パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

小室ファミリーから吉”育”三へ。育児替え歌のトレンドが知らぬ間に変わっていた件。

スポンサーリンク

f:id:Seipon2:20160424150236p:plain

前回、鼻唄を歌いながら書いた記事が思いがけず反応良かったから、これは「歌が来てるのか?」なんてぼんやりしてたら、ふと、

そういえば、少し前に一世を風靡した“#小室ファミリー育児”はどうなったんだろう?

と思ったので調べてみたんです。

#小室ファミリー育児 の時代が終わっていた…

「小室ファミリー育児」なにそれ

ご存じない方のために。

小室ファミリー育児というのは、twitter界における、知る人ぞ知る有名なハッシュタグ(「#●●●」なんてよく書かれているアレ)で、小室ファミリーの名曲の歌詞を、子育て関連の内容に変えたものです。

2年か3年くらい前に、子育て真っ盛りの世代の心をグッと掴んであっという間にスターダムにのし上がった、有名なハッシュタグなんですよ。

小室ファミリーの色褪せない輝き

「はて・・・?」

百聞は一見に如かず。

そんな方は、何も考えずに検索エンジンに「#小室ファミリー育児」と打ち込んでください。

そしたら、出てくる出てくる。

今もなお色褪せない名曲の数々。

そして、それに乗せて届けられる普遍的な子育ての苦労。

にやけながら懐かしいJ-POPを口ずさむこと間違いなしですよ。

あのときの小室ファミリー、あのときの子育ての記憶。

生々しく蘇ってくるぜぃぃぃ、Yeah〜!

 

 

 

まとめもあります。こちらをご参照あれ。

togetter.com

mamanoko.jp

だけど、その内容はあのときと同じまま・・・

そんな小室ファミリー育児。

ぼくも懐かしい曲を脳みそのなかで歌いながら、ふと気付いたんです。

「なんと2013年から新しい投稿がほとんどないではないか・・・!」

そしてこうも思いました。

「ネット民たちが子育ての苦労をtwitterで書かないはずがない。あるはずだ、何か別のハッシュタグが・・・」

気分はさながら探偵。

急いで検索窓に打ち込んだ「twitter 育児 替え歌 ハッシュタグ」。

そしたら、やはり出てきました。

出てきたんです。

だけど・・・

それは、完全に想定外の3文字、「吉育三」だったんです。

時代は吉幾三ならぬ吉“育”三へ

ずばりこんな検索結果なわけです。

spotlight-media.jp

togetter.com

というかそもそも、、

吉幾三ってだれやねん

吉幾三って、ぼくは紅白歌合戦に登場するお齢を召した方だと思っていますが、認識あってますでしょうか?

そして、多分、まず間違いなく、小室ファミリーよりも古参の方だと思うんだけど、どうして今、このお方の曲が流行るのか、謎は深まるばかりです。

「俺さ東京さ行くだ」?

さらに替え歌の原曲はこんな曲。

うーん、ごめんなさい、知らない。。


俺ら東京さ行ぐだ〜吉幾三

肝心の替え歌は下品で引きました笑

原曲も知らない、歌い手も知らないということで、まったく歌えないぼく。

正直、戸惑いを隠し通せません。

みんな歌えるんですかね、これ?

でも、なんか、歌詞がブサイクだな。

小室ファミリー育児のような小綺麗さがない。

下品過ぎやしないかえ?

(「!」マークが多すぎて引いちゃうぼく)

ひょぇぇぇぇぇぇ(((;゚Д゚)))

吉育三からのバトンを受けとる歌手グループはどこか

ぼくは、この吉育三は、好きじゃないw

別の歌手グループの曲をベースにした替え歌を激しく望みます笑

個人的には、曲のレパートリーの数々、子育て世代の年齢からB'zが来るんじゃないかと予想してます。

誰か、流行らせて。吉育三を追いつめて!

ほんだらのー!