パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

ボーイスカウトの内容、費用、特徴、ボーイスカウト経験ある有名人まとめ

スポンサーリンク

ボーイスカウトってあるじゃないですか。

あれ、僕もよく見聞きはするんですよ。

#2017年3月11日更新

例えば、公園付近を歩いているときにそれっぽい集団を目にしたりとか。

例えば、キャンプやバーベキューの季節になったときに、友達との会話で「あー、あの人はボーイスカウトだから来てくれると心強いよなぁ」とか。

でも、じゃあボーイスカウトが実際にどういうものかというと、まぁ、ものの見事にちんぷんかんぷん。いまいちよく分からないんですよね。

質問されても答えられないから、フリーズしたうえで「何も言えねぇ」みたいな。

ボーイスカウト経験者現る

ところがどっこい、最近自分の周囲に初めてボーイスカウト経験者が登場しました。

ざっくりどんなもんかお話を伺って、その延長で気になったことをネットでちょいと調べてみました。

#注:本内容は厳密に調べまくって書いた、というよりもせいぽんが聞いて、印象に残った部分のみを自身の解釈に基づいて書いてます。さらにはネット上の情報を備忘録兼ねて整理しています。正確ではない部分があるかもしれない点、ご容赦下さい。

ボーイスカウトなにそれ

さて、では改めてボーイスカウトとはいったい何なのか。

キャンプやバーベキューの季節になったときに「あー、あの人はボーイスカウトだから来てくれると心強いよなぁ」

 ぼくは↑にヒントがあると思っています。

ボーイスカウトとは何か。

ずばり「自然の中で生きる力を鍛える活動」なのじゃないかと。

ゆえに、いろんな技を身につけることが出来るんじゃないかと思うんですよ。

これ見てもらえると一発じゃないかしら。

ボーイスカウトをやることで、どんな技術が身につきますか?今20才ですが、こ... - Yahoo!知恵袋

 

ちなみに、ボーイスカウトの「スカウト」というのは、”斥候”や”偵察”という意味なんだそうですよ。

いわゆるモデルのスカウトとかの意味とは違うんですねー。

実は軍隊にもルーツの一端を持つそうで、野営活動に勤しむんだそうな。

だからキャンプやバーベキューとも親しみがあるってことなんでしょう。

考えてみれば、服装もやや迷彩がかっていて、軍隊っぽいような気もする。

ボーイスカウトの定義

さて、カジュアルにボーイスカウトを理解した上で、一応、正確な表現も載せておきましょう。

ボーイスカウト日本連盟


どれどれ、ボーイスカウト日本連盟によると、こんなふうにあります。

ボーイスカウトは、健やかな子どもを育成する世界的な運動です。

この運動は、1907 年イギリスのブラウンシー島で行われた小さなキャンプからスタートしました。かねてから少年たちの教育に大きな関心を持ち、このキャンプを主宰したイギリスの退役将軍ロバート・ベーデン- パウエル卿は、インドや南アフリカでの体験をもとにさまざまな野外教育を通じて、少年たちが男らしさを身につけ、将来社会に役立つ人間に成長することを願い、20 人の子どもたちとともに実験キャンプを行いました。

このキャンプの体験をもとに、翌年「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどの中で発揮させ、「遊び」を通して少年たちに自立心や、協調性、リーダーシップを身につけさせようとしました。これがボーイスカウト運動の始まりです。

History of 公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

もうボーイスカウトが生まれてから100年以上経つんだなぁ。

動画でボーイスカウトをイメージ!

そして、このボーイスカウト日本連盟のサイトを見ると、ボーイスカウトアンバサダーの宮川大輔さんの動画がUPされてます。

このあと触れますが、彼もボーイスカウト経験者なんですよねー。

認知度UPが目的なのかな?

 


ボーイスカウトのご案内 宮川大輔さん編

ボーイスカウトっていろいろ学べるらしい

ちなみに、ぼくは2011年とちょいと古いこちらの動画も好き。

素朴な感じ笑


ボーイスカウト イメージムービー

改めて思うけど、単にキャンプや野外料理だけじゃなくて、自然観察(植物・動物・昆虫・天体など)、スポーツ(スキー・ボート・海洋訓練など)、救急法・・・こんなに学べるなんて、ボーイスカウト、めっちゃすげーじゃん。

ボーイスカウトランク(ビーバー・カブ・ボーイ・ベンチャー・ローバー)

そんなボーイスカウト。

どうやらランクがあるらしいんですよね。

上からこんな感じ。

  • ビーバースカウト:小学校1年生の就学直前9月から
  • カブスカウト:小学校2年生の9月から
  • ボーイスカウト:小学校5年生の9月から
  • ベンチャースカウト:中学3年生の9月から
  • ローバースカウト:18歳以上

f:id:Seipon2:20160417010837p:plain

 

一番最初は・・・小学校入学直前の9 月〜小学2 年生 のビーバースカウト。

つまり、6歳からってことか(誕生月で変わるけど)。

我が家の長男、まだ間に合っちゃうな・・・。 

最高ランクは皇太子に表敬?

そしてクラス最高峰になると、皇太子や総理大臣に表敬出来るんだそうな。

ちなみに、ぼくの前に現れたボーイスカウト経験者はその皇太子に表敬してきたそうですよ!

すげーなぁ。

そりゃキャンプにいたら心強いわけだ笑

高校生年代のベンチャースカウトとなると、ベンチャー章、隼、富士と挑戦していきます。富士スカウトは日本のボーイスカウトでは最高の章ということになります。富士スカウトになると、毎年3月から4月に年度内に富士に進級したスカウトの代表が、皇太子殿下表敬に東宮御所に、内閣総理大臣表敬に総理官邸に行くことができます。

ご接見(平成25年度富士章受章代表スカウト)(東宮御所) - 宮内庁

ビルゲイツにスピルバーグも?ボーイスカウト経験ある有名人

さて、wikipediaにはボーイスカウト経験のある有名人が沢山載っています。

ボーイスカウト出身の有名人 | wikipedia

これはですね。

まぁすごい。すごすぎる。

ビジネスマンから芸人まで、目を疑う程の質と量。

不思議と宮川大輔さんがかすんで見えるんだもん・・・

だって、ぱっと挙げるだけでもこんな感じよ。

  • ビル・ゲイツ
  • スティーブン・スピルバーグ
  • バラク・オバマ
  • マイケル・ムーア
  • ハリソン・フォード
  • ニール・アームストロング
  • ブルース・ウィリス
  • デビッド・ベッカム
  • 氷室京介
  • 玉木宏
  • 吉川晃司
  • 若貴兄弟

ちなみに、ボーイスカウト日本連盟のサイトにもこんなものが。

著名人からのメッセージ of 公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

普通に宇宙飛行士の野口さんとか出てる。

どんだけ層が厚いのよ笑

気になる費用

さて、そんなボーイスカウト、気になるのは費用。月謝というのかなんというのか。

日本連盟のサイトにはこんなふうに書かれています。

Q:活動にかかる費用はどれくらいですか?

できる限り少ない費用負担で活動をすすめています。 年間登録料の他に、それぞれの隊によって独自に活動のための資材費や交通費などの実費、キャンプのための積み立てなど最低限度の費用負担をいただいています( 金額や支払い方法は隊によって異なります)。他の活動や習い事などと比べていただければ、少ない費用のご負担で済むことがおわかりいただけると思います。詳しくは入団時にご確認ください。

よくある質問 of 公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

 うーむ、ずばりこのくらいというのは載っていないのですが、東洋経済のボーイスカウトの記事(特集:21世紀の読み・書き・そろばん「食える子」を育てる)によると、

全国に2000以上の活動組織(団)があり、小学校3年生からのカブスカウト、6年生からのボーイスカウトなど年齢に応じて別の隊に所属する。運営は主にOB、親、地域の人らのボランティアに支えられ、費用は月2500円〜3000円ほど。加えて登録料などがかかる。

総じて、学べる量に比してお得な気がしました。

まとめると・・・子供の習い事にアリ?

というわけでまとめると、子供の習い事候補としては十分ありですね!

一方、せいぽんの前に現れた経験者曰く、「入る隊の指導者によって内容、満足度は全然違う」とも。

そのあたりの見極めが大事ですね。

あとは子供が興味を持つかどうか。

ボーイスカウト経験ある有名人のみなさんは、どういうきっかけで始めたのかの情報があれば見てみたいですね。

ほんだらのー!

ボーイスカウト経験者からのコメント紹介

この記事を読んでくれたボーイスカウト経験者からのコメントを引用。イメージ持って頂けるのではないでしょうか。

ゴミ拾いなどしてボランティアの心構えと経験ができるのと、野外で一人で暮らせるようになるので、社会的なステータスがなくても生きていく自信が学べたと思います。

 

アウトドアを好きになる、というよりは、正しい自然との共生の仕方を習いました。自然を壊さないテントの張り方とか、マキの取り方とか。

f:id:Seipon2:20170129143249p:plain

【参考】ボーイスカウトの最近の状況について

東洋経済にボーイスカウトの記事(特集:21世紀の読み・書き・そろばん「食える子」を育てる)が出てました。

以下、引用しますのでご参考まで。

特徴的なのは、異なる年齢が交じる6〜7人の班で活動すること。年齢に応じた役割を与えられ、年上になるほど班をまとめる立場となる。

「班をまとめるにはリーダーシップが必要。小さな社会で鍛えられるので、大人になってすぐに会社を辞めるようなOBは少ないともいわれる。自然を相手にするので不条理なことにも多く遭遇し、忍耐力やたくましさも身に付く」と、ボーイスカウト日本連盟の石井琢磨氏は語る。

ただし昨今は逆風が吹く。加盟員の漸減が止まらないのだ。80年代前半にはボーイ、カブとも各10万人程度いたが、今では各2万人程度。県連名の加盟員が100人を切り、日本で初めて消滅の危機にある高知県のような地域もある。

ほかの習いごとのひろがりや単発での自然体験活動など、要因は複合的だが、「うちは子どもの親離れを促す団体。少子化で親離れが遅くなったのも背景にあるのでは」と石井氏は話している。