パパジン - papazine -

渾身のパパライフをつづるブログ。Let's enjoy happy "papa" life!!

【感想】『「自分」を仕事にする生き方』ビジネスパーソンとしてのはあちゅうが降臨。ブロガーへの金言ばかり!

はあちゅう・・・さん(←敬語!)っているじゃないですか。

自分もブログ界の端くれなので、プロプロガーと言われる人たちが発信している内容はそこそこ観たり聞いたりしてるつもりですが、はあちゅうさんは今まであまり知らなかったんですよね。

だから今回買ってみた。そして読了。

 

 

続きを読む

【映画】実は子どもも楽しめるオススメ作品をリストアップ(幼児〜未就学児:3歳・4歳・5歳・6歳向け)

いつからでしょう。我が家では、子どもが3歳を過ぎたあたりから、自分で「映画であれを観たいこれを観たい」なんて主張し始めるようになりました。

さすがに今は(長男7歳、次男5歳になって)、ドラえもんに妖怪ウォッチになんでもござれですが、最初の頃はなにが一緒に楽しめるかなぁなんて探してたもんです。

今回はそんな昔のぼくみたいな人に対して、小さい子ども(幼児・未就学児:3歳、4歳、5歳、6歳)向けに楽しめる、パパジンがお勧めする映画をご紹介しましょう!

 

f:id:Seipon2:20180115213546j:plain

続きを読む

【感想】『生きている理由』(松岡圭祐著):東洋のジャンヌ・ダルクこと川島芳子の存在が謎すぎて興味深い。

最近、松岡圭祐さん著の小説を読みまくっているわけですが、この本もよかった!

『生きている理由』(松岡圭祐著)

ジャーン!

 

 

続きを読む

【ブレイクの予感】なぜ、絵本(児童書)「おしりたんてい」に子どもが夢中になるのか、ぼくも読んで考えてみた

当ブログをご覧のパパママのみなさま。

突然ですが、子どもたちの間で流行っている「おしりたんてい」をご存知でしょうか?

え、聞いたことある・・・だけ?ぼくもそうでした笑

でもね、そろそろちゃんと向き合ったほうがいいですよ。だって、NHK Eテレで2018年5月からアニメ開始だっていうんですから。

この勢いでいけば、2018年末の紅白歌合戦におしりたんてい(着ぐるみ)が登場しててもおかしくないですよ!

おしりたんてい公式ホームページ

続きを読む

「そうだったのか…!」おもちゃ屋さんのトイザらスについて意外と知らない3つのこと。

おもちゃ屋さんのトイザらスって知ってますか?

きっと1度くらいは聞いたことあるはず!

トイザらス・ベビーザらス オンラインストア|おもちゃ・ベビー用品の通販

f:id:Seipon2:20180107111525p:plain

続きを読む

【感想】『アドルフに告ぐ』マンガを超えた芸術。手塚治虫を読んだことないなら一番にオススメします!

最近、たまたまヒトラー関連の小説を読んだので、タイトル見て大人買いしちゃった。

今回は小説ではなくマンガ、しかも作者はあの手塚治虫。

 

 

いやぁ、びっくらたまげた。

このマンガは、すごい。

もっと早めに読むべきだった・・・

続きを読む

【感想】『ヒトラーの試写室』で読む特撮の神様(円谷英二)とプロパガンダの天才(ナチスのゲッペルス)の数奇な運命

最近、ぼくがハマっている小説家、松岡圭祐さん。

ここ1年くらい、近現代史を題材に、「事実は小説よりも奇なり」を地で行く小説を2ヶ月に1冊ペースで連射してくれてまして、発売テンポが心地よすぎる。

今回も早速読みましたよ!

『ヒトラーの試写室』(松岡圭祐著)

続きを読む

【体験記】消防という子ども向けテッパンコンテンツの宝庫、東京国際消防防災展に行ってきた!

#2018年は5年に1度行われる東京国際消防防災展のタイミング。どなたかに役立つかもと思い、前回=2013年の同イベントの体験記を書いておきます。

5年に1度のビッグイベントと謳われていた東京国際消防防災展に行ってきました。

天候はあいにくの雨でしたが、”消防ならではコンテンツ”が面白かった!

できることなら出動の機会が減る世の中になって欲しい“消防”も、子どもや親子連れにとっては立派なコンテンツですね。

 

東京国際消防防災展なにそれ

ほんとはね、多分子ども向けイベントじゃないんだなぁこれが笑

東京モーターショーの消防版、といえば伝わりますか?

東京国際消防防災展 2018

 

f:id:Seipon2:20180106114429p:plain

2018年:東京国際消防防災展の概要

2018年版の開催概要はこちらです。

  • 会期:平成30年(2018年)5月31日(木)から6月3日(日)まで 4日間
  • 開場時間:10:00から17:00まで(最終日は16:30まで)
  • 会場:東京ビッグサイト 東6・7・8ホール、東棟屋外展示スペース

もうね、パパジンクラスになると余裕で分かるんだけどね、東京おもちゃショーの前の週ですよ!行きたい方はいますぐ予定表に登録!

 

 

2013年の振り返り

ではここからは、実際にどんな消防コンテンツがあったのか、2013年の様子を写真とともに振り返りましょう!

写真で観る様々な消防車

まずはいきなりですが、子供たちにとってヒーロー、消防車から。これ見るだけで子供は喜んでくれるんですから、ほんと働き者の車ですよ。

 

f:id:Seipon2:20180106115303j:plain

 

これは少し前の消防ポンプ車。昭和38年まではこんなだったらしいですよ。ま、子どもは残酷なもので、全く反応せず「ふーん」で終わりましたがw

 

f:id:Seipon2:20180106115319j:plain

 

こんなのもありました。写真がぶれているのが個人的に残念ですが、いつのだろう・・・ミラーの立ち方が凄い。ノスタルジック。

 

f:id:Seipon2:20180106115410j:plain

 

こんなのも。昔はこういうのが走っていたのか・・・

・・・火事消すの大変だっただろうに。。

 

f:id:Seipon2:20180106115533j:plain

 

さて、時代は変わって現代。お馴染みのはしご車ですが、これはもう子供の心を鷲掴みしてくれます。

だって、

 

f:id:Seipon2:20180106115551j:plain

 

伸びます。

 

f:id:Seipon2:20180106115608j:plain

 

伸びますよー。

 

f:id:Seipon2:20180106115626j:plain

 

伸び切りました・・・もうカメラに入りません。

これより高いところの消防の際はヘリコプターになるのかしら?

聞いときゃよかった・・・

 

f:id:Seipon2:20180106115642j:plain

 

海外の消防車もありましたよ!US ARMYの黄色い車や、

 

f:id:Seipon2:20180106120029j:plain

 

アメリカのFIRE RESCUEの車も。こんなんなんですねぇ、想像と違ったw

 

f:id:Seipon2:20180106120048j:plain

消火器を使ってみる

さあ、ここからが本番です。 

所変わって屋外。「これは何かなぁ?」と思って近づいてみると、

 

f:id:Seipon2:20180106115739j:plain

 

火事だーーーー

 

f:id:Seipon2:20180106115803j:plain

 

と叫んで、ピンを外してノズルを持って消火器をエイっ!と体験出来るコーナー。

 

f:id:Seipon2:20180106115821j:plain

 

これ、子供たちは素直に喜んでましたね。何気にぼく自身も消火器をエイっとやったのは初めて。想像以上に軽いんですね。

煙体験、服に燃え移った火の消し方、ホースでの消化活動…

煙体験ハウスもあります。

我が家は行きたくなかったので行きませんでしたけどw

 

f:id:Seipon2:20180106115839j:plain

 

子供が寝て転がるアトラクションもありました笑 文字面だけ見たら「?」ですが、こういうことです。

  • Q)服に火がついてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?
  • A)Stop(止まって) Drop(地面に寝て) Roll(左右に転がる)

だってほら、書いてあるもん笑

 

f:id:Seipon2:20180106115854j:plain

 

しかし、写真の通りアメリカでは教えるって話だけど、日本で育ってぼくは服に付いた火の消し方を知らなかったぞ・・・。

ホースでの消化体験もできました!

 

f:id:Seipon2:20180106115910j:plain

実際の建物を使用した消防・救助演習

最後がこちら。実際の建物を使用した消防・救助演習。

 

f:id:Seipon2:20180106120009j:plain

 

いやー、さすが、消防だ・・・(とこの時点で子どもは寝てましたw)

 

f:id:Seipon2:20180106120103j:plain

 

以上、写真での振り返りでした。

楽しんでいただけましたか?

まとめ:子育て家庭にとって、1度行けるかどうかのイベントですよ!

このイベント、冒頭のとおり5年に1回なんですよ。

・・・ということはつまり、行こうと思って行けるものではないってことです。

ましては、子どもの年齢、タイミングも考えると行けることはなかなかの奇跡。

消防車が好きな子どもがいる家庭は一度足を運んでみるべし。 

ほんだらのー!

「え、南アフリカ製?」「最近の商品なの?」ベビー椅子のバンボ(Bumbo)普及の裏側が面白い!

#このテーマはパパブロガーとして是非とも取り上げたいですね!

「バンボって南アフリカ製らしいよ」

年末に妻に言われたんですよ。

バンボって南アフリカ製らしいよ

へー(チーン)

・・・とそのときは「へー」で終わったのですが、調べてみると、、、

ははん、ソースはこの記事だな。

ベビー椅子「バンボ」実は南アフリカ製 輸入決断した社長の思い - withnews(ウィズニュース)

続きを読む

知る人ぞ知る、幼児・小学生(低学年)と遊べるボードゲーム・カードゲームたち。帰省時のお供にどうぞ!

帰省したときの実家って、ヒマじゃないですか?

お盆時期であれ年末年始であれ、案外することないんですよね。

でもそれは大人だけの話。

子どもはそんなこと知ったこっちゃなく、家中走り回りっててんやわんや。

そんな彼らを黙らせるべく妻は子どもたちとボードゲーム・カードゲームに興じていたので、ぼくも参戦してきたのですが・・・

思いのほか楽しかった!

というわけで、今日はボードゲーム・カードゲームの話です。

#参考までに、我が家の子どもたちは7歳と5歳、2人とも男の子です(2018年1月5日時点)。対象年齢の参考にしてくださいな。

続きを読む

サラリーマンが上司や同僚に「自分ブログ書いてます」と打ち明けるメリット・デメリットを考えてみた

サラリーマンブロガーの人に質問です。

会社の上司や同僚に、自分がブログ書いてることをオープンにしていますか?

 

f:id:Seipon2:20180105141848j:image

続きを読む