パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

ストレングスファインダーによる才能診断、自分の強みは規律性だった・・・!

スポンサーリンク

ストレングスファインダーって知ってますか?

ストレングスファインダーなにそれ

最近、社内外問わずこれを受けてる人が増えてきた気がするね。

ストレングスファインダー®とは、米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。

ストレングスファインダー®における「才能」は、次のように定義されます。 『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』 すなわち、自分の思考、感情、行動の「特徴」そのものが「才能=強みの元」だと言うのです。

ストレングスファインダー®では才能を34の資質(似たような才能の集まり)に分類しています。 そしてストレングスファインダーではその34資質のうち、最も特徴的(優先度の高い思考、感情、行動のパターン)な5つを診断結果として出します。

 代表的な診断事例でいえば、例えばこれら。

www.ikedahayato.com

そうなんです、どうやらあたるみたいなんですよ。

栄えある自分の強みは・・・”規律性”だった件

かくいう自分もストレングスファインダーを受けたクチ。

そして、その結果に驚愕。

「怖いほど当たってる」んですよ。

そんな自分の強みはというとこんな感じになっちょります。上からこんな感じ。

  • 規律性
  • 最上志向
  • 目標志向
  • 未来志向
  • 競争性

ええと、なになに。

・・・

規律性!?

なんですか、それは?!

周囲に”規律性がストレングスの人”って見たことも会ったことないんですが汗

どうやらこういうことらしい。

規律性

あなたの周りのことは全て予期できる必要があります。何事も秩序正しく計画される必要があります。

すなわち、あなたは本能的に自分の周りのことを秩序立てています

毎日の日課を決めます。あなたはものごとの進捗状況と締め切りに気持ちを集中します。長期的なプロジェクトは、連続性のある具体的な短期計画に分割し、一つひとつの計画をきちんと実行していきます。

あなたは必ずしも几帳面でもきれい好きでもありませんが、決めたことが完璧に完了されることを求めています

人生には必ず混乱がついて回りますが、それに直面した時、あなたはその状況をコントロールしていると感じたいのです。

日課、進捗状況、秩序立て、これらすべてが、この状況をコントロールしているという感覚を生み出しています。

この規律性という資質を持っていない人たちは、あなたの秩序立てたいという欲求にいらいらすることがあるかもしれません。

しかし、衝突を避けることはできます。あなたは、誰もがあなたのように何でも予測できることを望んでいるわけではないと理解しなければなりません――彼らは物事を達成する他の方法を持っているからです。

さらにあなたは、あなたが秩序立てを必要としていることを彼らに理解させ、更にはその価値を認めさせることさえできるのです。

予想外の出来事に対する嫌悪感、誤りに対する苛立たしさ、あなたの日課、細かいことを突き詰める傾向、これらはどれも、人の行動を制限しようとする命令的な振るまいだと誤解されてはなりません

むしろ、これらの行動は毎日の生活で起こる障害に直面した時、あなたの前進と生産性を維持するための本能的な生き方であると理解されるべきです。

こ、

これは・・・

まさに俺自身ではないか笑

そうなんですよ、僕は、ちゃんと全体を計画したいんですよ。

で、それが本当に上手く進んでいるかどうかを常に気にしている。

無意識に進捗管理しちゃうんです(仕事か!)

少なくとも自分の興味のある分野に対しては、ね。

で、自分の思い通りにいかないとイライラしちゃったり、不安になったり。

だから、イレギュラーやアドリブが求められる場面は基本ちょー嫌いです。

・・・なんですが、それらに対しても「自分でなんとかコントロールしよう」と類希なストレス体制を発揮して、なんとか乗り切れたり乗り切れなかったり。

・・・この強み、あかんやつちゃうんw

周囲が受ければ受けるほど、お互いの理解を深められる

さてさて、そんなストレングスファインダーですが、他人と強みの5段階が完全一致することはほとんどありません。

なので、これが会話のネタになるんですよ。これ、実際にあった話↓

へー、せいぽんさんの強みは規律性なんですね。確か、規律性を強みに持つ人は・・・初めて会ったかも。うちに合うんですかね、この強み笑」(何)

周囲に驚くほど浸透していて、それが悔しいくらい当たっていることを考えると、そのうち面接で聞かれる項目になったり、facebookでみんなが自分の才能として明記する時代が来るかもしれませんね。

興味のある人は是非1回受けてみては。

ほんだらのー!