうして友人の投稿を見ると、あら不思議、今まで自分が探していた子どもとのお出かけ情報が飛び込んでくるではありませんか。

「あれ?何これ?こんなイベント、今日やってたの?知ってたら行ったのに・・・。」

あるでしょ、こういうこと?

ぼく自身はもう何回も経験してその度に悔しい気持ちになってます笑

子どもとのお出かけスポットを全く知らないというわけではない。

だけど、タイムリーな期間限定お出かけスポットや、普段の生活で接点のないお出かけスポットの情報はやっぱりなかなか知り得ない。

でも知ってたら行った可能性があるんですよ!

誰もやらないから自分がやろうと

だからこそ、そういった情報が漏れないような、”親視点で、子どもと一緒にお出かけする場所を体系的に整理して纏めてくれたサイト”が欲しいんです。

多分、それなりの数の人が同様の課題にぶつかって、いろんな解決策を模索してるんだと思うんです。

その証拠に、”子ども お出かけ”なんてキーワードで検索するといろんなサイトが出てくること出てくること。

ただ、なんと言うか、ぼくが欲しいレベルでそういう情報がまとまっているサイトってなかなか無いんですよね。

であれば、「自分でやってみよう!」。

そんなわけで、ぼくは、子どもとのお出かけ系情報を中心にブログを書いています。

子育て情報をもっと柔らかくカジュアルに

これらに加えてぼくがブログを書く理由、それは、もっと子育て情報を楽しいものにしたいということ。

なんかこう、育児とか子育て系の話って気張り過ぎてて重たい話が多いんですよね。

「病児保育問題をなんとかすべきだ!」、「迷子ヒモはけしからん!」とかね。

勿論、知っておくべき重要な話もありますが、自分としては、もっと読んでて楽しい子育てネタがあるんだと思ってるんです。

だってそうでしょうよ、子どもが出来て初めて見たり触れたりするお子様ランチ、絵本、おもちゃ、テレビ番組、お出かけスポット、子育て関連ニュース・・・どれも超新鮮で楽しいでしょう?

せっかく子どもがいて、それらに触れられるんだから、もっと堪能しなくちゃ!

妖怪ウォッチとかその最たる話。

だからこそ、ぼくは重たい話よりも、もうちょっとカジュアルな話を書きたいし伝えたいな、と。

そんなことを日々妄想しながら、ブログ書いてるんですよん、と。

お分かり頂けたかしらん?

まとめ:今後ブログどうしていきたいんですか?

こういう話をひととおりしたあとに、最後に聞かれる質問。

「え、ブロガー目指してるんですか?」

なんて感じで、今後どうするのアナタ、的な話をよくいただきます。

ブロガー?

目指しているというより、今やってんだよ!

なんていうのは勿論嘘で、カジュアルで楽しい子育てを提案するために、地に足付けてブロガーやっていきたいと思います。

 当然、その過程ではブログそのものの存在感を上げなきゃいけないわけで。

コツコツやっていきますかねー。

というわけで、これからもパパジンを宜しくお願いいたしますー!

ほんだらのー!