パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

まさに玉転がしw 投球補助台を使えば小さな子どもとボーリングを楽しめちゃうよ!

スポンサーリンク

先日、妻と長男がボーリングに行ってきたそう。

ぼくは、「5歳だとまだ玉投げられないでしょ?」と思っていたんですが、意外や意外。

イマドキのボーリングは投げるだけじゃないんですよ。

ぼくも実際に行ってみてびっくらこきました!

投球補助台なるもの

なんと、イマドキのボーリングには投球補助台ってものがあるんですよ。

ぼくがお世話になっている東京ドーム近くのボーリング場のHPにも書いてある。

Q:ボウリングは何歳からできますか?

A:当センターではお子様用のノンガターレーンの設定が全レーンできます。ボールの補助台もご利用になれますので大人の方の補助があれば特に年齢制限はございません。尚、貸靴は必ず履いてください。

東京ドームシティ|Q&A|東京ドームボウリングセンターについて

そうか、ボーリングには年齢制限はなかったのか・・・。

実際に投球補助台がどんなものかというとこんな感じ。

f:id:Seipon2:20160504211634j:plain

存在感あるぜ笑

ボーリング場での玉転がしの図

使い方は言うまでもありません。

子どもの投球順番になったら補助台を準備してあげます。

そしてボールを乗っけてあげて、子どもに「Go!!」といいます。

さすれば、子どもが勢いをつけて・・・

f:id:Seipon2:20160504211733j:plain

とりゃああー!

f:id:Seipon2:20160504211757j:plain

玉を押し出す強さでボールが投球台のエッジ部分にあたり、微妙に曲がってしまうのがなんとももどかしいのですが、ノーガーターモードでピンに向かって行くことには違いありませんので、子どもは超大喜び!

2回終わったら、投球補助台をえっちらおっちらどけて、ぼく自身の投球に集中します(何

貴重な2レーンにわたる玉転がしの図

あまり知られていないのか、ぼくと長男がやっていると、隣の5歳(?)くらいの男の子ファミリーも投球補助台を繰り出してきまして、 、、

f:id:Seipon2:20160504212010j:plain

なんのスポーツやねんw

シュール過ぎるわっw

まとめ:玉転がしもボーリングには違いない

子供用の玉の重さは最軽量で6キログラム。

子どもが持ち運びたがるので、そこだけちゃんと大人が目を配り(指挟んだら泣いちゃいますよ)、カバーして気をつけてあげれば、大人同士のボーリングと何ら変わらない。

実は貸し靴含めちゃえば、1ゲームでも大人と子供合わせて1500円程度かかっちゃうんですが、玉転がしに興じる子どもの笑顔、プライスレス!、ということで一度やってみることをお勧めします!

意外と一緒にやってる大人が楽しかったりして笑

ほんだらのー!