パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

童話「ウサギとカメ」には続きがあって、衝撃的なラスト編と道徳的な美談編の2つがある。

スポンサーリンク

ウサギとカメの童話(童謡?)ってありますよね。

 

f:id:Seipon2:20160626170145p:plain

みんな知ってる、ウサギとカメの童話

超ざっくり要約すると、こんなあらすじですよね。

合ってます?笑

  • ウサギとカメでレースして、
  • ウサギが途中でお昼寝してたら
  • カメが追い抜いて1位でゴールする

まあ、このストーリーから学ぶべきは・・・、「勝負はやってみなきゃ分からない!」、「あきらめずに取り組めば結果はついてくる」、「勝負は手抜きしちゃいけない!」といったところでしょうか。

言わずもがな、子どものときも大人のときも、何かにつけて引用される童話の1つです。

「ウサギとカメ」には実は続きがあった!

ところが、ですよ。

この童話、実は続きがあるんですよ。

「聞いたことあるー」、という人もいるでしょう。

知っている人は知っているはずw

試しに妻に、「ウサギとカメの続きって知ってる?」って聞いたら、知らなかったので、「おや、これはひょっとしてブログネタになってしまうのか・・・」とほくそ笑みながら今にいたるわけですが笑

・・・

とここまではよかったんですよ(何

ネット上の「ウサギとカメの続き」は、ぼくの知るそれと全く違った

記事を書こうと思って、「自分の知っている話、ネットに載っているかなー」なんて思って調べていたら、ぼくの知らないまったく違う続きが載っていた・・・。

もはや、ウサギとカメの続きには、複数のパターンが存在するということなんですね、そうなんですね。。

というわけで、まずは、ネット上の「ウサギとカメの続き」を引用してご紹介。

ウサギとカメ 第2章(衝撃的なラスト編)

いくつかサイト見ましたが、ロケットニュース24から引用しましょう。

これ、かなり衝撃的な内容です。

R5レベル(ワナワナ

rocketnews24.com

『ウサギとカメ』の続編 / ウサギ編

かけっこでカメに負けたウサギ(以下、負けウサギ)は仲間のウサギに馬鹿にされ、恥さらしとしてウサギの村を追い出される。しかしオオカミがウサギを狙っている事を知った負けウサギは、オオカミを騙して岸壁に誘い出す事に成功。負けウサギはオオカミに飛び蹴りを食らわせ、崖から突き落としてオオカミを殺害。ウサギの村は負けウサギを温かく迎え入れ、英雄となった。

『ウサギとカメ』の続編 / カメ編

ウサギとの勝負に勝利したカメは、「なんでもやればできるんだ!」という気持ちに目覚め、あらゆることに挑戦しようとする。ある日カメはワシに頼んで、どんどん空高く飛んでくれとお願いをしてきた。カメは、頑張れば空を飛べると思ったようである。言われたとおりワシはカメをつかんで高い場所まで飛んでいき、そこからカメを落とした。カメは空を飛べると確信していたが、飛べるはずもなく地面に激突し、砕け散ってしまったのだ。それ以来、カメを見たものはいないという。

そうなのです。

カメ、死す・・・。

って、おい、まさかの展開すぎるぜよw

こんなストーリー、ぼくの知ってる「ウサギとカメ」の続きとは全く違う・・・。

ウサギとカメ 第2章(道徳的な美談編)

では、ぼくの知っている「ウサギとカメ」の続きはどんなものかをご紹介しましょう。

ぼくは、知人にこんなふうに聞きました。

<第1章>

  • ウサギとカメでレースして、
  • ウサギが途中でお昼寝してたら
  • カメが追い抜いて1位でゴールする

ここまではご存知の通り。で、ここからですよ。

<第2章>

  • ウサギがもう一度レースをしようと言う、カメも是非と応じる
  • 今度は普通にウサギが勝つ
  • 最後に参加者同士で写真撮影をするときに、勝ったウサギの横でカメが笑った
  • ウサギはカメに聞いた、「なぜ負けたのに笑っているの?」
  • カメは答えた、「自分のタイムが、最初のレースよりも上がったからだよ。」

という話なのです。

このストーリーから学ぶべきは・・・、「敵は相手ではない、自分なのだ」、「負けにも学ぶものがある」といったところでしょうか。

いやー、深い。

ウサギとカメのくせに深いですよ笑

ちなみに、ぼくは初めてこの話を聞いたときは、「カメ、めっちゃ視点高いな!(本当は地面からせいぜい数十センチしか顔面上がらないはず…)」と思いました。

ウサギとカメ 第3章(道徳的な美談編)

さて、話はこれで終わるのかと思いきや・・・、なんと、まだ続きます!

さすが道徳な美談編!w

ではどんな感じで続いて行くのか、もう一度第1章まで遡りながら、ぼくの認識を綴りますと、、、

<第1章>

  • ウサギとカメでレースして、
  • ウサギが途中でお昼寝してたら
  • カメが追い抜いて1位でゴールする

<第2章>

  • ウサギが「もう一度レースをしよう」と言う、カメも是非と応じる
  • 今度は普通にウサギが勝つ
  • 最後に参加者同士で写真撮影をするときに、勝ったウサギの横でカメが笑った
  • ウサギはカメに聞いた、「なぜ負けたのに笑っているの?」
  • カメは答えた、「最初のレースよりも自分のタイムが上がったからだよ。」

<第3章>

  • 悔しいウサギはカメに持ちかけた、「もう一度レースをしよう」
  • カメは条件付きで応じた、「いいよ、だけど、次はコースを工夫したい。公平性を期すために、陸だけじゃなくて、海も入れようではないか。」
  • 勝負の結果、最後は、カメが勝利した
  • めでたしめでたし

という話なのです。

このストーリーから学ぶべきは・・・、「勝負の際は自分の土俵に持ち込め」、「相手と同じ条件で勝負して初めて優劣がつく」といったところでしょうか。

いやー、まさか「ウサギとカメ」にここまで続きがあったとは・・・、って感じでしょ。

ところでウサギって泳げないのか?

まとめ:「ウサギとカメ」シリーズ、もっとも使えるのは第2章だと思う

まとめましょう。

もはや、衝撃的なラスト編と道徳的な美談編含め、何が本当の「ウサギとカメの続き」なのか分かりませんがw

ぼくは、第2章(もちろん、道徳的な美談編)が好きですね。

なんかこう、自分と戦っている感じが格好いいじゃないですかー!

ぶっちゃけ、よく知られているウサギのカメの話(=第1章?とでも言えばいいのかしら)よりも聞き手にグサッと刺さる話ですよ。

まあ、衝撃的なラストを飾る編も道徳的な美談編、両方知っておいて損はないはず。

場合によって使い分けてください。

・・・子どもと、ウサギとカメの話になったらどっちの話をしよう・・・w

ほんだらのー! 

おまけ:「ウサギとカメ」の後日談の絵本を知っているか

さて、童話「ウサギとカメ」ですが、大人にとってはベタすぎて子どもに読み聞かせる対象から外してしまいがちらしいのですが、絵本もあります。

でもね、この記事で紹介するのは普通の「ウサギとカメ」じゃないですよ。

ウサギをカメ!笑