パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

当たり前だけど忘れがち。子どもの体力作りに絶大な効果を発揮するたった1つのこと。

スポンサーリンク

最近は、幼児が「自分は忙しいんだ」と言う時代だそうですw

長男(5歳)曰く、「自分は忙し過ぎる」

f:id:Seipon2:20160625221152j:plain

事実、我が長男(5歳)も「自分は忙し過ぎる」と言ってました笑

何を隠そう、うちの子(長男)、今、こんな感じの習いごとしてますからね、そりゃー、忙しいでしょう。

  • テニス
  • スイミング
  • 幼児教室
  • 体操
  • サッカー

妻も軽いタレントのマネージャー業やってる感じですよw

でね、最近、そんな妻が面白いこと言ってました。

劇的に子どもに体力がついた話

妻)「最近、うちの子、めちゃくちゃ体力がついた気がするんだよね。」

ぼく)「ほうほう」

妻)「前は、幼稚園のあとに疲れ果てて、昼寝しちゃったりしちゃって。そのあとの習いごとに行けないこともあったんだけど。最近は、幼稚園のあとの習いごとも昼寝することなく行くもんね。」

ぼく)「へー」

妻)「しかも、いつもの幼稚園じゃない、遠足とか芋掘りとかのイベントのあとも、体操とかテニスとかの習いごとに、ノリノリで行くわけよ。しかもそのあとも昼寝しないしね。体力付いたなあって思うわ。」

ぼく)「そうだねー」

f:id:Seipon2:20160625221216j:plain

体力は「歩くこと」により育まれた

そのまま妻は続けます。

妻)「でね、最近、うちの子が体力ついた理由が分かったのよ!」

ぼく)「ほー!それは興味ある!」

妻)「ママ友と話しているときに、子どもと一緒にとある場所に行ったという話を聞いたんだけどね。『歩いて行ったの?』って聞いたら『まさかぁ笑!』という話になって。」

ぼく)「ふんふん」

妻)「どうやら、普通は、子どもとお出かけするときは、自転車乗せたりとか、車に乗ったりとかとかで行くらしいのよね。」

ぼく)「まあ、そうだよね。」

妻)「でもさ、うちはさ、車もないし、自転車は私乗れないし(注:妻は自転車が乗れません)、どこかに行くとしたら、歩くか電車かバスしかないじゃん?結局、歩くことがすごく多いわけよ」

ぼく)「うん」

妻)「で、結構歩くじゃん。家から、動物園とか遊園地とかまで(注:歩いて15分〜20分くらいでいけます)。その積み重ねでね、子どもに体力付いたんだと思うんだよね。最近、ようやく自分のなかで答えが出たわ。」

ぼく)「言われてみればそうかも。そうか、うちの子どもの体力は歩くことで身に付いたのか。確かに、どこか遊びにいくにしても、電車を乗り継ぎながら、テクテク歩きながら行くもんなあ。」

f:id:Seipon2:20160625221236j:plain

まとめ:子どもが歩くことって地味に重要なんだなあ

ぼくは妻との会話で、会社の同僚がこんな話をしてたのを思い出しました。

同僚)「うち、車あるんですけど、いかんですね。歩かないですもん。結局、どこいくのも車で。せっかく家は田舎にあるのに、変に車ばっかり乗るから、あまり体力つかないんですよねぇ。都会の歩きばかりの子に比べると、ダメですね」

うちは、車なし、自転車なしで基本、歩くばかり。

だけど、子どもの体力作りに寄与してたと思うと、気分は悪くない笑 

f:id:Seipon2:20160625221256j:plain

ですからみなさん、

子どもとのお出かけの際は、意識的に歩きましょう!

そうすれば子どもに体力作りに貢献出来ます!

ほんだらのー!