パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【悩み】東京都23区内在住ですが、子どもにとって自転車は必要でしょうか・・・?

スポンサーリンク

我が家の子どもは5歳と3歳。

周りの子どもたちでは、早い子はもう自転車に乗るんだってー。

すげー。

そんなわけで、うっすら「子どもの自転車どうしようかなあ」なんて意識していたときに秋葉原のヨドバシカメラに行ったんですよ。

自転車って必要なんだっけ?

 

 

そうか、最近は自転車は家電量販店で購入するもんなんですね。

そういえば、イオンとかにも売ってあったなあ。 

 

 

 

そうなんですよ。

そして何を隠そう、ぼく自身も東京にきて10年以上経ちますが、自転車、乗ってないです。持ってないです笑

妻は自転車に乗れず、夫のぼくは自転車に乗ってない。だいじょぶか、我が家w

 

 

 

 

 

 

 

ぼくの人生において自転車はオワコンかもしれない・・・

というわけで、ぼく個人は自転車の必要性をかなり疑ってます。

だって、

  • そもそも、電車とバスという、公共交通機関の便に満足している
  • 自転車で行動範囲が広がったところで、それは電車の利便性に勝てない
  • そして、行動範囲が広がって、何か合ってもらっても困る
  • 運動不足になるというが、自転車に乗らずに歩いてるんだから、「不足」はしないだろう
  • 中学、高校になって、自転車に乗れないと困るよという話もあるが、妻が乗れないまま大人になって困っている風がない
  • そして身の回りで自転車に乗っている中学生、高校生を見かけない
  • 何よりも自分が東京にきて10年以上自転車に乗っていない
  • とりあえず、ストライダーさえ乗れるようにしておけば、いざとなれば、子どもはすぐにキャッチアップ出来そう
  • そう考えると乗りもしない自転車にお金を投じて購入することが意味不明に思えてきた

なんかこう、こう考えると、自転車って、バイクとかヨットとかと同じで嗜好品みたいなもんですよね。

少なくとも、公共交通機関が充実しているエリアにたまたま住んでいる我が家では生活必需品ではないなあ。

いや、頭では分かってるんですよ。

「とはいえ、長男も次男も自転車乗れないと困るんじゃないのさ?!」ってね。

でも、考えれば考えるほど、不要な気がしてくる不思議。

ぼくの人生において自転車はオワコンなのか?

ほんだらのー!