パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

三菱鉛筆は三菱グループじゃない?!意外な企業の所属グループ9選

スポンサーリンク

f:id:Seipon2:20160416224716p:plain

知人や同僚と会社の話をするとき、財閥とか企業グループを意識する場面があります。

例えば、「この会社は●●グループだからなぁ」、とか、「さすが●●系!」とかっていうやつですね。

「この会社って・・・え?ええー?!」 

で、時として、それが自分の想定と違う場面が起こります。

例えば、ぼくのケースで言えば、少し前に新日鉄と住友金属工業との統合に際して、「消える住友、惜しむ声」と題した記事を見た際にこう思いました。

「え?住友金属工業が住友グループの中で御三家の1つだったの!?」

「え、住友化学も住友グループの御三家なの?」

(関連業界のみなさま、無知ですいません)

で、気になっていろいろネットでうろうろ調べました。

少し前に週刊ダイヤモンドも三菱最強伝説という題名で特集組んでましたけど、ぼくの場合はwikiがメインの情報ソース。

そうすると、なんとまぁ、驚くほどたくさんの発見があったのでまとめました。

「あれ、この会社ってこの財閥と仲良かったの?」

「あれ、この企業ってこのグループにカウントされるの?」

ぼくにとっての備忘録、どなたかの参考になれば。

1:三井鉱山が三井財閥の御三家の時代があった?!

まずは御三家から取り上げましょう。

「人の三井」こと、三井様。

御三家は、時代の変遷によって変わっていて、現在は三井住友銀行、三井物産、三井不動産だそう。

うーん、クイズで問われたとして2つは当てられると思うけど、3つは難しいな。

だけど、もっと驚きなのは”かつての御三家”。

なんと、かつては三井銀行、三井物産、三井鉱山の3社だったんだそうです。

かつて旧三井銀行・三井物産・旧三井鉱山の三社が「三井グループ御三家」と呼ばれていた。戦後は三井本社を吸収合併した三井不動産が、旧三井鉱山に代わり御三家の一角を占めている。

三井グループ - Wikipedia

三井鉱山・・・、そう来たか!

2:NECが住友財閥だと!?

続いて住友様。

関西系や商人のイメージがありますね。

「結束の住友」らしいです。

冒頭の通り、住友グループの御三家は、三井住友銀行、住友金属工業、住友化学の3社。

本当かって感じがするけど、どうも住友も時代によって御三家が変わっているようで、

今は新御三家が存在しているとのこと。

驚くべきはその中身で、住友商事、住友電気工業、日本電気3社を「住友新御三家」と呼ぶのだそう。

住友グループの中核とされる、三井住友銀行、住友金属工業(現:新日鐵住金、現在はグループを離脱)、住友化学3社を「住友御三家」、住友商事、住友電気工業、日本電気(NEC)3社を「住友新御三家」と呼ぶ。

住友グループ - Wikipedia

・・・日本電気ってNECやん?!まじですか。

ちなみに三菱財閥の御三家は・・・

「三菱は国家なり」の三菱様も取り上げておきましょう。

御三家は、三菱東京UFJ銀行、三菱商事、三菱重工業。

うん、この何も変化球がない感じ、さすが三菱様だ。

3:キリンビールが三菱系という事実・・・

なんか自分が嘘ばかり書いてるような気がするんだけど、でもほんと。

書いてあるんですよ。

ウィキペディアに社名に「三菱」が付かない企業としてまとめられているんです。

で、そのなかにキリンホールディングスが入ってる。

聞いたことないけど、そうだったのか・・・

グループの主要企業ながら、社名に「三菱」が付かない企業(日本郵船、JXホールディングス、明治安田生命保険、東京海上日動火災保険、旭硝子、ニコン、キリンホールディングス(旧・麒麟麦酒)など)もある。これら三菱の名前の付かない企業はスリーダイヤマークを使わない。

三菱グループ - Wikipedia

4:サントリーは独立系だったと記憶しているんだけど・・・

さて、キリンホールディングスを取り上げたらサントリーを取り上げないわけにはいかないでしょう。

よく、どこの財閥にも属さない独立系なんて聞いた気がするんだけど、おやおやという記載が。

メインバンクは三和銀行→UFJ銀行→三菱東京UFJ銀行であり、三和グループ系の三水会及びみどり会にも加盟している一方、三井グループの広報を務める団体・三井広報委員会にも加盟していたため三井系の企業とみなされることもあるが、同じ関西系企業の住友グループとの繋がりも非常に強い。事実、多くの住友系企業のビル内部にはアサヒ飲料とサントリーの2社の自動販売機が設置されている。

サントリー - Wikipedia

5:そしてIHIは三井系・・・

まだまだ出てきます。

あの、旧社名、石川島播磨重工業株式会社で知られるIHIは三井寄りな記載が。

知らなかったぞ笑

元来独立系の企業だが、土光敏夫が三井グループの東京芝浦電気(現:東芝)の再建に関わって以来東芝と密接な関係にあるため、三井グループを構成する二木会(社長会)・三井業際研究所(二木会直轄のシンクタンク)・綱町三井倶楽部(三井系の会員制クラブ)及び月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)に加盟している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/IHI

ほえ〜。

6:TBSも、東レも三井系・・・? 

地味に大きな発見。TBSは三井と親しいんだそう。

2009年に三井グループの社長会である二木会や、三井業際研究所等に加盟したことからも分かる通り、三井色の強い企業ではあるが、設立時の経緯に鑑みるに三井直系企業ではないため、三菱グループや第一勧銀グループ(みずほグループ)とも親しい関係にある。

TBSテレビ - Wikipedia

さらには東レ。これも新発見。

三井グループの中核企業の一つとしてその名を知られており、コーポレート・スローガンは、「Innovation by Chemistry」(化学による革新と創造)。

東レ - Wikipedia

7:東芝も・・・?

ぼく自身、大ボラ吹きと思われるリスクを背負いながら、びびって引用元をぺたぺた

してますが、なんと

東芝は、三井グループの構成企業であり、二木会(三井グループ傘下各社の社長会)・月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)・三井業際研究所・綱町三井倶楽部に加盟している。

東芝 - Wikipedia 

衝撃はこれだけに止まらない。

8:トヨタも・・・?

もうワケが分かりませんが、「だそうです」としか言えない笑

とりあえず、三井グループのwikiにはトヨタが三井グループであるような記載があるのは事実として報告しておきましょう。

トヨタ自動車は、戦後すぐに経営危機に陥った時に、日本銀行名古屋支店長の斡旋で、帝国銀行と東海銀行の融資により、これらを取引銀行としてきた。

三井二木会・三井業際研究所・綱町三井倶楽部に加盟し、三井二木会にはオブザーバーとして参加している。また、豊田章一郞(名誉会長)の妻は三井家の出身であった。

トヨタ自動車 - Wikipedia

9:三菱鉛筆は三菱系ではなかった

そして、三菱グループの1社かと思っていた三菱鉛筆。

なんと、三菱グループとは一切関係がないそうです。

三菱鉛筆の方が先に商標登録しているらしく、三菱グループがその使用を排除できないためだって。

ぼくは、昔、“三菱鉛筆”ってのを見て、「凄いな、鉛筆ですら三菱なんだもんな、さすが三菱は国家なりだ」と思っていましたが、どうやら完全に勘違いのようです。

なんか、ほのぼのする話だぜ。

まとめ

想像以上に新しい発見が多すぎて、ブログ書きながら困惑しています。

日本の多くの会社がこういうふうにつながっているってのが、凄いよなぁ。

これが財閥、ケイレツの力なのか。

どなたかにとって役立てば嬉しいです。

 

ほんだらのー!