パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

「界王拳で集中せよ!」「ラストスパートは悪!」絶対に真似たくなる伝説プログラマのぶっ飛び時間術

スポンサーリンク

みなさんご存知の通り、このブログの名前はパパジン。

育児や子育てを連想させるブログタイトルということもあって、普段、仕事関連の記事を書くことはそれほどありません。

・・・といいつつ書いてたりするわけですがw

www.papazine.com

今回は、同僚から勧められた本があまりにも役立つ本だったのでご共有。

これは凄いですよ!

真似したくなること間違いなし笑

元マイクロソフト伝説のプログラマーが書いた、超速時間術!

ずばりこの本です!

面白いのは著者である中島聡さんの経歴ですよ。

なんでも、あの、Windows95の基本設計を担当した、元マイクロソフト伝説のプログラマーなんだとか。

1960年北海道生まれ。早稲田大学高等学院、早稲田大学大学院理工学研究科修了。高校時代からパソコン系雑誌『週刊アスキー』において記事執筆やソフトウェアの開発に携わり、大学時代には世界初のパソコン用CADソフト「CANDY」を開発。学生ながらにして1億円を超えるロイヤリティーを稼ぐ。1985年に大学院を卒業しNTTの研究所に入所し、1986年にマイクロソフトの日本法人(マイクロソフト株式会社、MSKK)に転職。1989年には米国マイクロソフト本社に移り、Windows95、Internet Explorer3.0/4.0、Windows98のソフトウェア・アーキテクト(ソフトウェアの基本設計・設計思想〈グランドデザイン〉を生み出すプログラマー)を務め、ビル・ゲイツの薫陶を受ける。本書は、早咲きであった著者の「時間術」をまとめたもの。学生時代から、そして米マイクロソフト本社においても、「右クリック」「ダブルクリック」「ドロップ&ドラッグ」を現在の形にするなどWindows95の基本設計を担当し、またWindows98ではOSにインターネット・ブラウザの機能を統合することで、マイクロソフトのブラウザのシェアを世界一にするなど、大きな成果を上げ続けた秘訣こそが、この「時間術」だった。2000年に米マイクロソフトを退社し、ソフトウェア会社のUIEvolutionを設立してCEOに就任、現在に至る。人気ブログ「Life is beautiful」及びメルマガ「週刊Life is beautiful」でも有名

このブログの著者です↓

satoshi.blogs.com

時間との付き合い方を極めてシンプルに、キャッチーに

 この本、何について書いてあるかというと、ずばり時間との付き合い方。

仕事の進め方とか、仕事における時間の使い方とか、そういうものに関する本って巷に溢れていると思うんですけど、この本はメッセージが極めてシンプル。

そしてそれが、真似したくなるキャッチーで平易な言葉で語られてます。

間違いなく、ぼくの人生で読んだ時間術系の本のなかではNo.1の内容です!

いくつか引用しながらご紹介しましょう。

ラストスパート志向が諸悪の根源!

まずはラストスパートを一刀両断w

こういう意見は初めて出会ったけど、「ウンウン!」と頷きまくっちゃいましたよ。

いつの間に、ラストスパート信仰がぼくの中に巣食っていたのだろう・・・? 

大半の人が、スケジューリングの段階から大きな勘違いをして仕事に取り掛かっています。締め切りという言葉への典型的な誤った考え方は、次のようなものでしょう。

  • 見積もりはあくまで見積もりでしかなく、予定どおりに仕事が進むとは限らない
  • 締め切り目前に、徹夜でも何でもして頑張ることが大切
  • それでもどうしても締め切りに間に合わなかった場合は、その段階でスケジュールを変更してもらうしかない

(中略)この仕事の根底には、「締め切り=努力目標」という考えがあり「目標に向けて精一杯努力することが大切」という体育会的な姿勢があります。そして最も良くないのが、「ラストスパート志向」です。多くの人が、「最初はのんびりしていても、最後に頑張ればなんとかなる:という根本的な過ちを改めるところから始めないといけません。

ではどうしろというのか。ここからがまた面白いですよ笑

ロケットスタートで仕事しろ!

ラストスパートではなく、ロケットスタートしろとw

大切なことは、スケジューリングの段階から「締め切りは絶対に守るもの」という前提でのぞむことです。すると予定を立てる段階から、次のような真剣なやり方をせざるを得なくなるはずです。

  1. まずはどのくらいかかるかやってみるので、スケジュールの割り出しのために2日ください」と答えて仕事に取り掛かる(見積もりをするための調査期間をもらう)
  2. その2日をロケットスタート期間として使い、2日で「ほぼ完成」まで持っていく
  3. 万が一、その2日で「ほぼ完成」まで持っていけなかった場合、これを「危機的な状況」と認識してスケジュールの見直しを交渉する

仕事が終わらなくなる原因の9割は、締め切り間際の「ラストスパート」が原因です。

ですから、10日でやるべきタスクだったら、その2割の2日間で8割終わらせるつもりで、プロジェクトの当初からロケットスタートをかけなければなりません。初期段階でのミスならば簡単に取り戻せますし、リカバリーの期間を十分に持つことができます。

随分強引な内容ですよねw

でも、これ、著者からすると愛のムチ。

染み付いたラストスパート志向、いや、ラストスパート振興を矯正するにはそこまでやらなくてはいけないんだと。 

なぜそんなハードなスタートダッシュを切るのかというと、あなたのラストスパート志向を矯正するには、そのくらいハードなことをしないといけないからです。人生を変えたいのであれば、今後あなたは、徹底的にロケットスタート型に舵を切るべきです。

ちなみにロケットスタートを実践するときのコツですが、前倒しで取り掛かることです。仕事が決まったら、すぐにやってください。

(中略)仕事の提出を前倒すのではありません。取り掛かりの時期をこそ前倒すのです。

いやあ、気持ちいいくらいぶっとんでます笑

極めつけはこれですよ。

界王拳を使って仕事しろ!

仕事をもらってから最初の2日間に仕事の8割を終わらせるというのは、みなさん想像がつくように簡単なことではありません。仕事期間の見積もりという名目があるとはいえ、ほとんどただ単に、仕事をものすごく頑張ってやっているわけですから。

私はこの、仕事をものすごく頑張っている2日間のことを「界王拳」を使うと呼んでいます

界王拳とは、有名マンガ『ドラゴンボール』の主人公・孫悟空の技の名前です。孫悟空の師匠・界王に「元気玉」という技とともに伝授された必殺技で、「界王拳」を使用すると全身が赤いオーラに包まれ、戦闘力が飛躍的に上昇するのです。(中略)ちなみに作中では2倍界王拳から20倍界王拳までが登場しています。界王拳はたいへん協力な効果を持つ代わりに、使用後は全身が激しい激痛に襲われ、戦闘力が通常時以下に下がってしまいます。

私は最初の2日間のロケットスタートは、この悟空が界王拳を使うときの状態をイメージして仕事をしています。

いやあ、まさか、界王拳を仕事の文脈で耳にするとは思いませんでしたw

ただ、これ、キャッチーで頭に残るんですよね。

すぐに試したくなるもん(そして試したわけですがw)!

もう、それはそれは、世捨て人モードで一心不乱に仕事仕事仕事ですよw

その結果、得ることは何か。

ロケットスタート時間術の本質は余裕を持つことであり、高速で次々と仕事を終わらせていくことではない

そう、余裕。

遊びのある仕事です。

詳細は本書をどーぞ笑

まとめ:界王拳が職場のバズワードになりつつあります笑

今日は本の紹介に徹してこのあたりでまとめます。

いや、まじでいい本ですよ!

これ、職場で複数人が読むと何が起きるかというと、

今日は朝8時から20倍界王拳使ったから、午後は流すだけだわ笑

という、摩訶不思議な会話が飛び交いますw

楽しいですよ笑

ほんだらのー!