パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【体験記】子どもと横浜のカップヌードルミュージアムに行ったら、親子でガチの日清食品ファンになって帰ってきたよ。

カップヌードルミュージアム。 そんなものがあること自体は知ってました。 世の中のお出かけ本にも名を連ねるくらいの有名な施設ですからね。 でもねぇ、正直な話、「子どもと一緒に行く場所じゃないでしょ」とか「別にカップヌードル子どもと見学したくない…

【体験記】JAXAの筑波宇宙センター、ついに見学デビュー!子どもとロケット飛ばしてきたぜ。

-周囲には宇宙フリークみたいな人間いますけど、宇宙には全く興味はない- -ブラックホールとか、原理もさっぱり分からないしどうでもよくね?- そんなぼくでも、漫画『宇宙兄弟』を読んでからは一度は行ってみたいと思ってたよ、JAXAくん! 明日何するの? …

皇居で子どもと親子サイクリングが出来る?!パレスサイクリングは景色も良くて想像以上に「最高だっ!」

誰もが知るあの皇居が、今や親子での自転車サイクリングのメッカに・・・! なぁんて聞いたらみなさんどうしますか?!

【体験記】ブラスト(blast)に子どもと行ってミュージック・オブ・ディズニーを堪能してきたぜ!

夏休みの最後にさ、ブラストってのに行こうと思ってんだけど、パパも行く? ぶ、ぶぶぶぶぶぶぶうぶっぶっぶ、ぶらすと? いつ、どこで聞いたか耳にしたのかはサッパリ覚えてないんだけど、ぶらすと! ・・・と考える前に答えてたよ。 もちろん行くに決まっ…

世界史x近現代の歴史小説家・本の人気・オススメを全力でピックアップしちゃうぞ

近代とか現代の、面白い歴史小説読みたいんだよなあ、特に世界史と関係するようなやつ なぁーんて思って検索しても、出てくるのは毎度お馴染みの検索結果ばかり。 んでもってちょっとお堅いやつねw 違うの。 ぼくが求めてるのはもっとエンタテインメントな感…

イマドキの子どもの工作ってセロテープ使い放題だよな?

ぼく)「昨日うちの子がさ、家で紙をチョキチョキしたりしてゴミ箱を作ったんだけどさ、幼稚園行くまでに風でクシャクシャになっちゃってさ〜」 同僚A)「へぇ〜、可愛い!せいぽんもパパなんだねw」 ぼく)「つーか最近の子って、工作するときはセロテープ…

なぜ、マグロの解体はショーになって、鶏や牛の解体はショーにならないのか

ちょっとグロテスクな想像を掻き立ててしまうかもしれない、職場の仲間と飲みに行ったときの話。 仲間A)「ほんとしょーもない話なんですけどね、なんでマグロの解体はショーになるのに、鶏とか牛の場合はなんでショーにならないんすかねーみたいなことを上…

【感想】『八月十五日に吹く風』太平洋戦争で日本は日付変更線の先で戦ってた?キスカ島撤退という奇跡の作戦に心が震えた

最近、歴史小説にハマりにハマっているブログ運営主のせいぽんです。 ほんと、つくづく歴史上の事実は小説よりも奇なり。 その事実を小説にしたものが奇であることがあろうか、いいや、ない(反語)←

オシャレな街はアクセサリー化した子どもたちが作る

先日、東京を代表する オシャレな街、代官山に行ってきました! 代官山に行ったのは、数年前に「マダムトキ」での知人の結婚式に出席した時以来かも。 そもそも休日の昼間に行ったのなんて、おそらく学生の時以来だと思うんですよね。

【体験記】ブログで読むチームラボ「未来の遊園地」。子どもと一緒に味わうクラブの雰囲気とデジタル空間。

夏休みシーズン真っ盛り。 こういう長期休暇の時期にはいろんな子ども向けイベントが開催されるわけですが、最近はチームラボという団体が「未来の遊園地」というテーマで頻繁にイベント出展しています。 ・・・みなさん、行ったことありますか? 今日は、か…

【感想】『流』直木賞小説で読む、台湾の近現代史。どこの若者も青春はハチャメチャだね。

最近、近現代の歴史小説にハマってまして。 歴史っていっても日本だけの話じゃなくて、他の国も登場する、世界史的なヤツね。 なんつったってアタリに出会う確率が高いんですよ! 【参考記事】 【感想】『黄砂の篭城』義和団事件が舞台のミステリー小説。立…

【感想】『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』を読んで気付く学校で美術や哲学を学ぶ理由とは

みなさんの周りにこんな人いません? やたら美術や哲学に詳しい人 やたら音楽や映画に詳しい人 なんていうんだろ、教養溢れる会話が出来る人っていうのかしら? そういう人と話すとき、ぼくはいつもだんまりを決め込むわけですよ。 だって、全く興味ないし、…

【感想】舞台は大津事件!『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』の2人の共演が面白い。

歴史小説が好きな人たちへ。 松岡圭祐という名の小説家にご注目ください! 義和団事件を舞台にした前著『黄砂の篭城』につづき、大津事件を舞台にした新著『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』がまたまた大ヒット。 面白くて一気読みしちゃったよ。

話が上手な人の秘訣は「思考の足跡」にある

大学生のころ、素朴に疑問だったんですよね。 「どうして、世の中の経営者とか有名なビジネスパーソンは、みんなあんなに話が上手なんだろう?」 今34歳の自分が振り返っても、それに対して明快に答えてくれる本や研修はないし、なかったと思うわけで。 「…

【体験記】玩具・おもちゃ業界は絶滅危惧種だけど、銀座・新橋の博品館には生態系がきれいに残っていたよ

妻の勧めもありまして、銀座にあるおもちゃ屋さん、博品館に行ってきました!

なぜ教会には幼稚園があるのか

そういえば、ずっと不思議だったんですよ。 なぜなぜどうして、教会には幼稚園があるのか。 かくいう我が家の子どもがお世話になっている幼稚園も教会にある幼稚園なんです。

小学校の運動会の場所取りに日陰は必須条件。テント持込も許容される時代って知ってた?

先日、初めて小学校の運動会に参加してきましたよ! しかしね、天気がよかった。 本当によかった。 むしろ日差しがハンパなくて暑くて死にそうに・・・。 太陽とともに移ろう日陰を探しながら、ぼくは妻に言ったんですよ。 ぼく)「日陰が欲しい…運動会にテ…

小学校の運動会に備えよ!レジャーシートを選ぶときのヒントとオススメ5選。

ついに・・・! ついに行ってきましたよ! 小学1年生になった子どもの運動会。 かの有名な都市伝説→「子どもの運動会って、全国津々浦々、家族の期待を背負ったお父さんたちが、早朝から押し合いへし合い騙し合い奪い合い殴り合いの駆け引きを繰り広げるサ…

エンジニア・SE・ハッカーを知りたい!おすすめの漫画(マンガ)や書籍、サイトをまとめたよ。

ここ最近、「エンジニア」という仕事や特徴についてもっと知りたいと思って、漫画や書籍やサイトを読み漁っています。 キャプテン翼を読めばサッカーについてだいたい分かるように、「これさえ読めばエンジニアがだいたい分かる!」ようなものを探してるんで…

本人は気付いていない「ゆっくりしたい休日」の正体

みなさん、休日はゆっくりできてますか? ちなみに、ぼくは毎週ゆっくりしたいなと思うタチ ぼくにとって「ゆっくりしたい休日」で連想する過ごし方って、朝寝してボケーっとしてたら誰とも会わずに1日が終わる大学生のアレなんですよ。 でもね、改めて考え…

知らぬ間に妻と子どもが謎解きにハマっていた件。アナザービジョン、ナゾトレ、Rの法則…って何なんだ?

先日、東大の春の学園祭イベントである五月祭が行わました。 これ、子どももいけるイベントで我が家御用達なのですが、 (#ご参考:【2017】レゴ部にブラバンに…東京大学の五月祭は子連れにオススメできる品の良さがある - パパジン - papazine -) そ…

キムチ、おまえもか!カール、醤油につらなる系譜。甲殻類エキス有のくせに単なる野菜を装う食材がまた1つ。

あーあ。 もうキムチチャーハン食べれないのかな・・・

TVプロデューサーよ、もっと本書けブログ書け!「さんまのスーパーからくりTV」プロデューサーの書いた世界史がワイドショー並みに面白い!

面白い本を発見しました! 一言で言えば、「もしもTVプロデューサーが世界史の本を書いたなら」 という本。 著者は、「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」などの番組のプロデューサーなんですけどね、面白いのはその発想の動機で…

【体験記】魚を囲い込み一網打尽にする遊び『すだて漁』に子どもも大人も夢中!千葉の木更津で体験できるよ。

GWにご近所さんたちと千葉県は木更津、つぼやのすだて遊びなるものを体験してきました! このすだて漁、昔ながらの漁法っていうから完全に油断してたけど、めちゃ面白いですやん。 大人も子どもももう夢中。 今日はそんなすだて漁体験記をお送りしましょう。

子どもの靴のサイズ、余裕ありすぎはNG。足の指先が地面に着かなくなっちゃうよ!

ご存知ですか? 靴のメーカーとして有名な「ミズノが教える!運動会必勝塾」なるイベント。 運動会必勝塾は、速く走るために必要な要素をトーレニングで身につける体験型イベント。速く走るために必要な3つの要素をご紹介します。 ミズノキッズ | ジュニア(7…

【感想】『黄砂の篭城』義和団事件が舞台のミステリー小説。立てこもる日本側のハラハラドキドキが全員必読!

松岡圭祐著の『黄砂の篭城』は久々のヒット作ですよ! こんな小説を待ち望んでいた。 近現代世界史の出来事を題材にした、ハラハラドキドキする内容をね!

【感想】『習い事狂騒曲』:今は習い事ビッグバンの時代。習いごと選びごときで消耗したくない!

新年度になりました。 きっと、みなさんの周りでも習いごとを取り巻く情報が忙しいことでしょう。 「実は新しくピアノ始めるの♪」とか「あそこの幼児教室に通うことにしたんだー」とか聞いたりしちゃってね。 もしも、そういう情報を耳にして「うちはどうし…

騙されたと思って試すべし!子どもはクロスワードパズルが大好きだと判明。

ある日、妻が言いました。 いつもさ、子どもがレゴ作るときに参考にする絵ばっかりの説明書あるじゃない?今まで、子どもたちは“レゴの地図”って言ってたのに、今日はちゃんと“取扱説明書”って言えてたんだよ! なるほど、説明書を「レゴの地図」っていう表…

「エンジニアを目指してちょうだい!」という下心で子どもをプログラミング教室に入れてはいけない

「子どもにやってほしい習いごとの人気ランキング」の常連になりつつあるものの1つにプログラミングがあります。 プログラミング教室に通わせている親御さんや通っているお子さま、みなさんの周りにも1人や2人はいることでしょう。 さて、プログラミング…

人生はマラソンではない。ペナントレースだ。

人生はマラソンではなくペナントレースだ 人生って、よくマラソンに例えられるじゃないですか。 80年なり100年なり続く長い道のりを42.195kmのマラソンに擬えてさ。 今まではなんとなく「そうだよなー」なんて思ってたけれど、考えてみれば全然違…